JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-23女子 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-23日本女子代表 ラ・マンガ国際大会活動レポート(2/28)

ニュース

U-23日本女子代表 ラ・マンガ国際大会活動レポート(2/28)

2015年03月01日

U-23日本女子代表 ラ・マンガ国際大会活動レポート(2/28)

ラ・マンガU-23女子国際大会
2015年2月28日(土)18:20 キックオフ 試合時間90分(45分ハーフ)
La Manga PitchA (スペイン/ラマンガ)

U-23日本女子代表 2-3(前半0-2、後半2-1) U-23スウェーデン女子代表

得点
14分 失点(U-23スウェーデン女子代表)
29分 失点(U-23スウェーデン女子代表)
70分 白木星(U-23日本女子代表)
77分 柴田華絵(U-23日本女子代表)
90+3分 失点(U-23スウェーデン女子代表)

スターティングメンバー
GK:武仲麗依
DF:齊藤夏美、田中真理子、三宅史織、中村ゆしか
MF:杉田亜未、高木ひかり、入江未希、柴田華絵、加藤千佳
FW:浜田遥

サブメンバー
GK:山下杏也加
DF:村松智子
MF:京川舞、井上綾香
FW:田中美南、増矢理花、白木星

交代
HT 高木ひかり → 田中美南
HT 田中真理子 → 京川舞
56分 入江未希 → 増矢理花
69分 浜田遥 → 白木星

マッチレポート

スペイン遠征5日目。スウェーデンとの第2戦を迎えました。
試合は日本ボールでキックオフ。立ち上がりは、相手のスピードを抑えることができずに押し込まれる場面が続きます。14分、DFラインの裏に抜けだした相手に先制点を奪われます。同点に追い付きたい日本ですが、29分、右サイドからの折り返しを決められ、日本は失点を重ねてしまいます。

後半からは、田中美南選手、京川舞選手を投入。前線を2トップにし、得点を奪いに行きます。60分、ゴール前で相手のパスミスを奪った杉田亜未選手がシュートを放つも、ゴール上に外れます。69分、白木星選手を投入すると、その1分後、相手DFへのプレッシャーからボールを奪った白木選手がそのままドリブルで持ち込み、ゴール左に流し込みます。ようやく1点を返した日本は、続く77分、ゴール前で増矢理花選手がヘディングで落としたボールを白木選手がヒールでパス、それを柴田華絵選手がゴール左上に決め、同点に追いつきます。しかし、アディショナルタイムに日本の左サイドを突破されシュートを打たれ再びリードを許してしまいます。試合は、このまま2-3で終了しました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
前半は、攻守共チームとしてのバランスが悪く、攻撃でボールを失うとそのまま速攻を受けてしまう形が多く見られました。後半は、選手の距離感がよくなり、ボールも早く、よく動いて日本らしい攻撃が多く見られました。同点に追いついたことは収穫だと思います。1戦目のアメリカ戦同様、相手のスピードや当たりの強さに対応しきれなかったのが敗因で、もっと球際の激しさや様々な局面でのテクニックが必要だと感じます。この敗戦で下を向くことなく、次戦のノルウェー戦に向けて全員でチームの質を上げていきたいです。

白木星 選手(常盤木学園高等学校)
途中交代で入りましたが、交代する際に「チームみんなが疲れていると思うから、前線から相手にプレスをかけるように」と、高倉監督に言われたので、そのことを意識してプレーしました。得点を決めたシーンでは、相手選手へのプレスからペナルティーエリア内でボールを奪うことができ、シュートを打ちました。一度は同点に追いついたものの、最後の最後で相手に得点を許してしまい、とても悔しいです。次のノルウェー戦は勝って有終の美を飾れるように、チーム一丸となって戦いたいと思います。

柴田華絵 選手(浦和レッズレディース)
試合の入りでバタバタしてしまい、前半の45分間はほとんど良い攻撃の形を作ることができませんでした。その中で2失点してしまい、苦しい展開でした。後半は上手くボールを支配することができ、点もとれましたが、最後に失点してしまうという自分たちの弱さが出てしまいました。残り1試合あるので、勝負にこだわって戦いたいと思います。得点シーンは、左サイドからのクロスボールに2、3人が絡んでのゴールシーンでした。ボールを受けた位置よりも、ゴールに近かったので、思い切り足を振りぬきました。

スケジュール

2月24日(火) AM/PM トレーニング 
2月25日(水) AM/PM トレーニング 
  ラ・マンガU-23女子国際大会
2月26日(木)  AM トレーニング 
0-1 vs アメリカ
2月27日(金)  AM/PM トレーニング 
2月28日(土)  AM トレーニング
2-3 vs スウェーデン
3月1日(日) AM/PM トレーニング
3月2日(月) AM トレーニング
 17:50 vs ノルウェー

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー