JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表候補 男子高校生とトレーニングマッチを行う

ニュース

U-19日本女子代表候補 男子高校生とトレーニングマッチを行う

2019年02月08日

U-19日本女子代表候補 男子高校生とトレーニングマッチを行う

トレーニングマッチ vs 藤枝明誠高校
2019年2月7日(木) キックオフ時間15:30 試合時間20分×4本
御前崎 NEXTA FIELD(静岡県)

U-19日本女子代表候補 1-5(1本目0-0、2本目0-2、3本目0-2、4本目1-1)藤枝明誠高校

得点
30分 失点(藤枝明誠高校)
34分 失点(藤枝明誠高校)
43分 失点(藤枝明誠高校)
56分 失点(藤枝明誠高校)
65分 失点(藤枝明誠高校)
77分 船木和夏(U-19日本女子代表候補)

1本目スターティングメンバー
GK:田中桃子
DF:白井ひめ乃、高橋はな、船木和夏、松田紫野
MF:小嶋星良、菅野奏音、柴山史菜、遠藤純
FW:今田紗良、中村恵実

2本目スターティングメンバー
GK:木稲瑠那
DF:伊藤彩羅、田畑晴菜、高橋はな、白井ひめ乃
MF:小嶋星良、木下桃香、菅野奏音、森田美紗希
FW::中村恵実、廣澤真穂

3本目スターティングメンバー
GK:近澤澪菜
DF:松田紫野、船木和夏、田畑晴菜、長江伊吹
MF:伊藤彩羅、木下桃香、柴山史菜、加藤もも
FW:今田紗良、大澤春花

4本目スターティングメンバー
GK:大場朱羽
DF:船木和夏、高橋はな、長江伊吹、松田紫野
MF:小嶋星良、菅野奏音、渡邊真衣、瀧澤千聖
FW:廣澤真穂、大澤春花

マッチレポート

U-19日本女子代表候補は2月7日(木)、トレーニングキャンプ3日目を迎え、藤枝明誠高校(男子)と20分×4本のトレーニングマッチを行いました。

静岡県内有数の強豪校相手に、立ち上がりが攻められる場面が多いものの、全員守備で相手に決定的なチャンスを与えません。5分、FW今田紗良選手が前線からのプレッシャーで相手からボールを奪いシュートを放ちましたが、惜しくもゴール右上に外れます。

1本目を0-0で終え迎えた2本目、先制点を得たい日本でしたが、30分、34分と立て続けに失点してしまいます。

3本目、43分に再び失点し0-3とすると、45分に相手にPKを与えてしまいます。GK近澤澪菜選手がこれを止め、チームに勢いをつけます。

3本目の終了間際に失点し0-4で迎えた4本目。65分に失点し0-5とするも、68分に右で得たCKからMF船木和夏選手がヘディングシュートで決め、1-5とします。さらに追加点を奪いたい日本でしたが、このまま1-5で試合を終えました。

夕食後のミーティングでは、ポジション別に分かれ、この日の試合で自分たちができたこと、できなかったことをグループごとに洗い出し、ディスカッションをしました。

選手コメント

DF 船木和夏 選手(日テレ・メニーナ)
1本目は、相手のスピードについていくことができず、攻撃面でもなかなか前に進めずに失うことが多くありました。しかし、1本目が終わった後に1人1人の立ち位置を意識してスムーズにボールが回るようになりました。しっかりと選手同士でコミュニケーションをとり、チームでボールを奪うことが出来るようになったと思います。今回のトレーニングマッチで、1本目から4本目にかけて、個人としてもチームとしても大きく成長できたと思います。明日から今回の試合の課題を改善できるように取り組んでいきたいです。

MF 柴山史奈 選手(浦和レッズレディース)
3日目の午後は男子高校生とトレーニングマッチを行いました。男子高校生はスピードが速いため、一瞬の遅れや判断ミスでボールを奪われてしまう場面が多かったです。しかし、海外の選手たちと戦うためには、判断やプレーの速さ、質をもっと高めていく必要があると感じました。AFC U-19女子選手権まで約半年です。その期間に、自分の課題としっかりと向き合い、技術面やフィジカル面を強化し、世界で戦う準備をしていきたいです。

スケジュール

2月5日(火) PM トレーニング
2月6日(水) AM/PM トレーニング
2月7日(木) AM トレーニング
1-5 トレーニングマッチ vs 藤枝明誠高校
2月8日(金) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー