JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 審判 > 最新ニュース一覧 > 担当審判員が試合会場でトレーニング ~キリンチャレンジカップ2018 日本代表対ベネズエラ代表~

ニュース

担当審判員が試合会場でトレーニング ~キリンチャレンジカップ2018 日本代表対ベネズエラ代表~

2018年11月16日

担当審判員が試合会場でトレーニング ~キリンチャレンジカップ2018 日本代表対ベネズエラ代表~

11月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場で行われるキリンチャレンジカップ2018 日本代表対ベネズエラ代表の担当審判員が15日(木)、試合会場で前日練習を行いました。

担当審判員

主審:IRMATOV Ravshan(ウズベキスタン)
副審1:RASULOV Abdukhamidullo(ウズベキスタン)
副審2:SAIDOV Jakhongir(ウズベキスタン)
第4の審判員:TANTASHEV Ilgiz(ウズベキスタン)

当審判員は、11月20日(火)に豊田スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2018 日本代表対キルギス代表も担当します。

審判団コメント

今回はキリンチャレンジカップ2018に参加させていただきましてありがとうございます。日本に最初に来たのは2005年です。以来、何度も日本に来ることがありましたが、日本のプロフェッショナルな運営、ホスピタリティには、いつも感謝しています。明日の試合は、この美しい大分のワールドカップスタジアムで、素晴らしいものとなるよう祈っています。スタジアムに来る皆様に楽しんでいただけると嬉しいです。

11月16日(金) 19:30キックオフ(予定)
大分/大分スポーツ公園総合競技場
SAMURAI BLUE(日本代表)vs ベネズエラ代表

大会情報はこちら

11月20日(火) 19:20キックオフ(予定)
愛知/豊田スタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs キルギス代表

大会情報はこちら

アーカイブ
審判
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー