JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-21 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、UAEに引き分け準優勝 アラブ首長国連邦遠征(11/11~21)【ドバイカップU-23】

ニュース

U-21日本代表、UAEに引き分け準優勝 アラブ首長国連邦遠征(11/11~21)【ドバイカップU-23】

2018年11月21日

U-21日本代表、UAEに引き分け準優勝 アラブ首長国連邦遠征(11/11~21)【ドバイカップU-23】

U-21日本代表は20日(火)、ドバイカップU-23の第3戦でU-21アラブ首長国連邦代表とUAE FA Stadiumで対戦しました。試合は先に失点を許す難しい試合となりましたが、71分の上田綺世選手のゴールで同点に追いつきドロー決着。準優勝で大会を終えました。

日本は第3戦のアラブ首長国連邦(UAE)戦に向け、第2戦のクウェート戦から先発メンバー9名を入れ替えて臨みました。GKに小島亨介選手、ディフェンスラインに大南拓磨選手、立田悠悟選手、板倉滉選手、中盤の底に松本泰志選手、中山雄太選手、両サイドに長沼洋一選手、杉岡大暉選手、シャドーに三好康児選手、岩崎悠人選手を配置し、トップには小川航基選手が入りました。

序盤からゲームの主導権を握ったのはUAEでした。日本は前線からの連動したプレッシングがなかなか機能せずに後手を踏んでしまうと、徐々に相手に押し込まれて自陣に侵入されてしまいます。それでも守備陣が我慢強い戦いを続けて無失点で推移。32分のピンチは小島選手がビッグセーブで阻むなど、前半は苦しい展開の中でも何とかスコアレスで折り返しました。

しかし迎えた後半開始早々の47分でした。ペナルティーエリア内で相手のドリブル突破に対応した大南選手のプレーがファウルを取られ、PKを献上してしまいます。これをゴール右に決められてしまい、日本はビハインドを負う状況を強いられてしまいます。

勝利のために得点が欲しい日本は、前線に人数をかけて厚みのある攻撃を仕掛けていきます。後半のスタートからピッチに入った伊藤達哉選手と上田綺世選手が前線で起点になると、両サイドの攻撃参加が増加。そして、押し込み続けた日本にゴールが生まれたのは71分でした。伊藤達選手のパスに左サイドを抜け出した杉岡選手が中央へクロスを入れると、ニアよりのポジションに入った上田選手が「自分としては難易度の高いシュートだった」という左足のシュートを決めて試合を振り出しに戻しました。

ただ、日本の反撃もここまででした。終盤に何度も相手のゴールを襲いましたが、最後までゴールを割ることができず、1-1のまま試合終了のホイッスルを迎えました。優勝のために勝利が欲しい一戦でしたが、あと一歩届かずに悔しい引き分けとなりました。

横内昭展監督代行は、「いいところも悪いところもいろいろ出て、課題もたくさん見つかった。ただ、新しい選手やU-19の選手もいた中で、そういう選手たちがチームに入ってプレーできたという点では、すごく収穫のある大会だった」と総括。U-21日本代表は、年内最後の活動となったドバイカップU-23を4チーム中2位という成績で終えました。大会優勝はウズベキスタン。得点王、そして最優秀選手賞には上田綺世選手が選出されました。

監督・選手コメント

横内昭展 監督代行
勝利にこだわって臨んだ試合でしたので悔しいですし、1-1でドローという結果は本意ではありません。3戦目のこの重要な試合の前半で、僕らがやりたいことを相手にやらせてしまって受け身になったのは課題で、後半のように試合に入れれば我々の勝ちに持っていけたと思っています。今回の遠征では良いところも悪いところもいろいろ出ましたが、U-19日本代表の選手も招集したなかで活動できたことは、すごく収穫があったと思います。

GK #1 小島亨介 選手(早稲田大学)
大学のリーグ戦でも自分としてはある程度、優勝に貢献できたと思っていたので、その自信を今大会にぶつけていこうという思いで臨んでいました。守備の部分は良いパフォーマンスを出せたと感じています。ただ、攻撃面も求められているので、もっともっとクオリティーを上げていかないといけません。それがチームとしての力になると思うので、まずは個人のところにフォーカスして、自分を成長させていきたいです。

MF #5 杉岡大暉 選手(湘南ベルマーレ)
後半のように前半から行かないとダメでしたし、そこはもったいなかったと思います。クロスは1戦目から結構上げていたので、やっと合ったなという感じでした。強いボールではなく、しっかり流し込んでアシストができたのは良かったです。上下動の部分や守備の面に関してはある程度やれたと思いますし、手応えもありました。攻撃面でもクロスの回数はかなり多かったと思いますが、最後の質の部分は課題として残りました。

FW #11 上田綺世 選手(法政大学)
同点にできたのは良かったですが、僕はチームを勝たせるために入りました。それができなかったので、まだまだだと思います。今大会では、個人的には良い部分を出せたと思いますし、自分が一番大事にしているワンタッチゴールを3つ出せたことは良かったです。ただ、やっぱりフォワードが点を取る理由というのは、チームを勝たせるためのものだと思うので、今日のヘディングも決めないといけないですし、もう一点取れてこそようやく一人前かなと思っています。

スケジュール

ドバイカップU-23
11月14日(水) 2-2 第1戦 vs U-23ウズベキスタン代表(UAE FA Stadium)
11月15日(木) TBC トレーニング
11月16日(金) TBC トレーニング
11月17日(土) 5-0 第2戦 vs U-23クウェート代表(UAE FA Stadium)
11月18日(日) TBC トレーニング
11月19日(月) TBC トレーニング
11月20日(火) 1-1 第3戦 vs U-23 UAE代表(UAE FA Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー