btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表チェコ遠征 第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 地元チェコ代表を破り、初優勝!

ニュース

U-17日本代表チェコ遠征 第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 地元チェコ代表を破り、初優勝!

2017年08月27日

U-17日本代表チェコ遠征 第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 地元チェコ代表を破り、初優勝!

第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント 1・2位決定戦 vs U-17チェコ代表
2017年8月26日(土) キックオフ時間17:00 試合時間90分(45分ハーフ)
LHOTA(チェコ)

U-17日本代表 4-2(前半2-2、後半2-0)U-17チェコ代表

得点
3分 失点(U-17チェコ代表)
6分 失点(U-17チェコ代表)
41分 菅原由勢(U-17日本代表)
43分 山田寛人(U-17日本代表)
59分 棚橋尭士(U-17日本代表)
89分 久保建英(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:鈴木彩艶
DF:半田陸、菅原由勢、平川怜、鈴木冬一
MF:棚橋尭士、奥野耕平、福岡慎平、椿直起
FW:山田寛人、斉藤光毅

サブメンバー
GK:谷晃生
DF:池髙暢希、馬場晴也
MF:上月壮一郎、喜田陽
FW:宮代大聖、久保建英、中村敬斗

交代
59分 半田陸 → 喜田陽
59分 斉藤光毅 → 中村敬斗
72分 棚橋尭士 → 久保建英
80分 奥野耕平 → 馬場晴也

マッチレポート

U-17日本代表は26日(土)、「第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント」の決勝戦で地元U-17チェコ代表と対戦し、4-2で勝利し、初優勝を果たしました。

チェコ代表は、各カテゴリーで何度も対戦し接戦を繰り広げ、今大会はグループリーグで10得点無失点の3連勝と勢いに乗る強豪チームです。

約500名の観客が集まる中、アウェーに関わらず多くの日本人サポーターもスタジアムに来場し、素晴らしい雰囲気の中、試合は開始しました。試合前日から降った大雨で、ピッチは非常に泥濘んでおり、日本は序盤から苦戦を強いられます。日本は消極的なプレーが目立ち、パスミスも多く、一方で相手はシンプルにロングボールや縦に早い仕掛けを繰り返し、チャンスを作り出します。3分、右サイドから攻め込まれ、ボールが中央に渡ると、強烈なミドルシュートを決められ、相手に先制点を与えます。さらに、6分には泥濘んだピッチで慌ててしまい、ペナルティエリア内で不用意なPKを与えてしまいます。冷静に決められ、日本は試合序盤で2点目を許します。その後も昨日のU-17アメリカ代表戦と同じように防戦一方の展開になります。

しかし、ピッチコンディションに関わらず攻守の切り替えと、粘り強いプレーを続けると、日本はチャンスを作り出していきます。24分には、左サイドからの折り返しをMF福岡慎平選手がロングシュートを狙いますが、シュートはクロスバーを直撃。その後も、FW山田寛人選手やFW斉藤光毅選手が前線でボールをキープし流れを掴んでいくと、相手も日本のパス回しに疲れが見え始め、完全に日本のリズムになります。

そして41分、GK鈴木彩艶選手が素早いフィードでMF椿直起選手にボールを渡すと、椿選手が鋭く仕掛けクロスボール、一度は相手にクリアされますが、前線に駆け上がったDF菅原由勢選手がミドルシュートを決めて1点を返します。さらに勢いに乗る日本は、43分、ゴール前中央でボールを受けた山田選手が素早くターンして前を向くと、相手DFを3人次々に交わして、強烈な右足シュート。貴重な同点ゴールを奪います。このゴールに、スタジアムは一番の盛り上がりを見せます。苦しい立ち上がりを乗り切り、何とか同点に追いつき2-2で前半は終了します。

後半、日本は昨日の試合同様、立ち上がりから積極的に攻め込み逆転ゴールを奪いにいきます。47分、左サイド椿選手からのクロスを山田選手がスルーし、斉藤選手が決定機を迎えますが、シュートは相手GKに防がれます。続く48分にも、山田選手が抜け出し、相手GKと1対1を迎えますが、これも相手GKのファインセーブに合います。決定機を決められないでいると、相手がフィジカルに強い攻撃陣を前線に並べ、チャンスを作り出していきます。それでも菅原選手やDF鈴木冬一選手が体を張って、相手の攻撃を防いでいきます。

そして、両チーム疲れが見え始めた59分、試合が動きます。山田選手、椿選手が仕掛け、ゴール前混戦から、棚橋選手がこぼれ球を冷静に決めて逆転ゴールを奪います。その後は、お互い優勝をかけて意地の戦いを見せます。76分、77分分と相手が右サイドから決定機を作りますが、鈴木彩艶選手や鈴木冬一選手が必死で守ります。日本は相手の猛攻撃に耐えながらも、交代枠を使いながら試合運びを展開し、追加点を狙いにいきます。

そして89分、平川選手がボールを持ち運び、パスを受けた椿選手が左サイドで仕掛けクロスを上げると、途中出場したFW久保建英選手が冷静に相手GKを交わし4点目を奪い試合を決定づけます。そのまま試合は4-2で終了し、日本は本大会4回目の出場で初優勝を果たしました。大会MVPには本大会3得点を上げた中村選手が選ばれています。

日本はチェコ遠征を4連勝という素晴らしい形で終えました。U-16インターナショナルドリームカップ、第21回国際ユースサッカー in 新潟大会、そして今大会と3大会連続で優勝し、チームの連携はより深まりました。多くの国際経験を通じ、選手は自信と逞しさを身につけつつあります。「00ジャパン」はこの2年半の経験を、全て10月に開幕するFIFA U-17ワールドカップインド2017に活かします。いよいよ1ヶ月後、FIFA U-17ワールドカップインド2017が開幕します。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
美しい自然と歴史を感じさせる街並みが素晴らしい雰囲気を醸し出すチェコ・プラハの町で行われた今大会を、「00ジャパン」は10月に行われるFIFAU-17ワールドカップの前哨戦と位置づけ挑みました。グループリーグ初戦U-17ロシア代表(1-0)、第2戦目U-17ハンガリー代表(5-2)、そして第3戦目はFIFAU-17ワールドカップでも優勝候補に名前が挙がっているU-17アメリカ代表(4-0)に勝利し、3連勝で決勝戦に駒を進めました。決勝戦は開催地チェコとの対戦。多くのチェコサポーターが声援を送る中、地元日本人学校の生徒・保護者・先生方も大勢応援に駆けつけてくれた中での試合となりました。前日の大雨で泥濘んだピッチは、試合前行われた3位決定戦によってさらに悪条件に拍車が掛かりました。このピッチでどういう戦いをするのかを掴みきれていない序盤、3分、6分に軽い守備から失点し、いきなり劣勢に立たされましたが、徐々に流れを引き寄せ、前半のうちに2点返し同点で折り返すことができました。後半10分に逆転ゴールを決めた後、チェコは190cmを軽く超える身長の高い選手を前線に並べパワープレーを仕掛けてきますが、その猛攻を耐えしのぐと、最後に優勝を決める4点目が決まり歓喜の瞬間を迎えることができました。

本大会で、FIFAU-17ワールドカップに向けた様々なシミュレーションを行うことができました。選手の組み合わせが変わる中での連携、強い相手に対する対抗策、フィジカルが強い選手を揃えた相手に対する戦い、大雨で泥濘んだピッチの中での闘い、2点ビハインドを跳ね返す精神力、これらを学びながらしっかりと優勝という結果を勝ち得たことは選手達にとって大きな自信に繋がるとと感じています。
いよいよ所属チームでの活動を経て、10月にインドで開催されるFIFAU-17ワールドカップを迎えます。今回の遠征で各自が感じた成果と課題を更なる成長に繋げて、良い表情でで日本を出発できるよう充実した1ヶ月を送って欲しいと思います。1か月後、さらに成長した選手たちとFIFA U-17ワールドカップインド2017でファイナリストになるという大きな目標を実現するための旅を再開できることを楽しみにしています。

GK #1 谷晃生 選手(ガンバ大阪ユース)
本日は試合に出場しませんでしたが、チーム全員で掴み取れた優勝だと思います。
本大会は、FIFA U-17ワールドカップに向けて最後の国際試合ができる大事な大会で、結果的に優勝という形で終われたことは、FIFA U-17ワールドカップへ良い雰囲気でに臨めると思います。特に昨日のU-17アメリカ代表との試合の勝利は、チームとして、個人として自信になりました。しかし、FIFA U-17ワールドカップでは、緊迫した中でもう一段階ギアを上げて来る強豪国に対して互角以上の戦いをするためにも、今回出たチーム、個人としての課題を改善していきたいです。この大会は優勝できましたが、決して過信することなく、あと1ヶ月FIFA U-17ワールドカップ本番に向けて全員で最高の準備していきたいです。

DF #7 菅原由勢 選手(名古屋グランパスU18)
チーム一丸となり勝利することができ、そして優勝を飾ることができて、とても自信がこの大会でつきました。軽率な前半の2失点から上手くチームを立て直すことができ、逆転で勝てたことはチームにとって非常に自信に繋がると思います。ただ2失点したことをしっかり皆で反省し、これからこのチームはさらに成長したいと思います。FIFA U-17ワールドカップに向けては、まず個人としては1つ1つのポジショニング、基本技術、フィジカルの部分をもっと積み重ねるのと、チームとしては試合状況に合わせたプレーや今大会の課題でもあった立ち上がりの戦い方、我慢する時間帯をどうチームとして乗り切っていくのか、決め切る力を必死でトレーニングしていきます。残り1ヶ月でFIFA U-17ワールドカップは来てしまいますが、一人一人がチームに帰ってもしっかり自分と向き合い、そして皆でワールドカップで躍動し、決勝という舞台に立って最高のプレーができるように頑張っていきたいと思います。

MF #10 福岡慎平 選手(京都サンガF.C. U-18)
本日のの試合はピッチ状態が泥濘んだ状況で、立ち上がりに連続失点してしまったのはチームの大きな課題だと思います。しかし、試合の中で修正して同点に追いつけたことは非常に良かったと思います。後半は皆が粘り強い守備することで、カウンターチャンスが生まれて、一点そして二点取って逆転できたのは今後の自信にもなりました。
本遠征では、強豪チームに対しても自分たちの特徴を、攻守に出せたことはFIFAU-17ワールドカップにも自信を持って望めると思いますが、まだまだ修正する部分はあると思うのでこの1ヶ月で改善していきたいです。いよいよFIFAU-17ワールドカップが始まる中で、残り1ヶ月間、一人一人がどれだけ高い意識も持って、所属チームでやれるかが大事だと思います。チーム一丸となって、FIFAU-17ワールドカップのファイナリストになります。

FW #20 久保建英 選手(FC東京U-18)
本日の試合は、後半途中からの出場で、時間は短かったですが、チームの勝利に貢献できて良かったと思います。FIFAU-17ワールドカップ前の最後の国際試合に勝ち、優勝という形で終われたことで、本番に弾みをつけられたと思いますし、4試合全て勝ちきることができたのもチームとしても、個人としても自信になりました。この遠征で、改めてU-17日本代表はどこと対戦しても、チャンスは何回も作れると思いました。しかし、そのチャンスを生かせるか否かで、勝敗が決まってしまうのがFIFAU-17ワールドカップだと思いますので、個人としてはチャンスをしっかり決めきり、チームの力になれればいいと思っています。チームとしては、連携も深まってきて、崩しの形もできているので、物怖じせず自分たちの力を出せれば負けないと信じて頑張りたいです。FIFAU-17ワールドカップ本番では、一つでも多く試合を経験し、チームの目標であるファイナリスト以上を目指します。優勝できるよう全力を尽くします。

FW #9 山田寛人 選手(セレッソ大阪U-18)
今日の試合は立ち上がりが悪く、簡単に2失点してしまいました。しかし、前半途中からピッチの状況に慣れ、自分たちのサッカーができるようになってからは多くのチャンスを作れました。その中で、普段自分が決めるゴールの形ではなく、新しいドリブルしながらゴールが決められたので自信になりました。後半も1点差の状況から厳しい時間が続きましたが、皆で体を張って守りきることができ、追加点も奪うことができたので良かったです。立ち上がりを十分気をつけながら失点を繰り返すのは決して良くないですが、劣勢の状況でも我慢して落ち着けば、得点を奪えるのはこのチームの強みだと思います。FIFAU-17ワールドカップに向けて、チームとしてはこれまで多くの遠征を重ねてきて、そこで学んだことを活かして、一人一人が必ずファイナリストになるという目標に向かって、全力を尽くせば結果は付いてくると思います。個人としてはこの年代でFIFA U-17ワールドカッに出場することは本当にチャンスだと思いますし、多くの人に見てもらって自分の可能性を広げられたらいいと思います。そのためにも、まず所属チームで結果を残し、メンバーに選ばれるように。そして選ばれたら、日本を代表して全力で闘っていきたいと思います。

スケジュール

第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント
8月22日(火) 1-0 グループステージ 第1戦 vs  U-17ロシア代表(KOBYLISY)
8月23日(水) 5-2 グループステージ 第2戦 vs  U-17ハンガリー代表(OSTRA)
8月24日(木) AM トレーニング
8月25日(金) 4-0 グループステージ 第3戦 vs  U-17アメリカ代表(LHOTA)
8月26日(土) 4-2 決勝戦 vs U-17チェコ代表(LOVOSICE)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

【第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント】
グループA:チェコ、アイスランド、スロバキア、ウクライナ
グループB:日本、ハンガリー、アメリカ、ロシア

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP