JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 青森山田、終盤に追いつかれるも首位キープ 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第3節
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

ニュース

青森山田、終盤に追いつかれるも首位キープ 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第3節

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

2019年04月22日

青森山田、終盤に追いつかれるも首位キープ 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第3節

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST 2019の第3節が4月20日(土)、21日(日)に開催され、各地で熱戦が繰り広げられました。NACK5スタジアムでは、大宮アルディージャU18(埼玉)と青森山田高校(青森)が対戦しました。

ピックアップマッチ

大宮アルディージャU18 2-2(前半0-2、後半2-0)青森山田高校

大宮にとって、NACK5スタジアムは普段トップチームが試合をしている特別な場所になります。「ここで試合をする以上、絶対に負けられないという気持ちはある」(丹野友輔監督)という思いを胸に、第2節を終えて早くも唯一の連勝チームとなっている青森山田との試合に臨みました。

試合は立ち上がりに早くも動き出します。青森山田がショートカウンターから素早く攻撃を開始し、右サイドに展開。ボールを受けたMF後藤健太選手(#11)のクロスは相手DFに阻まれたものの、こぼれ球を素早く拾った後藤が浮き球のボールを送り込み、これをMF浦川流輝亜選手(#8)がヘッドで折り返します。これを最後はFW田中翔太選手(#9)が胸に当てて押し込み、先制点を奪い取ります。

ここから大宮も反撃を開始し、得意のポゼッションプレーから相手陣内へ攻め入りますが、青森山田も組織的な守備を敷いて粘り強く対応します。そのまま1-0で進んだ試合は42分に再び動きます。青森山田はパス交換から左サイドを突破したDF神田悠成選手(#3)のクロスボールを中央右寄りで待っていた田中選手がDFと競り合いながらの見事なジャンピングヘッドで突き刺し、2-0とリードを広げました。

苦しい展開になった大宮は「ロッカールームに戻ってきたときの雰囲気も悪かった」(髙田颯也選手/FW #10)という状態でしたが、「そこで監督が締め直してくれた」(髙田選手)ことで息を吹き返します。「立ち上がりにまず1点を取ろう!」という指揮官の言葉に奮起した選手たちは、後半の立ち上がりから攻勢に出ると、まさにその立ち上がりの47分でした。ショートカウンターから髙田選手が中央を突破し、左へ展開。そのままゴール前へ走り込んだ高田のもとへFW新井成志郎選手(#9)の正確なリターンパスが届くと、髙田選手は迷わずワンタッチシュート。これが鮮やかに決まり、大宮が1点を返します。

この直後の6分に青森山田は2度目の警告から退場者を出してしまい、一気に苦境に立たされます。選手交代を入れて守備の強度を保ちながらの防戦となりましたが、78分に右サイドを破った大宮の新井選手に角度のない位置からのシュートをたたき込まれ、2-2の同点となります。その後は青森山田も守りを固めるだけでなく勝ち越しを狙って攻めに出ていくスリリングな攻防戦となりましたが、互いにゴールネットを揺らすことはできず。2-2のままスコアは動かず、試合終了となりました。

監督・選手コメント

丹野友輔 監督(大宮アルディージャU18)
相手に退場者が出て人数が減ることでかえって難しくなるというのはJリーグでもよくあることですが、選手たちはよくやってくれたと思います。できれば3点目を取って勝ちたかったところですが、満足しています。ただ、ここまで全ての試合で失点していて守備の脆さがまだまだあるので、その点は改善していきたいと思います。青森山田さんは劣勢の時間帯でもDFの選手から本当によく声が出ていて、そういう部分は見習わないといけないと思わされました。

MF #10 髙田颯也 選手(大宮アルディージャU18)
勝てる流れだったと思うので、悔しいところもあります。(ゴールシーンは)これまでパスを出したあとに止まってしまうのが課題だと監督からずっと言われ続けてきたのですが、あの場面は出したあとに走り込めたのがよかったと思います。今までの自分にはなかったゴールでした。今年は3年生になったので、去年のように先輩に引っ張ってもらうわけにはいかないので、しっかり取り組んでいきたいと思います。

黒田剛 監督(青森山田高校)
後半の3分で失点し、6分で退場。あれで完全にゲームプランが崩れてしまいました。今日は昨年レギュラーだった選手が一人もいないメンバーだったので、そういうところで若さが出てしまいました。代償は本当に大きかったですが、こういう悲劇にさらされることで学んでいくものだとも思っています。こうやって負けたことから奮起するのが高校サッカーだと思うので、また頑張ります。

MF #11 後藤健太 選手(青森山田高校)
前半から良い入りができて先制点も奪えて、2-0でハーフタイムを迎えられたことは理想的な形だったと思います。ただ、後半の立ち上がりでああいう形で失点しまいました。(先制点のシーンは)シュートやクロスでやり切って終わるのが青森山田のサッカーなので、やり切れた結果だと思います。こぼれ球への反応も青森山田に来て鍛えられた部分で、あのシーンはそれをうまく出せました。

その他の試合結果

市立船橋高校 0-1(前半0-1、後半0-0)浦和レッドダイヤモンズユース
尚志高校 1-4(前半0-1、後半1-3)清水エスパルスユース
ジュビロ磐田U-18 1-1(前半0-0、後半1-1)流通経済大学付属柏高校
柏レイソルU-18 3-2(前半2-2、後半1-0)鹿島アントラーズユース

市立船橋高校(千葉)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)の一戦は、18分のFW堀井真海選手のゴールが決勝点となり、浦和が勝点3を積み上げました。尚志高校(福島)と対戦した清水エスパルスユース(静岡)は、1-1で迎えた58分にDFノリエガ・エリック選手(#4)のゴールで勝ち越し。さらに2点を追加し、勝利を手にしました。ジュビロ磐田U-18(静岡)と流通経済大学付属柏高校(千葉)の対戦は、ホームの磐田が先制するも、79分に追いつかれ、勝点1を分け合う結果となりました。柏レイソルU-18(千葉)は鹿島アントラーズユース(茨城)に2度にわたってリードされましたが、FW奥田陽琉選手(#9)の2ゴールで追いつきます。52分にはFW鵜木郁哉選手(#10)のゴールで逆転し、ホームの柏が2連勝を達成しました。

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第4節
2019年4月27日(土)
15:00 柏レイソルU-18 vs 市立船橋高校(日立柏総合グランド(人工芝))
2019年4月28日(日)
11:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 青森山田高校(浦和駒場スタジアム)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 尚志高校(茨城県立カシマサッカースタジアム)
13:00 ジュビロ磐田U-18 vs 大宮アルディージャU18(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ球技場サッカーグラウンド)
2019年4月29日(祝・月)
13:00 清水エスパルスユース vs 流通経済大学付属柏高校(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))

WEST 第4節
2019年4月27日(土)
14:00 アビスパ福岡U-18 vs ヴィッセル神戸U-18(福岡フットボールセンター 人工芝A)
2019年4月28日(日)
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs 愛媛FC U-18(吉田サッカー公園 人工芝グラウンド)
13:00 ガンバ大阪ユース vs 東福岡高校(OFA万博フットボールセンターグラウンド)
14:00 セレッソ大阪U-18 vs 大津高校(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
18:00 京都サンガF.C. U-18 vs 名古屋グランパスU-18(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー