btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > U-16 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 中央アジア・日本U-16サッカー交流大会 第3戦 vs U-16ウズベキスタン代表

ニュース

U-16日本代表 中央アジア・日本U-16サッカー交流大会 第3戦 vs U-16ウズベキスタン代表

2016年03月05日

U-16日本代表 中央アジア・日本U-16サッカー交流大会 第3戦 vs U-16ウズベキスタン代表

U-16日本代表 vs U-16ウズベキスタン代表
2016年3月4日(金) キックオフ時間 15:00 試合時間 90分(45分✕2本)
JAR Stadium(ウズベキスタン/タシュケント)

U-16日本代表 2-0(前半0-0、後半2-0) U-16ウズベキスタン代表

得点
74分 菅原由勢(U-16日本代表)
83分 山田寛人(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:青木心
DF:狩野奏人、菅原由勢、小林友希、桑原海人
MF:福岡慎平、平川怜、中村敬斗、久保建英、瀬古歩夢
FW:宮代大聖

サブメンバー
GK:谷晃生、大内一生
DF:監物拓歩
MF:粟野健翔、鈴木冬一、瀬畠義成、上月壮一郎
FW:山田寛人

交代
62分 中村敬斗 → 上月壮一郎
76分 宮代大聖 → 山田寛人
84分 平川怜 → 鈴木冬一
85分 久保建英 → 粟野健翔
87分 桑原海人 → 監物拓歩

マッチレポート

「00ジャパン」は4日(金)、中央アジア・日本U-16サッカー交流大会の最終戦となる地元U-16ウズベキスタン代表との試合を2-0で勝利し本大会初優勝を果たしました。

勝利すれば優勝の日本は気合十分で試合に臨み、試合序盤から前線からのプレスや1対1の競り合いで相手を圧倒し、リズムを掴みます。4分にはDF菅原由勢選手の右サイドからの低く速いクロスにFW宮代大聖選手が合わせますが、惜しくもオフサイドの判定。19分にはゴール前混戦からMF福岡慎平選手がロングシュートを放ちますが相手GKのファインセーブに阻まれます。26分には宮代選手が抜け出してシュートを放ちますが、シュートはゴールバーを超えて行きます。終始攻めながらも得点を奪えず前半を0-0で終了します。

ハーフタイムで森山佳郎監督から「常に攻めていてもなかなか決まらない試合もある。そんな時に皆がいらいらしてマイナスに考えるのではなく、そんな時こそ守備を頑張っていることなどプラスに考えて、落ち着いてお互いコミュニケーションを取って、冷静になること。」とアドバイスをもらった選手たちは後半も攻守に連動し、決して走り負けず相手に隙を与えません。54分に菅原選手がサイドから駆け上がりシュートを放ちますがGKに弾かれます。さらに攻勢に出る日本は56分MF平川怜選手が粘り上げたクロスを宮代選手がシュートしますが相手のファインセーブに再び防がれます。58分にもFW久保建英選手のシュートはポストを叩き、なかなか決めきれない時間が続きます。しかし、焦らず落ち着いてプレーする日本は74分遂に均衡を破ります。菅原選手が右サイドから平川選手とのパス交換から中央に入り、豪快に放ったシュートが左隅に決まり日本は待望の先制点を上げます。その後同点に追いつこうと相手がアグレッシブに攻めてきますが、守備陣は冷静に対応しカウンターを狙います。そして83分再び平川選手がロングパスを相手DF陣の裏へ送り、途中出場したFW山田寛人選手が相手GKとの1対1を冷静に決め、追加点を取ります。その後も集中力を切らさず守り切った日本は2-0で勝利し、昨年度3位だった本大会の雪辱を晴らし初優勝しました。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

選手コメント

青木心 選手(JFAアカデミー福島U15)
今日の試合は本大会最終戦で、皆がメンタルやウォーミングなど良い準備ができていました。常に声を出し、集中力を切らさず90分間守り続けたことは良かったです。個人としてはDFラインとの連携がまだまだ足りないこと、そして攻撃の少しでも助けになるようキャッチングした後のリスタートの意識もより高めたいと思います。まだ残り1試合残っているので、どのGKが出場しても失点0で必ず抑えられうように全員で闘って勝ちきりたいです。

瀬古歩夢 選手(セレッソ大阪U-15)
前半攻めているにも関わらずなかなか点が決まらず、皆が焦りゲームを良い方向に運べなかったです。後半は皆で声を掛け合い良い連携を見せてゲームを運ぶことができました。耐える時はしっかり守備を頑張り、そこからカウンターで攻撃し追加点を取れたことは良かったです。このチームは雰囲気が良いですが1つ間違えると崩れてしまう可能性もあるので、これから常に相手に隙を与えないチームにしたいと思います。明後日はAFC U-16選手権インド2016準々決勝に臨む気持ちで闘って、絶対に勝ってこの遠征を良い形で終えたいです。

久保建英 選手(FC東京U-15むさし)
今日の試合ではシュートまで持ち込めましたが、決めきれなかったのは大きな課題だと思います。また、相手DF陣にゴール前で囲まれた際の崩しや連携や工夫が必要だと再認識しました。明後日の試合は前線からの守備も頑張り、相手との間合いをもっと詰めて強くいきたいです。何より自分が点を決めてチームの勝利に貢献したいです。

スケジュール

2月27日(土) PM トレーニング
2月29日(月) TBC トレーニング
スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 中央アジア・日本 U-16サッカー交流
3月1日(火) 0-0 vs  U-16イラン代表(JARスタジアム リザーブピッチ)
3月2日(水) 1-0 vs  U-16トルクメニスタン代表(JARスタジアム リザーブピッチ)
3月3日(木) AM トレーニング
3月4日(金) 2-0 vs  U-16ウズベキスタン代表(JARスタジアム)
3月5日(土) AM トレーニング
3月6日(日) 9:30 練習試合 vs U-18 FK Spartak Tashkent(JARスタジアム リザーブピッチ)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。


アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP