JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > フットサル国際親善大会 日本が快勝でリスタート!

ニュース

フットサル国際親善大会 日本が快勝でリスタート!

2016年04月23日

フットサル国際親善大会 日本が快勝でリスタート!

フットサル日本代表は4月22日(金)、愛知県刈谷市で行われた国際親善大会でフットサルベトナム代表と対戦しました。日本は試合開始からベトナムに襲いかかり、鋭い出足で相手のボールを奪いにいき、簡単にプレーをさせません。球際で激しいプレーを見せ、切り替えも素早く行い、相手を圧倒していきます。

その日本の戦う姿勢は、すぐにゴールという結果につながりました。キックオフから32秒、仁部屋和弘選手(バサジィ大分)が右サイドに展開したボールを、中村友亮(名古屋オーシャンズ)が中央に折り返すと、この試合が国際Aマッチデビュー戦だった芝野創太(バサジィ大分)が合わせてゴールネットを揺らします。

日本は先制した後もプレー強度を落とすことなく戦います。2分にはCKから仁部屋選手がボレーシュート。一度は相手に跳ね返されましたが、こぼれ球を再び蹴り込んで追加点とします。4分にも小曽戸允哉選手(シュライカー大阪)が高い位置でボールを奪うと、西谷良介選手(フウガドールすみだ)を経由して、清水和也選手(フウガドールすみだ)がゴールに突き刺し、3-0と日本が一方的に攻め立てました。

ここでベトナムはタイムアウトを取り、流れを変えようとします。この後は10分ほどスコアが動きませんでしたが、14分に佐藤亮選手(シュライカー大阪)が4点目を挙げると、15分には代表デビューの安藤良平選手(名古屋オーシャンズ)が加点。さらにその1分後にはキャプテンの仁部屋選手がこの日、2点目となるゴールを決めて前半だけで6-0の大差をつけました。

後半も日本が終始、ベトナムを圧倒する展開となります。得点こそ小曽戸選手の1点にとどまりましたが、試合内容は20本対3本というシュート数が物語るように、日本の攻撃力が際立ちました。

2月のAFCフットサル選手権ウズベキスタン2016では、準々決勝でこの日の相手であるベトナムにPK戦の末に敗れ、大会3連覇を逃した日本。この日の一戦で、そのベトナムに快勝し、2020年のFIFAフットサルワールドカップに向けた第一歩を踏み出しました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

木暮賢一郎 監督
AFCフットサル選手権で初めてベスト4進出を逃し、フットサルワールドカップ出場権も得られなかったタイミングでの試合でした。とにかく日本代表の誇りを持って、熱い試合をした上で勝つという目標を持って大会に臨みました。選手たちは、開始のホイッスルが鳴ってからはもちろん、ウオーミングアップから相手を圧倒するような気持ちで挑むんだということを実行してくれました。うまく試合に入っていくことができたからこそ、こういう結果につながったのかと思います。

FP ♯7 中村友亮 選手(名古屋オーシャンズ)
開始から試合に出たのは初めてでしたが、監督から「スピードを生かし、ディフェンスの部分で頑張ってくれ」と言われていたので、試合が始まったら積極的に相手からボールを奪いにいこうと思っていました。突然、スピードを上げてこられたら、(相手も)引き気味になると思ったので、そういう部分で上回ることができたので良かったです。AFCフットサル選手権で敗れていたことが、この試合では活きたと思います。ここから、チーム力を積み上げていけたらと思います。

FP ♯13 芝野創太 選手(バサジィ大分)
先制点は思っていたよりもあっさり取ることができました。(起点となった)仁部屋さんはチームメイトですし、(アシストした中村)友亮くんとも大分で一緒にプレーしていたので、タイミングは分かっていました。良い連係から点を取れました。最後は自分が押し込みましたが、みんなで取ったゴールだと思います。次に戦うウズベキスタンは体の大きい選手が多くて、パワーがある印象です。しっかりとボールを収めることを、今日の試合以上に意識して、自分たちに流れを引き寄せたいです。

FP ♯10 仁部屋和弘 選手(バサジィ大分)
シンプルに縦に速く攻める形が有効でした。アジアでは「対アジア」のフットサルを実践することが重要だと、あらためて思いました。今日のプレーが世界の強豪相手にも通用するかというと別の話だと思いますが、相手を見て、自分たちの長所を出すことが不可欠だと感じました。次の試合も勝たなければいけません。今日以上のプレー、精神的な強さを見せるべく、いまから良い準備をしていきたいと思います。

FP ♯5 星龍太 選手(名古屋オーシャンズ)
7点を取ったことよりも、無失点に抑えたことのほうが大きかったと思います。疲れが見えたら短い時間でも交代することで、高い位置の選手たちは最後までハードワークすることができました。今後を見据えたときに、ここで負けてしまうと「やっぱり日本は弱いな」と思われるかもしれない。(今回は)FIFAフットサルワールドカップの出場権が懸かった試合ではないけれど、たとえ練習試合でも、負けた次の試合こそ勝たなければいけません。絶対に勝つとみんなで意思統一できたことが今回の勝利の要因で、今日だけではなく次の試合にも勝つことが大事です。

JFA-TV

スケジュール

フットサル国際親善大会
4月22日(金) 10:00
7-0
トレーニング(ウィングアリーナ刈谷)
vs フットサルベトナム代表(ウィングアリーナ刈谷)
4月23日(土) PM トレーニング(テバオーシャンアリーナ)
4月24日(日) 14:00 vs フットサルウズベキスタン代表(ウィングアリーナ刈谷)

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。

国際親善大会 @愛知/ウィングアリーナ刈谷

2016/4/23(土) 16:00キックオフ(予定)
フットサルベトナム代表 vs フットサルウズベキスタン代表

2016/4/24(日) 14:00キックオフ(予定)
フットサル日本代表 vs フットサルウズベキスタン代表

チケット好評発売中

九州・熊本震災復興支援 募金活動を実施

平成28年熊本地震で甚大な被害を受けている被災地・被災者支援のため、4月22日(金)から愛知県刈谷市で行われるフットサル国際親善大会で、募金活動を行います。募金金額は全額、熊本県義援金口座に寄付いたします。

フットサル日本代表チーム関係者も募金活動に参加する予定です。

4月24日(日)
場所:入場ゲート付近
時間:12:00~14:00、試合終了後

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー