JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-21 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、5-0でクウェートに勝利 アラブ首長国連邦遠征(11/11~21)【ドバイカップU-23】

ニュース

U-21日本代表、5-0でクウェートに勝利 アラブ首長国連邦遠征(11/11~21)【ドバイカップU-23】

2018年11月18日

U-21日本代表、5-0でクウェートに勝利 アラブ首長国連邦遠征(11/11~21)【ドバイカップU-23】

U-21日本代表は17日(土)、ドバイカップU-23の第2戦でU-21クウェート代表と対戦。前半に旗手怜央選手のゴールで先制すると、その後は上田綺世選手の3得点と途中出場の小川航基選手がゴールを決め、5-0で今大会初勝利を収めました。

第2戦のスターティングメンバーは初戦のウズベキスタン戦から10名を変更。GK山口瑠伊選手、ディフェンスラインに橋岡大樹選手、中山雄太選手、小林友希選手、両サイドは右に長沼洋一選手、左に菅大輝選手、中盤の底に神谷優太選手、伊藤洋輝選手、前目の位置に久保建英選手、旗手怜央選手、トップに上田綺世選手を配置しました。

前半は、立ち上がりからボールを保持した日本が、クウェートを相手に押し込む展開が続きます。27分には右サイドからチャンスメイク。久保選手とのワンツーから抜け出した長沼選手がラストパスを狙うと、これを旗手選手が押し込んで幸先良く先制に成功しました。この得点でさらに攻勢を強める日本は、41分に再び長沼選手がクロスを狙い、これを中央で上田選手が右足で合わせてリードを2点に広げました。

前半に2点のリードを奪った日本は、後半も相手の状況を見ながら多彩な攻撃を繰り出していきます。56分には相手にボールを奪われた瞬間に高い位置からプレッシャーをかけて相手のミスを誘発。クリアボールを拾った長沼選手が中央へクロスを入れ、これを上田選手が頭で合わせて3点目が決まります。さらに上田選手は、73分にも久保選手の鋭いパスに反応し、GKとの1対1を制して自身3得点目を記録。ハットトリックを達成しました。終盤は疲労などを考慮して多くの選手を入れ替える中で、81分に途中出場の伊藤達哉選手のCKを、こちらも途中出場の小川航基選手が決めて5点目を奪取。また守備面でもチーム全体で集中力の高いプレーを続けて無失点で抑えました。

初戦のウズベキスタン戦に引き分けたことで大会優勝のためには負けられない一戦でしたが、結果的には5-0で勝利。それでもこの勝利に満足することなく、「もう終わった試合のことは置いといて、勝ってこの大会を終えることがチームとして大事。次に向けて考えていきたい」(MF長沼選手)と、チームは優勝のかかった第3戦に向けて気持ちを切り替えています。第3戦は20日(火)、日本は中2日でアラブ首長国連邦と対戦します。

監督・選手コメント

横内昭展 監督代行
今日は決定機で確実に点が取れたと思います。もちろん、それ以外にも点を取れるチャンスがありましたが、攻撃では回数と決定力がありました。守備においても、前回の前半の反省ではありませんが、ズルズルと下がるのではなく前から行くことを皆がしっかりコミュニケーションをとってやってくれました。でも、まだ何も手にしていません。最後の3戦目に勝って、初めて次のゲームに行ける(グループステージだとしたらノックアウトステージに進める)というシミュレーションです。選手たちには、次に向けてしっかりと良い準備をしようと伝えました。

MF #6 長沼洋一 選手(FC岐阜)
まずはどんな相手でも勝ち切ることが大事です。横内さんも、2戦目が大事になってくると話していたので、結果が出たことは良かったと思います。クロスの部分はまだまだ自分の中での課題で、岐阜でも練習が終わった後に居残りで練習をしていたので、それがちょっとですが成果として出て良かったです。ただもう終わったことは置いておいて、次の試合に向けて考えていきたいと思います。

MF #21 久保建英 選手(横浜F・マリノス)
試合の入りも良くて、終始自分たちのペースで試合を進められました。上田選手からは、試合前から動き出しのところを見ていてくれと言われていて、アシストのシーンはその動きが見えていたので、速いパスを通せて良かったです。良いパスを出せたと思いますが、前半に2、3回シュートシーンがあって全部相手に当ててしまったのはもったいなかったのが正直な感想です。次も試合があるので、次はしっかりとゴールを取れるようにしていきたいです。

FW #11 上田綺世 選手(法政大)
自分の特長であるヘディング、動き出し、クロスの入り方という部分を見せられたと思いますし、それが結果につながって良かったです。初戦を引き分けた分、次の試合でこういう風に力を出せたことは良いことだと思います。ただ、まだ3試合目があります。自分に与えられる時間、チャンスが何分あるか分かりませんが、その時間の中で自分ができる最大限を出して、それが結果につながったらなお良いと思います。

スケジュール

ドバイカップU-23
11月14日(水) 2-2 第1戦 vs U-23ウズベキスタン代表(UAE FA Stadium)
11月15日(木) TBC トレーニング
11月16日(金) TBC トレーニング
11月17日(土) 5-0 第2戦 vs U-23クウェート代表(UAE FA Stadium)
11月18日(日) TBC トレーニング
11月19日(月) TBC トレーニング
11月20日(火) 18:30 第3戦 vs U-23 UAE代表(UAE FA Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー