JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2014 11/18 > 最新ニュース一覧 > 香川、川島選手合流で23選手勢ぞろい ~豊田合宿2日目~

ニュース

香川、川島選手合流で23選手勢ぞろい ~豊田合宿2日目~

2014年11月12日

香川、川島選手合流で23選手勢ぞろい ~豊田合宿2日目~

キリンチャレンジカップ2014の連戦へ向けて愛知県内で調整中のSAMURAI BLUE (日本代表) は11月11日、MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)、GK川島永嗣選手(スタンダール・リエージュ)が合流して、23選手全員がそろいました。

約2500人のファンが見守る中、選手たちは約1時間半の練習で5対3や8対4のボール回しや、左右からのクロスボールに合わせるシュート練習を行いました。その後、実戦での布陣を想定したメンバーに分かれて、攻撃陣はミニゲームで汗を流し、守備陣はGKを加えて最終ラインでの動きの確認を入念に行いました。

香川、川島両選手は所属クラブの試合日程の都合で1日遅れのスタートでしたが、長旅の疲れも見せず、全ての練習をこなしました。

ハビエル・アギーレ監督は母国メキシコでの式典出席のために12日まで不在ですが、川島選手は「監督が不在でも、大切なのは一つのアイデアを受けて、それを良くするために選手たちが意見交換しながら共有すること。選手同士の意見交換は試合のなかでもこだわっていきたい」と話しました。
また、9月の合宿から選出されているMF柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)は、「今回が3回目で、以前よりはスムーズに入れた。慣れて、いい感じになってきた」と手ごたえを口にしています。

代表チームは14日に愛知・豊田スタジアムでホンジュラス、18日に大阪・ヤンマースタジアムでオーストラリアと対戦します。

コメント

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
(チームに合流して)新鮮ですし、刺激を受けています。監督はいませんが、この2試合はアジアカップが視野に入っている、大事な試合です。1日1日、練習でこの2戦の位置づけを意識して臨みたいです。FIFAワールドカップに出ている国に対して、自分たちがどこまで出来るか。お互いの良さも分かり合えていますし、中盤はうまくバランスが取れていると思います。インサイドハーフはトップ下とは違って、攻撃でどれだけ動きの幅を持てるかだと思うので、この2試合しっかり戦って手応えを感じたいと思います。

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
コンディションはいいです。選手同士の理解を深めることが大事なので、今日のようなユニットでの練習が一番確認しやすいですし、距離感はよかったと思います。ただ、新しく代表に来た選手もいるので、僕ももっと伝えないといけないと考えています。監督がJリーグを観て関心を持った選手を選んでいると思うので、フラットな中で自分も勝負しないといけないと感じています。

MF 乾貴士 選手(アイントラハト・フランクフルト)
(合宿が始まって)まだ紅白戦もやっていないのでこれからですが、楽しく取り組んでいます。ボールを持ってから結構自由に動けるようなので、1対1の場面を作れることが多くなると思います。そこで相手に負けなければチャンスが増えるので、積極的に仕掛けたいですし、どんどん自分をアピールしていきたいと思っています。決まり事が少ないということは選手の実力次第ということなので、任せられる分、しっかりやりたいです。

JFA-TV

  • 本田圭佑 選手インタビュー

  • 武藤嘉紀 選手インタビュー

  • 豊田陽平 選手インタビュー

キリンチャレンジカップ2014

11月14日(金) SAMURAI BLUE(日本代表) vs ホンジュラス代表
愛知/豊田スタジアム 19:35キックオフ(予定)/16:35開場(予定)
テレビ放送:テレビ朝日系列にて全国生中継
大会情報はこちら

11月18日(火) SAMURAI BLUE(日本代表) vs オーストラリア代表
大阪/ヤンマースタジアム長居 19:20キックオフ(予定)/16:20開場(予定)
テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー