btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > なでしこジャパン > キリンチャレンジカップ2017 〜熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本〜 > 最新ニュース一覧 > キリンチャレンジカップ2017 ~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~ なでしこジャパン 対 コスタリカ代表の担当審判員がスタジアムで前日練習を実施

ニュース

キリンチャレンジカップ2017 ~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~ なでしこジャパン 対 コスタリカ代表の担当審判員がスタジアムで前日練習を実施

2017年04月09日

キリンチャレンジカップ2017 ~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~ なでしこジャパン 対 コスタリカ代表の担当審判員がスタジアムで前日練習を実施

4月9日(日)に熊本県民総合運動公園陸上競技場で開催されるキリンチャレンジカップ2017 ~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~を担当する審判員が8日(土)、スタジアムでトレーニングを実施しました。
生憎の雨模様でしたが、素晴らしいピッチで集中した様子を見せていました。

担当審判員

主審:KEIGHLEY Anna-Marie(1982.06.30 / ニュージーランド)
副審1:JONES Sarah(1990.05.03 / ニュージーランド)
副審2:KAUMATULE Lata(1985.02.28 / トンガ)
第4の審判:梶山芙紗子 KAJIYAMA Fusako(1977.03.28 / 日本)

審判員コメント

復興支援の意味を持つこのような試合を担当できることができ、とても光栄に思います。
一日も早い熊本の復興を心からお祈りしています。両チームがフェアプレーで、なおかつ良いゲームとなるよう、レフェリーも団結して試合に臨みます。

 

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング

JFA.jp SITEMAP