JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 チリ遠征「COPA UC 2016」 グループリーグ最終戦に勝利するも順位決定戦へ

ニュース

U-16日本代表 チリ遠征「COPA UC 2016」 グループリーグ最終戦に勝利するも順位決定戦へ

2016年12月17日

U-16日本代表 チリ遠征「COPA UC 2016」 グループリーグ最終戦に勝利するも順位決定戦へ

COPA UC 2016 U-16日本代表 vs U-16ペルー代表
2016年12月16日(金) キックオフ時間 12:00(現地時間) 試合時間70分(35分×2本)
Estadio San Carlos de Apoquindo(チリ・サンティアゴ)

U-16日本代表 4-1(前半2-0、後半2-1)U-16ペルー代表

得点
11分 菅原由勢(U-16日本代表)
15分 中村敬斗(U-16日本代表)
41分 平川怜(U-16日本代表)
58分 瀬古歩夢(U-16日本代表)
60分 失点(PK)(U-16ペルー代表)

スターティングメンバー
GK:谷晃生
DF:瀬古歩夢、菅原由勢、小林友希、東俊希
MF:平川怜、福岡慎平、喜田陽、井川空
FW:山田寛人、中村敬斗

サブメンバー
GK:大内一生
DF:松井蓮之、山口和樹
MF:桂陸人、原尊、椿直起、上月壮一郎

交代
48分 喜田陽 → 松井蓮之
55分 中村敬斗 → 椿直起
58分 福岡慎平 → 桂陸人

マッチレポート

「00ジャパン」は16日(金)、チリ遠征「COPA UC 2016大会」のグループリーグ最終戦でU-16ペルー代表と対戦し、4‐1で勝利しました。前日、U-16メキシコ代表に敗れている00ジャパンにとって、勝利かつ大量得点が求められる試合となりました。

この日も昼間の試合となり、暑さや3連戦の疲れが懸念されましたが、チリの環境に慣れてきたのか、日本は序盤から相手を圧倒します。8分、FW山田寛人選手が相手のDFを振り抜き、相手GKとの1対1を迎え、GKを交わしてシュートを放ちますが、相手DFにクリアされます。それでもリズムを崩さず攻め込む日本は11分、右サイドからDF菅原由勢選手が味方とのパス交換からゴール前に迫り、冷静にゴールへ流し込み待望の先制点をあげます。さらに15分には、CKからニアサイドに入ったボールを菅原選手が流し、飛び込んだFW中村敬斗選手が合わせ2点目をあげます。何度もトレーニングしてきた形でゴールが生まれ、日本はリズムに乗ります。1対1の競り合いも相手に負けず、連係面も改善され、サイドを広く使ったパス交換で相手を疲労させ、終始日本のペースで進みます。33分には、MF井川空選手が中央でボールを受けると巧みなドリブルでゴールに迫りますが、惜しくもシュートは外れます。

グループリーグを上位で突破するために得点がさらに必要な日本は、後半も序盤から攻め込みます。41分、右サイドを中村選手が相手DFを粘り強く交わしてクロスを上げると、平川選手が上手く合わせて3点目を奪います。58分には、ゴール前でFKを得ると、DF東俊希選手のクロスをDF瀬古歩夢選手がヘッドで合わせ4点目。さらに得点する勢いがあった日本でしたが、60分、ゴール前の混戦から相手にPKを与えてしまい、1点返されてしまいます。それでも日本は、前へ前へと攻撃のチャンスを作り出し、FW桂陸人選手、山田選手が決定機を迎えますが決めきれず、試合はそのまま4-1で終了しました。

同グループリーグの最終戦でU-17UNIVERSIDAD CATOLICAが0-1でU-16メキシコ代表に敗れ、日本はU-17UNIVERSIDAD CATOLICAと勝ち点などで並びましたが、大会規定による抽選の結果、残念ながらグループリーグ3位となり、順位決定戦に進むことになりました。次戦は、開催国のU-16チリ代表と対戦します。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

選手コメント

DF #7 菅原由勢 選手(名古屋グランパスU18)
昨日までの2試合の反省点を活かした試合になりました。勝てたことは本当に良かったです。南米チームの特徴も徐々に理解できてきましたし、チリの環境にも皆が適応してきました。相手はボールに対する執着心が強く、ゴールへ向かう力と、体を張るプレーが当たり前なので、非常に勉強になりますし、それは自チームでも個人でも大事なことだと思います。自分の長所が南米の強豪国相手でも通じる場面もあるので、残り2試合を全力で頑張りたいです。

MF #4 平川怜 選手(FC東京U-18)
本日の試合は、自分たちのペースで進められたと思います。大量得点が必要な状況で4点奪えたことは良かったですが、失点は必要なかったと反省しています。グループリーグを終えて、試合を重ねる中で激しい球際での闘いは個人でもチームでも良くなってきているので、決して負けないように乗り切りたいと思います。個人としては、昨日のU-16メキシコ代表などテクニックがある相手に飛び込んで簡単にかわされてしまう場面などもあったので、粘り強い守備を心掛けたいですし、攻撃面ではより前を意識してプレーし、得点に絡む場面を増やしたいです。

FW #13 中村敬斗 選手(三菱養和SCユース)
グループリーグ突破のために、今日は皆で大量得点を狙いました。結果4-1で勝利できたことは良かったですが、さらに1点、2点多く得点できた試合でした。個人としては、課題であるDF背後への裏を意識して狙い続けました。得点した場面では、トレーニングで何度も繰り返し狙っていたプレーなので、非常に嬉しかったです。普段、日本では対戦できない強豪国と対戦できて非常に日々勉強になっています。日本では通用したプレーが全く通用せず、グループリーグだけでどれだけ得点することが難しいか肌で感じました。抽選の結果、順位決定戦に回りましたが、引き続き南米強豪国と対戦できるので、必ず2連勝して遠征を終わりたいと思います。

スケジュール

 COPA UC 2016
12月14日(水) 1-1 vs U-17ウニベルシダ・カトリカ(Estadio San Carlos de Apoquindo)
12月15日(木) 0-2 vs U-16メキシコ代表(Estadio San Carlos de Apoquindo)
12月16日(金) 4-1 vs U-16ペルー代表(Estadio San Carlos de Apoquindo)
12月17日(土) 12:00 順位決定戦 vs U-16チリ代表(Estadio San Carlos de Apoquindo)
12月18日(日) TBC 順位決定戦(Estadio San Carlos de Apoquindo)
12月19日(月) TBC トレーニング(TBC)

 ※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。 

COPA UC 2016
Aグループ:U-16チリ代表、U-16コロンビア代表、U-16パラグアイ代表、U-17CLUB CHIVAS(メキシコ)
Bグループ:U-16日本代表、U-16ペルー代表、U-16メキシコ代表、U-17UNIVERSIDAD CATOLICA(チリ)

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー