JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 広島が劇的同点弾でドローに持ち込む 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第3節
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

ニュース

広島が劇的同点弾でドローに持ち込む 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第3節

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

2019年04月22日

広島が劇的同点弾でドローに持ち込む 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第3節

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは20日(土)と21日(日)に第3節を実施し、名古屋グランパスU-18(愛知)とサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)が対戦しました。

ピックアップマッチ

名古屋グランパスU-18 1-1(前半0-0、後半1-1)サンフレッチェ広島F.Cユース

「広島は昨年、唯一ホームもアウェイも勝てなかった相手。勝って、来週の京都戦に良い勢いで挑もう(榊原杏太選手/MF #8)」と話していた名古屋ですが、一進一退の展開が続いた序盤はシュートまで持ち込めない場面が続きました。先に決定機を迎えたのは広島で、22分にはMF西川歩選手(#6)が左からゴール前に送ったボールをFW鮎川峻選手(#10)が合わせましたが、GK三井大輝選手(#1)の好セーブに阻まれ、ゴールとはならず。鮎川選手は「前半のチャンスを決めていれば楽な試合になっていた」と振り返ります。対する名古屋も24分にFW光田脩人選手(#18)がカウンターから中央を突破し、ペナルティーエリア右にパスを展開。受けたMF石田凌太郎選手(#9)のシュートはGKの脇を抜けましたが、懸命に戻った鮎川選手に防がれました。

スコアレスのまま迎えた後半も流れは変わりません。両者、見せ場をつくりながらも1点が奪えないまま時計の針が進みましたが、67分に名古屋に歓喜の瞬間が訪れます。自陣でのボール奪取から石田選手が相手DFの背後にロングボールを展開。素早く反応した光田選手がペナルティーエリアまで持ち込むと、最後はGKをかわして無人のゴールにシュートをたたき込みました。

失点後は落ち込んだ様子も見られた広島でしたが、残り5分を切ってからは同点ゴールを狙い、厚みのある攻撃を仕掛けます。90+6分に左CKを獲得すると、ファーに流れたボールを鮎川選手がゴール前に入れました。一度はGKに阻まれましたが、「峻が絶対にあそこにボールを出してくれると思っていたけど、間に合わなかったので、こぼれ球を狙っていた」と振り返るFW影山兼三選手(#8)が押し込み、1-1でタイムアップ。劇的な同点ゴールを引き出した鮎川選手は「広島らしい泥臭さが最後に出て良かった」と安堵の表情を浮かべました。

監督・選手コメント

古賀聡 監督(名古屋グランパスU-18)
個人の力で速い攻撃からゴールを奪えたのは素晴らしかったと思います。個人の力で攻撃の速さを出して、ゴールに結びつけたのは非常に素晴らしかった。ただ、ボールを奪ってから相手の守備が整う前にチャンスをつくることはできたのですが、相手を押し込むことはできず、個人スキルの質が足りていないと痛感しました。2点目を獲れない点は課題ですし、失点場面は相手に攻撃をさせない守備が必要でした。たくましく、タフに守れるようにメンバーが成長してほしいです。

FW #8 榊原杏太 選手(名古屋グランパスU-18)
前後半ともに自分に巡ってきたチャンスを決めきれなかった点が悔やまれます。グランパスは攻撃的なサッカーを掲げているので、1点しか決められなかったのはチームとして課題でもあります。昨年もチャンスを逃して勝てない試合が多く、2点目、3点目を決めないと今後も厳しい試合が続いていくと思うので、練習からもっと攻撃の強度を高めていかなければいけません。ただ、広島相手に負けなかったのは昨年からの成長です。今後はしっかり勝ち切れるチームになりたいと思いました。

沢田謙太郎 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
まだ発展途上のチームなので、ボールを失う回数が多いかと思っていましたが、良い形がつくれる場面がありました。面白い飛び出しもありましたが、反応しているのは1人だけという場面が多かったので、これから関与する人数が増えないとゴールは奪えません。選手が反応していないから、カウンターを浴びてしまったのですが、前半はあれだけ危ない場面がありながらもよく頑張ってくれました。消耗が激しい中でも最後まで走り切ったのはポジティブに捉えています。

FW #10 鮎川峻 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース
昨年はFC.フェルボール愛知の後輩たちが見に来てくれたのですが良いプレーができませんでした。今年も来てくれたので得点という結果を残して、活躍する姿を見せたかったのですが、無得点に終わり残念です。後ろの選手は我慢して頑張ってくれたのですが、FWの3人がゴールまで行けなかったのが勝てなかった要因です。前半のゴールカバーと同点ゴールのアシストはできましたが、FWはゴールを奪うのが仕事です。次のホームゲームでは、「絶対に自分が点を取る」という気持ちで準備します。

その他の試合結果

京都サンガF.C. U-18 1-2(前半1-0、後半0-2)セレッソ大阪U-18
東福岡高校 2-1(前半1-0、後半1-1)愛媛FC U-18
大津高校 1-4(前半0-1、後半1-3)ヴィッセル神戸U-18
ガンバ大阪ユース 7-2(前半3-1、後半4-1)アビスパ福岡U-18

京都サンガF.C. U-18(京都)とのアウェイゲームに挑んだセレッソ大阪U-18(大阪)は、1点のビハインドを追いかける状態で試合を折り返しましたが、後半の2ゴールで逆転勝ち。東福岡高校(福岡)と愛媛FC U-18(愛媛)の一戦は1-1で迎えた90+3分にMF荒木遼太郎選手(#10)が劇的ゴールをマークし、東福岡が勝点3を手にしました。ヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、MF重野祥輝選手(#8)とFW臼井勇気選手(#13)がそれぞれ2点ずつ奪い、4-1で大津高校(熊本)を下しました。ガンバ大阪ユース(大阪)とアビスパ福岡U-18(福岡)の対戦はFW大谷優斗選手(#18)の先制点を皮切りに、7点を奪ったG大阪が勝利。WESTで唯一無敗を保ち、首位に立ちました。

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第4節
2019年4月27日(土)
15:00 柏レイソルU-18 vs 市立船橋高校(日立柏総合グランド(人工芝))
2019年4月28日(日)
11:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 青森山田高校(浦和駒場スタジアム)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 尚志高校(茨城県立カシマサッカースタジアム)
13:00 ジュビロ磐田U-18 vs 大宮アルディージャU18(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ球技場サッカーグラウンド)
2019年4月29日(祝・月)
13:00 清水エスパルスユース vs 流通経済大学付属柏高校(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))

WEST 第4節
2019年4月27日(土)
14:00 アビスパ福岡U-18 vs ヴィッセル神戸U-18(福岡フットボールセンター 人工芝A)
2019年4月28日(日)
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs 愛媛FC U-18(吉田サッカー公園 人工芝グラウンド)
13:00 ガンバ大阪ユース vs 東福岡高校(OFA万博フットボールセンターグラウンド)
14:00 セレッソ大阪U-18 vs 大津高校(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
18:00 京都サンガF.C. U-18 vs 名古屋グランパスU-18(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー