JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16女子 2017年 > AFC U-16女子選手権タイ2017 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 グループリーグ第3戦 2-1で勝利 準決勝は韓国と対戦 ~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

ニュース

U-16日本女子代表 グループリーグ第3戦 2-1で勝利 準決勝は韓国と対戦 ~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

2017年09月18日

U-16日本女子代表 グループリーグ第3戦 2-1で勝利 準決勝は韓国と対戦 ~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

AFC U-16女子選手権タイ2017 第3戦 vs U-16朝鮮民主主義人民共和国女子代表
2017年9月17日(日) キックオフ時間18:00(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
Chonburi Stadium(タイ/チョンブリ)

U-16朝鮮民主主義人民共和国女子代表 1-2(前半1-0、後半0-2)U-16日本女子代表

得点
18分 失点(U-16朝鮮民主主義人民共和国女子代表)
76分 木下桃香(U-16日本女子代表)
86分 山本柚月(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:大場朱羽
DF:富岡千宙、渋谷巴菜、後藤若葉、善積わらい
MF:伊藤彩羅、木下桃香、松田紫野、山本柚月
FW:瀧澤千聖、大澤春花

サブメンバー
GK:山下莉奈、福田史織
DF:長江伊吹、新井美夕
MF:中尾萌々、中江萌、岩井蘭、石田千尋、渡邊凜
FW:加藤もも、田中智子、百濃実結香

交代
62分 瀧澤千聖 → 田中智子
62分 渋谷巴菜 → 中尾萌々
85分 大澤春花 → 加藤もも

マッチレポート

ともにグループステージ突破を決めている朝鮮民主主義人民共和国との試合は、緊張感が漂う中、19:00にキックオフ。

両チーム様子をうかがいながら始まった試合は、徐々に朝鮮民主主義人民共和国の攻撃を受ける時間が増えますが、GK大場朱羽選手が好セーブを見せてゴールを与えません。しかし18分、朝鮮民主主義人民共和国の右サイドのクロスから失点してしまい、0-1となります。得点が欲しい日本は26分、伊藤彩羅選手の左サイドからクロス折り返しを木下桃香選手がシュートを放つもクロスバーを超えてしまいます。

その後も攻め続ける日本は、前半アディショナルタイムに左サイドから伊藤選手がミドルシュートを放つもキーパー正面。スコアはそのまま0-1で前半を終えます。

1点を追う日本は68分、交代で入った田中智子選手に山本柚月選手が右サイドからクロスパス、これを胸でトラップしてシュートを放ちますが惜しくもゴールとなりません。

76分、コーナーキックを得た日本。こぼれ球を木下選手が押し込み1-1の同点に追いつきます。さらに追加点がほしい日本は86分、ゴール前でこぼれたボールを受けた山本選手がシュート。これがゴールとなり2-1と逆転します。さらに得点が欲しい日本でしたが、試合終了のホイッスルがなり、2-1で試合を終えました。

この結果日本はグループB首位となり、グループAを2位で通過したU-16韓国女子代表との準決勝(9月20日(水)日本時間21:30キックオフ)に臨みます。

選手コメント

GK #18 大場朱羽 選手(JFAアカデミー福島)
今日は予選の中でも特に厳しい試合でした。朝鮮民主主義人民共和国には、私たちの去年の先輩方も負けていたため、1人1人が強い気持ちを持ち試合に臨みました。前半始まって早々ピンチがたくさんあり、なかなか自分たちのペースで試合を進めることができませんでした。先制点を取られてしまいましたが最後までみんなが諦めずに強い気持ちで戦えたからこそ勝利を掴むことができたと思います。しかし、まだ予選であってワールドカップの出場権を手にしたわけではないので、ここで満足しないで残りの試合を全て勝ちきり優勝し、次に繋げていきたいと思います。

DF #19 後藤若葉 選手(日テレ・メニーナ)
今日は予選リーグ最終戦で、Bグループで1位通過を決める大事な試合でした。
試合前から相手選手は、とても大きな声を出して、気合いを入れてファーストプレーで負けたら相手ペースになってしまうと思い、試合に臨みました。体の強さやキックの飛距離、競り合いの強さなど、驚く部分がありました。しかし、そんな中でも、日本らしくボールをしっかり繋いでの崩しなど、上手く行くところがあり、その部分は次の試合につなげて行きたいとおもいます。準決勝はワールドカップの切符がかかり、緊張すると思いますが、今日のプレーを忘れず、絶対に勝ちたいと思います。

MF #6 伊藤彩羅 選手(日テレ・メニーナ)
今日は、朝鮮民主主義人民共和国と試合をしました。前半、相手の雰囲気に押されてしまい、自分たちの思うようにボール回すことができませんでした。早い時間帯に失点をしてしまいましたが、立て続けに失点しなかったことは良かったと思います。後半は、ボールを持てる時間が増え、前半よりもゴール前に進入する回数が増えたと思います。決定的なチャンスは少なかったですが、その中でも勝ちきれたことは良かったです。まだ、ワールドカップに行けることが決まった訳ではないので、次の韓国戦に向けてしっかり準備をして、韓国戦でワールドカップ行きを決めたいです。 

スケジュール

AFC U-16女子選手権タイ2017
9月10日(日) AM/PM トレーニング
9月11日(月) 5-0 第1戦 vs オーストラリア(IPE Stadium)
9月12日(火) AM/PM トレーニング
9月13日(水) AM/PM トレーニング
9月14日(木) 3-0 第2戦 vs バングラデシュ(IPE Stadium)
9月15日(金) AM/PM トレーニング
9月16日(土) AM/PM トレーニング
9月17日(日) 2-1 第3戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国(Chonburi Stadium) 
9月18日(月) AM/PM トレーニング
9月19日(火) AM/PM トレーニング
9月20日(水) 19:30 準決勝 vs 韓国(Chonburi Stadium)
9月21日(木) AM/PM トレーニング
9月22日(金) AM/PM トレーニング
9月23日(土) 16:00/19:30 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16女子選手権タイ2017

大会期間:2017年9月10日(日)~2017年9月23日(土)
※上位3チームがFIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018に出場。
招集メンバーや日程など大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー