btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-23日本代表 延長戦の末、イランを振り切る

ニュース

U-23日本代表 延長戦の末、イランを振り切る

2016年01月23日

U-23日本代表 延長戦の末、イランを振り切る

若きサムライたちが、重圧をはねのけて大きな一歩を踏み出しました。

AFC U-23選手権 カタール 2016(リオデジャネイロオリンピック・アジア最終予選)に出場しているU-23日本代表は、1月22日の現地時間16:30(日本時間22:30)から、準々決勝のイラン戦に挑みました。

グループステージとは明らかに違う種類の緊張感に包まれた中で、日本は冷静に試合を運んでいきます。前半は決定的なシーンをつくることができず、イランに何度かゴールを脅かされました。それでも、試合の主導権は譲りません。これまでの3試合と同じように、押し込まれる時間帯があることは想定済みです。ディフェンスではリスクマネジメントを心がけ、攻撃ではFKやCKから相手ゴールへ迫っていきました。

後半も一進一退の攻防が続きます。56分、相手のヘディングシュートがクロスバーに当たる場面がありましたが、日本の選手たちは冷静さを保ちます。コミュニケーションを絶やさず、集中力を高め、マークを確認し、攻撃の狙いどころを共有していきます。

0-0のまま迎えた82分、手倉森誠監督は久保裕也選手に代えて浅野拓磨選手を投入します。88分にも矢島慎也選手と豊川雄太選手を入れ替え、攻撃の活性化をはかります。

延長戦に突入すると、日本の活動量がイランを凌駕していきます。足が止まり始めた相手とは対照的に、日本は攻撃のギアをさらに上げていくのです。

そして、ゴールネットを揺らす瞬間が訪れました。延長前半96分、右サイドバックの室屋成選手が攻撃参加し、左足でクロスを供給します。ゴール前へフリーで飛び込んだ豊川選手が、鮮やかなヘディングシュートを突き刺したのでした。

延長前半のアディショナルタイムには、イランにゴールを脅かされます。しかし、至近距離から襲ってきたシュートは、GK櫛引政敏選手が鋭い飛び出しで防ぎました。

待望のリードを奪った日本は、延長後半もさらに攻め立てます。ここで躍動したのが、中島翔哉選手でした。109分、110分と立て続けに右足でシュートを決め、勝利を決定づけたのです。

113分、遠藤航選手が退いて大島僚太選手が登場し、交代枠を使い切ります。このまま3-0で勝利した日本が、見事にベスト4進出を決めたのでした。ただ、チームの目標はあくまでも優勝です。試合後の選手たちは勝利の余韻を振り払い、すでに準決勝へ気持ちを切り替えていました。

試合詳細はこちら

本日は現地時間10:30(日本時間16:30)から練習を行います。

選手コメント

GK #1 櫛引政敏 選手(鹿島アントラーズ)
延長前半のセーブは、1点取った後の相手のビッグチャンスでしたので、流れを渡してはいけない場面でした。あの時間帯に失点しなかったことが、延長後半の中島選手の2得点につながったのではないかと思います。90分で試合を終えることができればよかったですが、途中から出場した豊川選手がゴールを決めるなど、チーム全体が勢いに乗れる勝利だったと思います。

DF #5 植田直通 選手(鹿島アントラーズ)
今日の試合に勝って、このチームで活動を続けられることが何よりもうれしいです。プレッシャーは感じましたが、途中からは楽しむように心がけました。やられたら終わりという意識を強く持ち、自分と岩波選手でしっかり守っていこうと、二人で絶えず声を掛け合っていました。次はリオデジャネイロオリンピックの切符に挑戦できます。次の準決勝も勝たなければ、何の意味もありません。しっかりと準備をしていきます。

MF #10 中島翔哉 選手(FC東京)
前半、後半となかなかいいプレーができず、ほぼ何もしていなかったのと同じだったので、延長戦では何とかチームの役に立てるように、と考えていました。1点目は、それまであの位置でなかなかボールを持たせてもらえなかったので、持ったらシュートを打つんだという気持ちで、迷いなく打てたことが得点につながりました。2点目の場面も、パスを受けたらシュート(を打つ)と決めていました。今日の2点で感覚を取り戻したというか、今後につながる得点になりました。90分で勝てなかったことは反省して、120分を戦えたのは自信にして、次のゲームに臨みたいです。

MF #14 豊川雄太 選手(ファジアーノ岡山)
自分が出場したときは、相手が疲れている感じはありましたけれど、それ以上に日本の選手たちが本当に頑張っていたので、どうにかして力になりたい、と思っていました。ノックアウトステージということで緊張はしましたし、いままでにはなかったようなプレッシャーも感じました。得点シーンは、室屋選手が精度の高いクロスを入れてくれました。僕自身も相手との駆け引きに勝って、いいところへ飛び込めました。

JFA-TV

スケジュール

AFC U-23選手権 カタール 2016
1月13日(水) 1-0 グループステージ第一戦 vs U-23朝鮮民主主義人民共和国代表
(@Grand Hamad Stadium)
1月14日(木) AM トレーニング
1月15日(金) PM トレーニング
1月16日(土) 4-0 グループステージ第二戦 vs U-23タイ代表
(@Grand Hamad Stadium)
1月17日(日) AM トレーニング
1月18日(月) 17:45 公式トレーニング(@Suhaim Bin Hamad Stadium)
1月19日(火) 2-1 グループステージ第三戦 vs U-23サウジアラビア代表
(@Suhaim Bin Hamad Stadium)
1月20日(水) AM トレーニング
1月21日(木) TBC 公式トレーニング(@未定)
1月22日(金) 3-0 ノックアウトステージ準々決勝 vs U-23イラン代表
(@Abdullah Bin Khalifa Stadium)
1月23日(土) AM トレーニング
1月24日(日) PM トレーニング
1月25日(月) PM トレーニング
1月26日(火) 16:30
ノックアウトステージ準決勝 vs U-23イラク代表
(@Abdullah Bin Khalifa Stadium)
1月27日(水) AM トレーニング
1月28日(木) PM トレーニング
1月29日(金) 17:45 ノックアウトステージ3/4位決定戦
(@Jassim Bin Hamad Stadium)
1月30日(土) 17:45 ノックアウトステージ決勝
(@Abdullah Bin Khalifa Stadium)

※時間は全て現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP