JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-21 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、最後まで踏ん張ってベスト4進出~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

U-21日本代表、最後まで踏ん張ってベスト4進出~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月28日

U-21日本代表、最後まで踏ん張ってベスト4進出~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

U-21日本代表は8月27日(月)、第18回アジア競技大会の準々決勝を戦い、岩崎悠人選手の2得点によりサウジアラビアに2-1で勝利してベスト4進出を決めました。

準決勝は29日(水)に行われ、日本はアラブ首長国連邦(UAE)と対戦します。

ラウンド16のマレーシア戦から選手を1名変更し、日本はGK小島亨介選手、ディフェンスラインに大南拓磨選手、立田悠悟選手、板倉滉選手、右ウィングバックに長沼洋一選手、左に杉岡大暉選手、中盤は渡辺皓太選手、松本泰志選手、前線はワントップの前田大然選手、シャドーの旗手怜央選手、岩崎悠人選手で試合をスタートさせます。

「強くて速くて上手い」相手に対し、試合の入りが重要になると意識していた日本は立ち上がり、集中した動きで前からボールを追っていきます。5分、ルーズボールを拾った岩崎選手がペナルティーエリアに入ってシュート、これは相手GKが右手で弾きます。6分、CKで立田選手が競ったこぼれ球を前田選手が狙いますがこれもGKがセーブ。サウジアラビアもボールをつなぎながら攻めどころを探しますが、日本は互いに声を掛け合い、連動した守備で対応します。均衡が破れたのは31分、松本選手が奪取したボールを岩崎選手がドリブルで持ち上がり、左の杉岡選手へ。杉岡選手が素早くペナルティアーク付近の前田選手へ低いクロスを入れると、これを溜めて落とし、走り込んだ岩崎選手が右足で流し込んで先制に成功します。しかし39分、FKの流れからサウジアラビアが日本の左サイドをドリブルで切り込むとマイナスのクロスを入れシュート。GK小島選手が足でセーブするも味方選手に当たり、跳ね返りがゴールマウスに吸い込まれます。前半は1-1で折り返します。

後半も高い集中力で入った日本ですが、サウジアラビアも隙あらば前を向き、推進力を持って仕掛けてきます。50分、CAMARA選手(FW #9)が落としてGHAREEB選手(MF #7)が放ったシュートはわずかにゴール左へそれ、54分のCAMARA選手の抜け出しも立田選手がスライディングでクリアします。日本は57分に長沼選手に代えて遠藤渓太選手、60分に旗手選手に代えて三好康児選手を投入。「勢いをもたらすことを意識した」(三好選手)という言葉通りに攻撃を活性化させると73分、「出番が来たな、と。ベンチメンバーの悔しい思いも背負って戦おうと」(遠藤選手)と入った右の遠藤選手からロングボールが左サイドにいたの前田選手へ。ペナルティーエリアに切り込み前田選手が折り返すと、ゴール前の岩崎選手が冷静に合わせ2-1とし、勝ち越します。追いつきたいサウジアラビアに対し、その後もディフェンスラインを中心に1対1で粘り強い守備を見せ、シュートは打たせず、また打たれたシュートはブロックして踏ん張ります。84分にもディフェンスラインから抜け出したCAMARA選手がゴールを狙いますが、小島選手がキャッチ。前線を含め、最後までボールを追い続けた日本はこのまま2-1で勝利し、2大会ぶりの準決勝進出を手にしました。

アジア競技大会はこの日、準々決勝4試合が行われベスト4進出のチームが出揃いました。この結果、準決勝はベトナム対韓国、日本対アラブ首長国連邦のカードとなりました。日本の試合は29日(水)現地時間19:30(日本時間21:30)よりPakansari Stadiumで行われます。

監督・選手コメント

森保一 監督
サウジアラビアの攻撃力や自分たちのウィークポイントをどう消すか、またシステム上のミスマッチを含め、選手たちはコミュニケーションを取りながら賢く対応してくれたと思います。ラウンド16はPKでの得点でしたが、今日は流れのなかから得点することもでき、また失点を許しながらも重ねさせず、タフに戦ってくれました。相手にとって難しい状況を作り、スムーズな試合展開にするために、試合のなかのテンポやチームとして、個人としての判断力を今後さらに上げていきたいと思います。

DF #19 大南拓磨 選手(ジュビロ磐田)
どちらがファーストコンタクトをとるかを含めて、ディフェンスの3人でしっかり話をしてCAMARA選手に勝てたと思います。ベトナム戦の反省を経て、チームとしてはアグレッシブに行けるようになっていると思います。個人的には今日の試合は自信になりますが、結果として勝って優勝するのが目標ですので、しっかり戦っていきたいです。

DF #20 立田悠悟 選手(清水エスパルス)
誰がディフェンスラインに入っても変わらないようにできていますし、主導権を握ってやっていこうと話をして臨みました。ベンチを含めて集中力が切れている選手はなく、気を抜いたプレーは少なかったと思います。ミスがあっても声を出し合って修正できていました。試合数も多くなってきて、タフさも出てきている。技術うんぬんよりも気持ちの面を出していければと思います。次もしっかりと準備したいです。

MF #13 岩崎悠人 選手(京都サンガF.C.)
チーム全体の頑張りが得点につながりました。(1点目は)松本選手が球際で勝ってくれたからこそカウンターにつながりましたし、(2点目も)前田選手が1対1で勝ってくれて、合わせるだけでした。マレーシア戦では前の3人が得点できなかったので、得点の意識を高く持っていました。ただ得点することはできましたが、最後のところでミスが出ているので、しっかり修正していきたいです。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月14日(火) 1-0 第1戦 vs ネパール(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月15日(水) - トレーニング
8月16日(木) 4-0 第2戦 vs パキスタン(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月17日(金) - トレーニング
8月18日(土) - トレーニング
8月19日(日) 0-1 第3戦 vs ベトナム(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月20日(月) - トレーニング
8月21日(火) - トレーニング
8月22日(水) - トレーニング
8月23日(木) - トレーニング
8月24日(金) 1-0 ラウンド16 vs マレーシア (Bekasi/Patriot Stadium) 
8月25日(土) - トレーニング
8月26日(日) - トレーニング
8月27日(月) 2-1 準々決勝 vs サウジアラビア(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月28日(火) - トレーニング
8月29日(水) 19:30
(21:30)
準決勝 vs アラブ首長国連邦(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月30日(木) - トレーニング
8月31日(金) - トレーニング
9月1日(土) 15:00
18:30
3位決定戦(Cibinong/Pakansari Stadium)
決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【男子】準決勝
8月29日(水) 21:30[日本時間] vs アラブ首長国連邦代表
NHK BS1で生中継

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー