JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 大学 2015年 > 最新ニュース一覧 > ユニバーシアード日本代表 マレーシアに快勝し、グループ首位で決勝ラウンドへ進出 第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)

ニュース

ユニバーシアード日本代表 マレーシアに快勝し、グループ首位で決勝ラウンドへ進出 第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)

2015年07月08日

ユニバーシアード日本代表 マレーシアに快勝し、グループ首位で決勝ラウンドへ進出 第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)

第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州) ファーストラウンド(グループC)
2015年7月7日(火) キックオフ 11:00 試合時間 90分(45分×2)
Jeongeup Public Stadium(韓国/光州)

ユニバーシアード日本代表 4-0(前半2-0、後半2-0)ユニバーシアードマレーシア代表

得点
25分 澤上竜二(日本)
45分 澤上竜二(日本)
65分 木本恭生(日本)
90+2分 長谷川竜也(日本)

スターティングメンバー
GK:福島春樹
DF:湯澤聖人、萩間大樹、田上大地、室屋成
MF:木本恭生、奥山政幸、澤上竜二、小林成豪、長谷川竜也
FW:岡佳樹

サブメンバー
GK:前川黛也
DF:新井一輝、高橋諒
MF:和泉竜司、松下佳貴、端山豪、八久保颯、重広卓也
FW:呉屋大翔

交代
HT 小林成豪 → 端山豪
68分 木本恭生 → 重広卓也
78分 澤上竜二 → 呉屋大翔

マッチレポート

ユニバーシアード日本代表のファーストラウンド第3戦の対戦相手はマレーシア。この試合に勝てば首位での突破が決まります。

試合は、立ち上がりから日本が圧倒的にボールを支配する展開となりました。日本は速いパス回しと両サイドバックからの積極的な攻撃で主導権を握り、相手の中盤にほとんどボールを触らせません。9分には、この試合初スタメンのFW岡佳樹選手がヘディングシュートを放って決定的なチャンスを作りますが、相手GKのスーパーセーブで得点にはなりません。日本が待望の先制点を挙げたのは25分。右サイドのFW澤上竜二選手が中に入って引いた位置で縦パスを受けると、左足を振りぬいて豪快なミドルシュートをゴールに突き刺します。澤上選手は、さらに前半終了間際の45分にも、左サイドバックの室屋成選手からのクロスに頭で合わせて2点目を挙げ、日本は2-0とリードを広げて前半を折り返します。

後半に入ると、2点差をつけられたマレーシアは前半に比べてプレスを厳しくし、当たりを強めてきました。そんな中、日本は立て続けにCKのチャンスを獲得。65分には、後半から出場したMF端山豪選手の左CKをDF田上大地選手が折り返し、最後はMF木本恭生選手が頭で押し込んで3点目を挙げます。その後も日本が優勢にゲームを進め、度々シュートを放ちますが決めきれずにアディショナルタイムに突入。このまま試合終了かと思われた90+2分、右サイドに開いていたMF長谷川竜也選手が、ゴール前にドリブルで切れ込みシュートを放ちます。これがゴール左隅に決まり、日本が試合を決定的なものとする4点目をマークします。この結果、日本は4-0という大差でファーストラウンド最終戦に勝利し、グループCを首位で突破しました。

次戦からは決勝ラウンド。準々決勝の相手は、グループBを2位で通過したフランスです。試合は7月9日16時半より、Mokpo International Football Center Second Stadiumで行われます。

監督・選手コメント

神川明彦 監督
このチームのベースはまずディフェンスなので、今日はその部分をきちんと構築したいと思っていました。初戦のイラン戦で1点を取られたことが非常にくやしかったので、なんとしても失点を減らしたいと思っていました。だから今日は4点取れたということより、失点しなかったことがよかったと思います。結果的には怪我人も警告も0でファーストラウンドを首位で突破でき、これ以上いい状態はないと思っています。試合内容についても逆転勝ちがあり、1点を守り切っての勝利もあり、流れからたくさんの点を取って勝った今日のような試合もあって、バラエティーに富んだものになりました。

決勝ラウンドはPK戦があります。これまでずっと練習してきて自信はありますし、たとえPK戦になったとしても「PK戦になってしまった」という考えではなく「狙っていた通りの展開。PK戦なら勝てる」くらいの気持ちで臨みたいと思います。

澤上竜二 選手(大阪体育大)
1点目のゴールは、ボールを蹴った瞬間に入ったと思いました。ゴール前にいる岡選手と目が合ったので、引いてボールを受けた瞬間に(パスを出すのではなく)シュートを狙おうと思っていました。2点目は、イラン戦でも室屋選手からいいクロスがきていたので、今回もいいクロスがくると思ってスペースに入っていたら、思ったとおりのボールがきたので、いい形で決められました。

木本恭生 選手(福岡大)
初めてスタメンで試合に出ることができてほっとしました。神川監督からは「まず守備」と言われていたので、個人としてもチームとしても守備から入ることを意識していました。緊張していたわりにはうまくいったと思いますが、守備面でもう少し相手の攻撃の芽を潰していきたいし、もっと攻撃にも絡んでいかないといけないと思いました。次戦の対戦相手のフランスは、前回大会で先輩たちが負けているので、その借りを返したいです。また自分たちも金メダルを目指すうえで乗り越えないといけない相手だと思うので必ず勝ちたいです。

岡佳樹 選手(桃山学院大)
初スタメンでしたが緊張しすぎないよう、日本代表だという強い気持ちをもって試合に臨みました。神川監督には、攻撃面での連動性を常日頃から言われていましたが、今日の試合でその部分がうまくいったと思います。相手の実力がよくわからないため、立ち上がりはやや慎重でした。チャンスがあれば裏に抜け出したいと思っていましたが、あまりうまく出せませんでした。でも、このような国際大会に参加できる機会はそうないので、自分の実力がどこまで通用するかこれからも試していきたいと思います。

スケジュール

第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)
7月2日(木) 2-1 vs. ユニバーシアードイラン代表(Jeongeup Public Stadium)
7月5日(日) 1-0 vs. ユニバーシアードブラジル代表(Yeonggwang Sportium Football Feild)
7月7日(火) 4-0 vs. ユニバーシアードマレーシア代表(Jeongeup Public Stadium)
7月9日(木)   準々決勝 vs. ユニバーシアードフランス代表 (Mokpo Football Center Secondary)
7月11日(土)   準決勝
7月13日(月)   決勝
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー