JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament 初戦白星スタート

ニュース

U-16日本代表 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament 初戦白星スタート

2018年05月17日

U-16日本代表 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament 初戦白星スタート

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018
第1戦 vs U-17イラン代表

2018年5月16日(水) キックオフ時間 16:00(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
Jiangyin Sports Centre Stadium(中国)

U-16日本代表 1-0(前半0-0、後半1-0)U-17イラン代表

得点
72分 山根陸(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:佐々木雅士
DF:角昂志郎、半田陸、佐古真礼、揖斐俊斗
MF:山内翔、成岡輝瑠、青島健大、三戸舜介
FW:中野桂太、西川潤

サブメンバー
GK:野澤大志ブランドン
DF:鈴木海音、岩崎真波、長田悠里、中野伸哉
MF:横川旦陽、須藤直輝、山根陸
FW:佐伯清之助、唐山翔自、下川陽輝

交代
HT 青島健大 → 唐山翔自
54分 成岡輝瑠 → 山根陸
63分 山内翔 → 横川旦陽
63分 揖斐俊斗 → 中野伸哉
81分 三戸舜介 → 佐伯清之助
81分 角昂志郎 → 鈴木海音

マッチレポート

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018に出場するために5月13日(日)に現地入りしたU-16日本代表は初戦までに5回の練習を重ねチームを作り上げてきました。試合前日には試合会場で公式練習を実施し、16日(水)にU-17イラン代表との初戦を迎え1-0で勝利しました。

森山監督の「最初が肝心」という言葉とともにピッチに立った日本は、カウンター狙いのイランを相手にボールを保持してゲームを展開していきます。センターバックからボールを繋いでいく日本は前線に何度か良い形でボールを入れますが、最後の部分で崩し切ることができません。逆に日本のDFラインの裏にボールを蹴り込んでくるイランの攻撃に危ない場面も作られてしまいます。スコアレスのまま進む中、前半終了間際にはMF三戸舜介選手からのパスに抜け出したFW西川潤選手が左足でシュート。しかし、イランのGKのファインセーブに阻まれ、0対0で前半を終了します。

後半も同様の展開が続く中、72分に中央で仕掛けたFW西川潤選手が相手DFに倒されてフリーキックのチャンスを得ます。このフリーキックを途中出場のMF山根陸選手がゴール左隅に直接狙います。ボールはGKの手に触れますがそのままゴール、日本が良い時間帯に先制に成功します。その後も日本は追加点を取りに攻めますが得点には至りません。86分にはFW唐山翔自選手が受けたファウルからFW中野桂太選手が直接ゴールを狙いますが、これはポストに当り惜しくもゴールとはなりませんでした。その後は逆にイランに1対1のピンチを作られます。しかし、ここはGK佐々木雅士選手のファインセーブでリードを守り、そのまま1対0で勝利しました。

初戦を無失点で勝利することができたのは非常に価値がありますが、攻守に課題に残る試合となりました。18日(金)にはU-17キルギス代表との第2戦を迎えます。

選手コメント

DF #3 半田陸 選手(モンテディオ山形ユース)
今日の試合は全員で良い準備ができ、良い雰囲気で試合に入ることができました。立ち上がりから相手が引いてきたので、自分たちでボールを持てる試合でしたが、なかなかシュートまでいけませんでした。前半は自陣でのミスが多くカウンターを受けることもありましたが、GKとDFラインを中心に失点ゼロで終わらせられたのは良かったです。後半はフリーキックから直接点を取ることができましたが、少しバタバタしたまま試合が終わってしまったので、2試合目からは終わらせ方をもっと良くしていきたいと思います。

MF #10 山根陸 選手(横浜F・マリノスジュニアユース)
今日は大会の初戦でしたが、試合前から良い雰囲気で入ることができました。個人としては、今日のようなピッチコンディションにも慣れなければいけないですし、その中で良い判断を選択することも必要になってくると思います。またピッチ内でもコミュニケーションを多く取ることが出来たので、試合を重ねて更に連携を深めていき、残り2戦も勝って優勝し、チームとしても個人としても今後に繋げていきたいです。

MF #14 西川潤 選手(桐光学園高校)
第1戦を勝利で終えることができて非常に嬉しく思います。チームとして立ち上がりも良く、相手陣地でプレーすることが出来ていたのは良かったと思います。しかし、最後のパスだったりシュートを決めることができず、最後の質というところで課題が残りました。こういうちょっとした部分で決めきれるかどうかが、これから試合の勝敗を分けることになると思うので、もっと追求していきたいです。良い時間帯で得点を取り勝利することができましたが、この課題を忘れず第2戦に向けて良い準備をしたいです。

スケジュール

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018
5月16日(水) 1-0 第1戦 vs.U-17イラン代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)
5月17日(木) PM トレーニング
5月18日(金) 19:35 第2戦 vs.U-17キルギス代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)
5月19日(土) TBC トレーニング
5月20日(日) 19:35 第3戦 vs.U-17中国代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー