JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表選手紹介vol.2 AFC U-19選手権インドネシア2018

ニュース

U-19日本代表選手紹介vol.2 AFC U-19選手権インドネシア2018

2018年10月13日

U-19日本代表選手紹介vol.2 AFC U-19選手権インドネシア2018

10月18日(木)から11月4日(日)にかけて「AFC U-19選手権インドネシア2018」が開催されます。

予選を勝ち抜いた16チームが4チームずつの4グループに分かれてグループステージを戦い、上位2チームがノックアウトステージに進みます。上位4位以内でFIFA U-20 ワールドカップ ポーランド 2019への出場権を獲得します。

AFC U-19選手権インドネシア2018に出場するU-19日本代表を全7回にわたり紹介していきます。今回は下記3人をご紹介します。

DF #4 橋岡大樹(浦和レッズ)

橋岡 大樹

浦和大久保サッカー少年団で本格的にサッカーを始め、中学年代から浦和レッズアカデミーへ加入。中学3年生からユースチームでプレーするなど、年齢制限に下限のないシステムを利用し、天井効果に陥らない形での経験を積んできた。今年は浦和レッズトップチームでシーズン途中からレギュラーポジションを奪って活躍を見せており、U-19日本代表合流直前に行われた明治安田生命J1リーグでは得意のヘディングシュートによる初ゴールも記録している。また、5月のトゥーロン国際大会では、2つ年長のU-21日本代表にも招集を受けた。浦和では右サイドでの出場が多いが、この代表ではセンターバックでの出場が濃厚。1対1でタフに戦うディフェンスには定評がある。

DF #5 菅原由勢(名古屋グランパスU-18)

菅原 由勢

確かなテクニックとサッカーIQ、運動能力を兼ね備えた選手で、中盤から最終ラインまでの各ポジションを自在にこなすオールラウンドプレーヤー。今季は2種登録選手として名古屋グランパスのトップチームでリーグ戦に13試合出場し、貴重な経験を積み上げた。名古屋のトップチームでは主にセンターバックとしての出場が多かったが、U-19日本代表では右サイドバックとしての起用が有力視されている。オーバーラップから攻撃を仕掛けていく能力に加えて、MFとしてもプレーできる視野の広さ、技術の高さを生かしてゲームメイクにも巧みに絡んでいく。愛知県豊川市の出身で、小学校時代はAS.ラランジャ豊川U-12でプレーしていた。

MF #6 齊藤未月(湘南ベルマーレ)

齊藤 未月

チームの最年長選手で、精神的支柱。豊富な運動量でピッチ狭しと駆け回り、体の小ささを感じさせないタフなコンタクトからボールを奪い取る。攻守の切り替えにおける素早い反応、その際の判断の的確さにも定評がある。中盤の中央でのプレーを得意としており、U-19日本代表ではセントラルMFでの起用が有力。ジュニアから湘南ベルマーレのアカデミー育ちで、高校2年生でトップチームデビューを果たすなど早くから将来を嘱望されていた選手でもある。湘南ベルマーレのジュニアチームは現在活動しておらず、齊藤の世代が最後の卒団生となっている。



AFC U-19選手権インドネシア2018

大会期間:2018/10/18(木)~2018/11/4(日)
グループステージ第1戦 vs朝鮮民主主義人民共和国
CSテレ朝チャンネル2で日本戦を生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー