JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > G大阪が東福岡を下して首位をキープ 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第4節
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

ニュース

G大阪が東福岡を下して首位をキープ 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第4節

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

2019年04月30日

G大阪が東福岡を下して首位をキープ 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第4節

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは27日(土)と28日(日)に第4節を実施し、ガンバ大阪ユース(大阪)と東福岡高校(福岡)が対戦しました。

ピックアップマッチ

ガンバ大阪ユース 2-0(前半1-0、後半1-0)東福岡高校

序盤から主導権を握ったのはG大阪でした。DFラインでボールを動かしながら、「相手のラインが高いと感じたので、DFの裏に一本通ればチャンスになると思っていた」(川﨑修平選手/MF #8)とロングボールを配給。相手陣内では、FW唐山翔自選手(#9)とFW大谷優斗選手(#18)が俊足を生かした飛び出しを繰り返します。

一方の東福岡は、DF大串啓太郎選手(#5)が「試合前から背後に来るのは分かっていたけど、対応しきれなかった」と振り返るように苦しい時間帯が続きます。するとG大阪は、41分に中盤からMF長尾優斗選手(#6)がDF裏へのパスを配給。これにMF中野歩選手(#14)が素早く反応すると、GKと接触し、ゴール前にこぼれたボールを大谷選手が拾います。シュートは惜しくも右ポストに嫌われましたが、最後は唐山選手が冷静に押し込み、G大阪が先制しました。

後半も立ち上がりはG大阪のペースで試合が進みます。50分には相手エリア中央でボールを持った川﨑選手が「サイドバックが良い形で抜け出しているのが見えたので、良いボールを入れれば1点になると思った」とゴール前に縦パスを展開。受けたDF村上景司選手(#3)がGKをかわしてゴールネットを揺らしました。

2点をリードした以降のG大阪は後方からの組み立てが機能せず、相手にボールを持たれる時間が増えました。59分には東福岡のMF水野畝蓮選手(#7)にフリーでシュートを打たれるピンチもありましたが、「守備陣で裏を抜け出されないようにチャレンジ&カバーを意識しようと話していた」と話すDF西村翔選手(#3)らが最後の局面を防ぎ、無失点を維持。2-0で逃げ切ったG大阪が今シーズン3勝目を手にし、首位をキープしました。

監督・選手コメント

島田貴裕 監督(ガンバ大阪ユース)
今シーズン初めての無失点ゲームでしたが、内容が良くないので素直には喜べません。特に後半は相手にボールを持たれる時間が長く、最後のところは何とか耐えましたが、失点してもおかしくない場面がたくさんありました。逆転するために前がかりになる相手に対し、背後をうまく使いながら、もっと自分たちがボールを持つ展開にしたかったです。今節はJ3に出場した2人がベンチスタートになりましたが、拮抗したレベルで競争を続けていくのはチームにとってプラス。今後も誰が試合に出てアピールしてくれるのか楽しみです。

DF #4 西村翔 選手(ガンバ大阪ユース)
2点を取って、無失点で抑えられたのは良かったです。守備は相手が1トップだったので、もう一人のセンターバックのどちらかでしっかり潰そうと意識していました。前半はうまく対応できたと思うのですが、後半は足元で受けられてポイントをつくられる場面が何回かあったので、これからはちゃんと潰せるようになりたいです。ただ、いつもは試合終盤に1失点はしますが、今日はしっかり抑えられました。少しは成長できているのかなと思うので、うれしいです。

森重潤也 監督(東福岡高校)
もう少し組織的に守りたかったですが、選手それぞれの気持ちが前に出過ぎていました。先制点を取られるまでにも危ないピンチが多く、結果的に無失点が続いていただけで内容面では課題が残ります。攻撃もボールを奪ってからシュートまで持ち込む場面もあったのですが、もう少し質が高くなければ得点できません。全体的に相手のプレッシャーに慌てて、ミスが多いゲームでした。自分たちの足りないところに気付かせてもらったゲームで、今日の相手のレベルをスタンダードしなければいけません。

DF #5 大串啓太郎 選手(東福岡高校)
前半はチームとしての共通認識ができておらず、相手のビルドアップに後手を踏み、ロングボールで失点しました。GKとDFラインのコミュニケーション不足による失点でもったいなかったので、無くしていかなければいけません。後半は前からボールを奪いにいこうと話し合いました。うまく行かない部分もありましたが、ボール奪取から攻撃の時間も増えました。試合に負けたのは残念ですが、修正できたのは良かった点なので今後に生かしたいです。

その他の試合結果

アビスパ福岡U-18 1-0(前半0-0、後半1-0)ヴィッセル神戸U-18
サンフレッチェ広島F.Cユース 2-0(前半0-0、後半2-0)愛媛FC U-18
セレッソ大阪U-18 1-2(前半0-0、後半1-2)大津高校
京都サンガF.C. U-18 1-3(前半1-0、後半0-3)名古屋グランパスU-18

ヴィッセル神戸U-18(兵庫)をホームに迎えたアビスパ福岡U-18(福岡)は、試合終了間際にDF鷹巣直希選手(#3)が劇的なゴールを奪い、今シーズン初勝利を手にしました。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)と愛媛FC U-18(愛媛)の一戦は、MF細谷航平選手(#14)とFW鮎川峻選手(#10)の得点により、広島が2-0で勝利。大津高校(熊本)は後半の2ゴールでセレッソ大阪U-18(大阪)を下し、勝点3を獲得しています。京都サンガF.C. U-18(京都)との試合に挑んだ名古屋グランパスU-18(愛知)はFW小宮健選手(#11)に先制点を許しましたが、FW村上千歩選手(#11)の2ゴールなどで後半に逆転し、3-1で試合を終えました。

WEST 第4節 ダイジェスト

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第5節
2019年5月4日(土)
13:00 清水エスパルスユース vs 鹿島アントラーズユース(静岡市清水総合運動場陸上競技場)
2019年5月5日(日)
11:00 流通経済大学付属柏高校 vs 大宮アルディージャU18(流通経済大学付属柏高校グラウンド)
11:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs ジュビロ磐田U-18(浦和駒場スタジアム)
11:00 尚志高校 vs 市立船橋高校(郡山市営西部サッカー場)
11:00 青森山田高校 vs 柏レイソルU-18(青森山田高校グラウンド(人工芝))

WEST 第5節
2019年5月4日(土)
11:00 東福岡高校 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(東福岡高校グラウンド)
11:00 大津高校 vs 名古屋グランパスU-18(大津町運動公園球技場)
15:00 ヴィッセル神戸U-18 vs ガンバ大阪ユース(いぶきの森球技場)
2019年5月5日(日)
13:00 愛媛FC U-18 vs 京都サンガF.C. U-18(愛フィールド梅津寺 人工芝グラウンド)
14:00 セレッソ大阪U-18 vs アビスパ福岡U-18(セレッソ大阪舞洲グラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー