JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2017年 > 第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット) > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 トレーニングマッチ2試合を引き分ける〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

ニュース

フットサル日本代表 トレーニングマッチ2試合を引き分ける〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

2017年09月17日

フットサル日本代表 トレーニングマッチ2試合を引き分ける〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

トレーニングマッチ vs フットサルトルクメニスタン代表

2017年9月16日(土) キックオフ時間 11:15(現地時間) 試合時間 40分(前後半各20分)
Galkynysh(トルクメニスタン)

フットサル日本代表 1-1(前半1-0、後半0-1)フットサルトルクメニスタン代表

得点
14分 オウンゴール(フットサル日本代表)
29分 オウンゴール(フットサルトルクメニスタン代表)

スターティングメンバー
GK:矢澤大夢
FP:清水和也、室田祐希、齋藤功一、橋本優也

サブメンバー
GK:三浦拓
FP:森村孝志、田村佳翔、堀米将太、原辰介、八木聖人、上村充哉、植松晃都

トレーニングマッチ vs フットサルウズベキスタン代表

2017年9月17日(日) キックオフ時間 14:30(現地時間) 試合時間 40分(前後半各20分)
Galkynysh(トルクメニスタン)

フットサル日本代表 2-2(前半1-1、後半1-1)フットサルウズベキスタン代表

得点
2分 植松晃都(フットサル日本代表)
6分 失点(フットサルウズベキスタン代表)
23分 堀米将太(フットサル日本代表)
26分 失点(フットサルウズベキスタン代表)

スターティングメンバー
GK:上原拓也
FP:清水和也、室田祐希、上村充哉、植松晃都

サブメンバー
GK:矢澤大夢
FP:森村孝志、田村佳翔、堀米将太、原辰介、八木聖人、齋藤功一、橋本優也

マッチレポート

トルクメニスタンのアシガバットで16日(土)に開幕した第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズに参加するフットサル日本代表は、16日(土)にフットサルトルクメニスタン代表と、翌17日(日)にフットサルウズベキスタン代表とトレーニングマッチを行いました。

試合結果はトルクメニスタンに1-1、ウズベキスタンに2-2と引き分けたものの、いずれの試合も日本が先制点を奪い、有利に試合を進め、国内キャンプからここまでチームとして強化してきた組織的な攻撃と守備・戦術がオートマティックに行われるようになってきているのを実感できる内容となりました。しかしながら、失点は全て相手セットプレーから喫したもので、18日(月)のレバノンとの初戦を前に、セットプレーでの守備が課題として求められました。

同大会は17日(日)に開会式を迎え、選手村周辺も大きな盛り上がりを見せています。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
今回の代表チームは若い選手達を中心に構成されていますが、国内キャンプを含めてここまで順調に成長し、チームとして良い準備ができてきていると感じています。私としてはこの大会までの準備期間は3つの構成で取り組んできました。1つ目は国内キャンプで、これに関しては若い選手達の成長を日々感じることのできた活動となりました。2つ目はトルクメニスタン入りしてからのトレーニングと、トレーニングマッチです。トレーニングマッチの内容を見ても選手のパフォーマンスが向上し良いコンディションに仕上がってきているのを感じていますし、大会に向けた最終調整ができたと思います。アジア各国のライバルはトップと呼べる選手たちを連れてきています。私たちは若いチームだからこそ、この状況を前向きに捉え、全力でこの大会に臨みたいと思います。

GK #12 上原拓也 選手(湘南ベルマーレ)
チームとしての一体感も出て来て、とてもいい雰囲気の中で試合ができました。ただ、勝ちきれずに終わってしまった部分は悔しいです。明日は初戦の前に行う最後のトレーニングです。トレーニングマッチの2試合で出た課題を見直し、修正して本番に臨みたいと思います。

FP #3 原辰介 選手(ペスカドーラ町田)
今日の試合(トルクメニスタン戦)は公式戦を意識して臨んだ試合でした。この試合で出た課題を修正して、初戦のレバノン戦に向けて、チームとしての完成度を高めていきます。

FP #4 田村佳翔 選手(フウガドールすみだ)
チームとしてはトルクメニスタン代表相手に、ブルーノ監督の意図を汲み取りピッチで体現できたと思います。まだまだ細かい部分の修正は必要ですが実戦で得られた経験値はとても大きいと思います。結果は1対1と納得いくものではありませんでしたし、個人的にもまだまだ足りない事ばかりですが、翌日もウズベキスタン代表とトレーニングマッチがあるので、公式戦と同じテンションで戦いたいと思います。

FP #8 齋藤功一 選手(名古屋オーシャンズ)
(トルクメニスタン戦の)結果は1-1で自分たちの求めているものではなかったですがいい部分もありました。上手くいかない時にどうするかが大事だと思うので、初戦のレバノン戦に向けてしっかりコミュニケーションとって準備していきたいと思います。

FP #11 清水和也 選手(フウガドールすみだ)
トルクメニスタンに入りトレーニングマッチを2試合し、手応えを感じる部分もあれば、修正をしなければならないところがはっきりと出ました。初戦のレバノン戦に向け、選手、スタッフ一団となり最高のコンディションで挑みたいです。

スケジュール

9月12日(火) PM トレーニング
9月13日(水) AM/PM トレーニング
9月14日(木) AM/PM トレーニング
9月15日(金) AM/PM トレーニング
第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ  
9月16日(土) 1-1 トレーニングマッチ vs フットサルトルクメニスタン代表
9月17日(日) 2-2 トレーニングマッチ vs フットサルウズベキスタン代表
9月18日(月) 13:15 グループステージ 第1戦 vs レバノン
9月19日(火) AM トレーニング
9月20日(水) AM/PM トレーニング
9月21日(木) 11:00 グループステージ 第2戦 vs タイ
9月22日(金) AM/PM トレーニング
9月23日(土) tbc 準々決勝
9月24日(日) tbc 準決勝
9月25日(月) AM/PM トレーニング
9月26日(火) tbc 決勝、3/4位決定戦

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー