JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、バンコクでの練習開始~9月6日、タイ代表戦へ~

ニュース

SAMURAI BLUE、バンコクでの練習開始~9月6日、タイ代表戦へ~

2016年09月04日

SAMURAI BLUE、バンコクでの練習開始~9月6日、タイ代表戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)は9月3日(土)、2018年のFIFAワールドカップロシア大会へ向けたアジア最終予選(Road to Russia)第2戦のタイ代表戦を3日後に控えて、バンコク市内で練習を開始しました。

曇りがちな天候で気温も30℃を下回り、湿度はあるものの、風が吹けば過ごしやすい気候の中、前日の日本からの移動など選手のコンディションを考慮して、フィジカルに重きを置いた練習を行いました。

2日前のアラブ首長国連邦(UAE)戦の先発組は5対5のパス回しなどを実施。一方、控え組は途中からGK東口順昭選手(ガンバ大阪)、GK林彰洋選手(サガン鳥栖)も加わっての6対6の構成で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が見守る中、タッチ数に制限を設け、早い展開でのゴールを意識したプレーに取り組んでいました。

また、終盤にはそれまで別メニュー調整を続けていたMF柏木陽介選手(浦和レッズ)もフリーマンとして控え組の6対6に参加。久しぶりにボールを追いながら汗を流しました。

最後は全員で体幹トレーニングを行って、バンコクでの初練習を終えました。

なお、この日練習したスパチャラサライ国立競技場は、日本が2005年6月にジーコ監督の下、FIFAワールドカップ2006出場を決めた場所でもあります。朝鮮民主主義共和国主催の平城でのイラン戦で発生した観客暴動に対するFIFAの制裁を受けて、日本戦は無観客試合での実施でした。

11年の時を経たこの日、スタンドにはバンコク日本人学校の生徒とそのご家族などが集まり、チームは練習開始前に子どもたちと記念撮影などで交流する時間がありました。

小学4年生から中学までの約100人の子どもたちは、「負けるな!日本!!」、「全力勝利」など思い思いの応援メッセージの寄せ書きで縁取った手作り横断幕を掲げて、チームの到着を待機。選手たちがピッチに姿を見せると、「みんな、すごく楽しみにしていました」(バンコク日本人学校 室賀薫校長)という子どもたちに拍手で迎えられました。

キャプテンのMF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)がチームを代表して、女子小学生から贈られたフラワーバスケットなどを受け取り、最後にハリルホジッチ監督も加わってチームは子どもたちと在タイ日本大使館公認キャラクターのムエタイシと記念撮影。子どもたちの列に選手が入っていくと、子どもたちからは「お~!」という声が上がっていました。

明日4日(日)は非公開練習を実施、タイ戦へ向けた調整を行います。

選手コメント

GK #12 西川周作 選手(浦和レッズ)
ここに来て、みんな頭を切り替えていると思いますし、初戦を落としたことで、みんな危機感が強くなったと思います。そんなに簡単に勝てる時代ではないということを自分たちもしっかり受け入れながら、1試合1試合やりたい。タイもかなり力のあるチームで、前に早い選手がいるので、リスクマネジメントをしながらオーガナイズしていかないとなりません。明日からの全体練習で、タイ戦へ向けていいイメージを描くようにやっていきたいと思います。

MF #21 酒井高徳 選手(ハンブルガーSV)
UAE戦ではチャンスは作っても得点につながっていないので、チームを助けるという意味でも結果にこだわりたいですし、最後にしっかり仕留めることが大事になります。先日の試合でも先制して2点目を獲れるシチュエーションがすぐに来たのに取れなかったので、それは自分たちのリズムに持って行きにくくなった要因の一つだったと思います。これだけアジアのレベルが上がってきている中で、もう少し留めを刺すことをしっかりやらないと痛い目に遭うと思います。個人的にはどんな相手でもどんなシチュエーションでも結果にこだわってやりたいです。

MF #10 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
UAE戦では距離感に問題も感じていました。中に少し密集していて、ポジションが被るところがあって、そこでミスが出て相手にボールを獲られてカウンターというのがありました。幅を広げるところやリズムに変化を付ける時間帯も必要だったと思いますし、もうちょっとサイドに幅をもたせて、行くぞというタイミングでダイレクトプレーとかが必要だったと思います。そこは次の試合までに修正したいです。試合前から研究して練習していたプレッシングのかけ方が、試合になったら嵌らない時もある。その時試合の中でいかに修正するかだと思います。

MF #4 本田圭佑 選手(ACミラン)
タイ戦へ向けて、崩すイメージやボールを奪うイメージなど攻守において2、3個ずつぐらいすでにイメージはあります。全部勝ちに行くつもりでやるしかないので。とにかく、自信を持ってポジティブに試合に臨んで行きたいですし、プレッシャーは初めからありますし、今までこれ以上のプレッシャーも経験してきているし、正面からこのプレッシャーと向き合って行こうと思います。最終予選初戦に負けてワールドカップに出た例がないということを聞かされると燃えますし、それをどうこう言っても僕らは前に進まないとなりません。出ないといけないという使命はすごく感じます。

スケジュール

8月28日(日) 17:30 トレーニング ※一般公開(埼玉スタジアムサブグラウンド)
8月29日(月) 17:00 トレーニング ※一般公開(埼玉スタジアムサブグラウンド)
8月30日(火) PM トレーニング ※一般非公開
8月31日(水) 未定 トレーニング ※一般非公開
9月1日(木) 1-2 アジア最終予選(Road to Russia)
vs UAE代表(埼玉スタジアム2002)
9月2日(金) 10:00 トレーニング ※一般公開(浦和駒場スタジアム)
9月3日(土) PM トレーニング ※一般公開未定
9月4日(日) PM トレーニング ※一般非公開
9月5日(月) PM トレーニング ※一般非公開
9月6日(火) 19:15 アジア最終予選(Road to Russia)
vs タイ代表(Rajamangala Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年9月6日(火) 19:15(日本時間21:15)キックオフ(予定)
ラジャマンガラスタジアム(タイ/バンコク)
テレビ朝日系列 / NHK-BS1にて全国生中継
タイ代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー