btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 前半リードするもポルトガルに敗れる~ 第23回U18リスボン国際トーナメント

ニュース

U-18日本代表 前半リードするもポルトガルに敗れる~ 第23回U18リスボン国際トーナメント

2017年06月18日

U-18日本代表 前半リードするもポルトガルに敗れる~ 第23回U18リスボン国際トーナメント

第23回U18リスボン国際トーナメント 第2戦 vs U-18ポルトガル代表
2017年6月16日(金) キックオフ 18:00(現地時間) 試合時間 90分(45分ハーフ)
Municipal Sports Park(ポルトガル/Mafra)

U-18日本代表 1-3(前半1-0、後半0-3)U-18ポルトガル代表

得点
37分 杉浦文哉(U-18日本代表)
58分 失点(U-18ポルトガル代表)
77分 失点(U-18ポルトガル代表)
90+2分 失点(U-18ポルトガル代表)

スターティングメンバー
GK:猿田遥己
DF:西洸瑠、早坂翼、松田陸、谷口栄斗
MF:川村拓夢、佐々木大樹、杉浦文哉、田中雄大、奥抜侃志
FW:平墳迅

サブメンバー
GK:若原智哉
DF:入間川景太、阿部海大、 伊藤研太
MF:郷家友太、高橋大悟
FW:中島元彦、中村駿太

交代
25分 奥抜侃志 → 中島元彦
61分 西洸瑠 → 入間川景太
61分 佐々木大樹 → 郷家友太
74分 田中雄大 → 中村駿太
84分 川村拓夢 → 伊藤研太
84分 中島元彦 → 高橋大悟

マッチレポート

第23回リスボン国際トーナメントに参加しているU-18日本代表は6月16日(金)、現地時間午後6時よりU-18ポルトガル代表と第2戦を戦いました。

ポルトガル代表は去年のヨーロッパ選手権の優勝チームで、今大会第1戦のノルウェーとの試合は3-0で勝利しています。

試合前、影山雅永監督は「こういった強い相手は、立ち上がりからひるまずにどんどんプレッシャーをかけていこう」と声をかけて選手をピッチへ送りました。

キックオフ直後、平墳迅選手の思い切りの良いシュートで前半が立ち上がります。5分には、再び平墳選手がゴールライン付近でねばってクロスを上げ、川村拓夢選手がゴールネットを揺らしますが、直前でゴールラインを割った判定となりノーゴール。12分にはゴール前のコンビネーションから川村選手がシュートを打ちますが、相手ゴールキーパーの好セーブにより得点を奪うことが出来ません。さらに16分、杉浦文哉選手が右サイドでボールを受け、ドリブルでカットインしてそのままシュートを打ちますが、これも相手ゴールキーパーにセーブされます。

その後、相手に押し込まれることが多く、耐える時間が続きますが、GK猿田遥己選手の好セーブもあり得点を許しません。25分には、奥抜侃志選手の怪我により、中島元彦選手がピッチに入ります。そして37分に待望の先制点が生まれます。佐々木大樹選手のミドルシュートを相手ゴールキーパーにセーブされますが、そのこぼれ球に素早く反応した杉浦選手がゴールに押し込み、1-0とします。その後も相手にチャンスを作られますが、失点を0に抑えて前半を終えます。

後半に入っても相手の高い技術やスピードにより押し込まれる場面が多くなります。9分にゴール前のフリーキックを与えてしまいますが、猿田選手の好セーブで失点を許しません。その後徐々に日本もチャンスを作れるようになり、12分にはペナルティエリア内でのコンビネーションから平墳選手がシュートを放ちますが、ゴールキーパーの正面となります。しかし13分に自陣ゴール前での混戦から相手にシュートを打たれ、1-1の同点とされてしまいます。その後、勢いが増したポルトガルは、日本のボールに対して激しいプレッシャーをかけてきます。

日本はそのプレッシャーをかいくぐりながらボールを保持しますが、なかなか相手のゴール前まで行くことが出来ません。そして77分、相手のクロスボールからゴール正面でヘディングシュートを打たれて、1-2と勝ち越しを許します。その後日本は、郷家友太選手のロングスローからチャンスを作りますが、相手の硬い守備を崩すことが出来ません。そして後半アディショナルタイムには、相手のロングボールが日本のディフェンスラインの裏に越えて、走り込んでいた相手フォワードに決められてしまい、1-3と突き放され、そのまま試合終了となりました。

試合詳細はこちら

今大会1勝1敗となった日本代表は、18日(日)現地時間11時よりU-18ノルウェー代表と最終戦を戦います。

選手コメント

MF #7 川村拓夢 選手(サンフレッチェ広島ユース)
今回久しぶりの代表に選ばれて嬉しく思います。初めての選手が多い中でよくコミュニケーションが取れて良い雰囲気の中でトレーニングできています。第1戦や今日の第2戦では、普段中々味わうことの出来ないスピードやパワーにとても刺激を受けています。18日の最終戦では、今までの課題を踏まえて勝利で大会を終えたい
と思います。

MF #19 杉浦文哉 選手(名古屋グランパスU-18)
今日のポルトガル戦は1勝同士の対戦という状況で勝たなければいけませんでしたが、立ち上がりから集中力を欠いたプレーや自分たちのミスからピンチを作られてしまいました。その中で1点を取れたことは良かったと思います。しかし、その後の相手のギアが変わった後半では自分たちからアクションを起こすことができず立て続けに失点しまい、多くの課題が見つかりました。次のノルウェー戦はこのメンバーでやる最後の試合なので、勝ち切ってこの活動を終えたいと思います。

FW #17 中島元彦 選手(セレッソ大阪U-18)
今日の試合を終えて、一番強いポルトガル相手に前半は自分たちのペースで主導権を握れて1-0で折り返すことができました。しかし後半、相手がベストメンバーになってからボールを支配され守備が続く中、我慢できずに2失点してしまいました。さらに同点に追いつこうと前に出たところで追加点を入れられ、結果的には1-3と負けてとても悔しい気持ちが残ってしまいました。最終戦のノルウェー戦では自分が試合を決められるように頑張りたいと思います。

スケジュール

第23回U18リスボン国際トーナメント
6月14日(水) 2-0 vs U-18アメリカ代表(Municipal Sports Park/Mafra)
6月15日(木) AM/PM トレーニング
6月16日(金) 1-3 vs U-18ポルトガル代表(Municipal Sports Park/Mafra)
6月17日(土) AM/PM トレーニング
6月18日(日) 11:00 vs U-18ノルウェー代表(National Stadium/Cruz Quebrada)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP