JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-23日本女子代表 ラ・マンガU-23女子国際大会活動レポート(2/25)

ニュース

U-23日本女子代表 ラ・マンガU-23女子国際大会活動レポート(2/25)

2015年02月26日

U-23日本女子代表 ラ・マンガU-23女子国際大会活動レポート(2/25)

スペイン遠征2日目。アメリカとの初戦を明日に控えた今日は、より実践的なトレーニングを中心に行いました。

アイスブレイクでトレーニングはスタート。パス&コントロールでボールを受ける、蹴るといった基本的な技術を確認した後、3対3にフリーマンを2人、5対5にフリーマンを1人置き、ポゼッションを意識した練習に時間を多く割きました。ボールを動かすこと、ボールを出す人、パスを受ける人だけではなく、その先を読んだ3人目の動きが大切になります。この間、GKはクロスボールへの対応を中心としたトレーニングを実施。午後は、明日の試合を想定し、CK、FKといったセットプレーの確認。そして、最後に紅白戦を行い、試合前日の練習を締めくくりました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
短い準備期間の中で、すべての選手が積極的に自分のプレーを表現し、チームを作ってきました。攻守ともに良いコンビネーションを出すにはもう少し時間が必要ですが、試合の中でうまくいかない色々なことを自分たちで解決し、改善してほしいと思います。U-23という年代別の代表ではありますが、なでしこJAPANの選手として責任と誇りを持って、強豪国アメリカに挑みたいです。

加藤千佳 選手(浦和レッズレディース)
トレーニングを重ねていくうちに、段々とチームメイトとのプレーが合ってきたと思います。初戦は明日なので、しっかりコンディションを整えていきたいと思います。勝利にこだわり、かつ内容も良い試合ができるように、しっかりと準備してチーム一丸となり、頑張りたいです。

田中真理子 選手(スフィーダ世田谷FC)
今日の午前中のトレーニングでは、ポゼッション、午後はゲーム形式を中心にセットプレーの確認などを行いました。明日は、初戦のアメリカ戦です。まだチームが始動してから日が浅いですが、その中でも活発にコミュニケーションを取り合い、内容のある試合にできたら良いと思います。チーム一丸となり、勝ちにいきたいです。

浜田遥 選手(ベガルタ仙台レディース)
午前のトレーニングでは、パス&コントロールのトレーニングを行いました。基本的な止める、蹴るに加えて予測することと、常に周りを見て準備することの大切さを改めて実感しました。明日の試合では、常に準備をして相手の嫌なところをついて、ゴールを奪えるように頑張ります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー