JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 開幕連勝を懸けた一戦は京都に軍配 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第2節
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

開幕連勝を懸けた一戦は京都に軍配 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第2節

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年04月15日

開幕連勝を懸けた一戦は京都に軍配 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWEST第2節

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 WESTは13日(土)と14日(日)に第2節を実施し、ヴィッセル神戸U-18(兵庫)と京都サンガF.C. U-18(京都)が対戦しました。

ピックアップマッチ

ヴィッセル神戸U-18 1-3(前半0-2、後半1-1)京都サンガF.C. U-18

開幕からの連勝を懸けた一戦は序盤から京都のペースで進みます。「試合前のミーティングで前から奪おうと話していた。絶対に奪えると思っていたので、そこからゴールへの切り替えを早くしようと考えていた」と振り返るFW小宮健選手(#11)とMF山田楓喜選手(#10)が前線から果敢なプレスを徹底し、神戸のビルドアップを無力化しました。奪ってからは、素早く神戸DFのスペースを狙うと、22分には左サイドを上がったDF川島功奨選手(#20)の低いクロスが、GKのファンブルを誘発。「シュートのこぼれ球を狙うのがFWの仕事なので、徹底して狙っていた」という小宮選手が押し込み、京都がスコアを動かしました。33分には中央でボールを持った山田選手のパスから、小宮選手が左サイドを突破。ゴール前に入れた低いクロスを反対サイドのMF中野桂太選手(#15)が合わせて、2点差としました。

「もったいない2失点」(野田知監督)を獲り返すため神戸は前半途中からMF山内翔選手(#7)のポジションをトップ下からボランチに変えて、組み立てを改善します。後半に入ってからは交代カードを積極的に活用し、攻勢を強めましたが、「相手が前から来るのは分かっていたので、焦らずにしっかり守備を徹底した」(野浜友哉選手/MF #8)京都の守備を崩せません。京都は集中力を保った守りで我慢の時間をしのぐと、85分にはカウンターから放ったMF川崎颯太選手(#7)のシュートがペナルティーエリア手前でハンドリングを誘発。このFKを山田選手が冷静にゴール右に決めて、神戸を引き離しました。直後の87分にはMF重野祥輝選手(#8)にミドルシュートを決められましたが、反撃を1点のみに抑えた京都が3-1で勝利しました。

監督・選手コメント

野田知 監督(ヴィッセル神戸U-18)
ボランチにボールを入れて前向きの状況をつくれなかったことが悔やまれます。立ち上がりに上手く収まらなかったり、パスミスが多かったため、攻撃のリズムがつくれませんでした。プレスをはがして前に行く回数が増えてもミスが起き、相手の狙っているショートカウンターでチャンスを与えてしまいました。攻撃ももっとボールを回して相手を揺さぶりサイドから仕掛けたかったけど、サイドにボールが入らなかった。今年の課題が改めて出た試合で、もっと成長しなければいけません。

DF #3 東田正樹 選手(ヴィッセル神戸U-18)
失点は全て自分たちのミスから生まれましたし、失点していない場面でも雨のピッチに苦しみ自分たちの技術の無さが露わになりました。クロスを上げられる前に間を通されているのは課題で、ちょっとしたポジショニング修正や声掛けができていれば、防げた失点だったと思います。後半は相手エリアまで押し込む場面が増えましたが、1点しか返せず悔しいです。京都の選手の方が持っている技術を積極的に出して、勢いを持ったプレーをしていたように感じました。

手島和希 監督(京都サンガF.C. U-18)
試合前に「プレッシャーをかけられる場面があれば行こう」と声を掛けて送り出したのですが、立ち上がりから選手が良いプレーをして頑張ってくれました。前半の2ゴールも良いプレッシャーから生まれたゴールだったので良かったです。後半ももう少し攻撃ができれば良かったのですが、攻勢を強めた相手に対してゴール前で頑張って守ってくれました。90分同じゲーム内容を続けるのは難しい。今日は上手く試合の流れを意識し、自分たちの手で勝ちをつかめたと思います。

MF #8 野浜友哉 選手(京都サンガF.C. U-18)
両チームとも開幕戦を勝って良い流れで今節を迎えました。ボールを保持したい相手に対して、昨年から継続している前からの守備が機能しました。奪ってからのショートカウンターで見せ場をつくれたので自分たちの流れに持ち込むことができ、前半のうちに2点取れて良かったです。開幕から2連勝を達成し、自分たちに自信を持ってプレーできています。この良い流れを絶やさないためにもホーム開幕戦である次のセレッソ大阪U-18戦でもしっかり勝ちます。

その他の試合結果

アビスパ福岡U-18 1-2(前半0-0、後半1-2)大津高校
愛媛FC U-18 1-2(前半1-0、後半0-2)ガンバ大阪ユース
サンフレッチェ広島F.Cユース 3-0(前半1-0、後半2-0)セレッソ大阪U-18
東福岡高校 2-4(前半0-1、後半2-3)名古屋グランパスU-18

アビスパ福岡U-18(福岡)との九州対決に挑んだ大津高校(熊本)は後半の2ゴールで勝利し、今シーズン初の勝点3を獲得しました。愛媛FC U-18(愛媛)とガンバ大阪ユース(大阪)の一戦は、前半のうちに愛媛が均衡を崩しましたが、後半に途中出場のMF中村仁郎選手(#25)とFW塚元大選手(#11)が連続ゴールを決めたG大阪が逆転勝ち。セレッソ大阪U-18(大阪)をホームに迎えたサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)はFW棚田颯選手(#9)の得点を皮切りに3点を奪い、快勝しました。名古屋グランパスU-18(愛知)はFW村上千歩選手(#11)とFW光田脩人選手(#18)の得点で東福岡高校(福岡)を引き離し、4-2で試合を終えました。

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第3節
2019年4月20日(土)
11:00 大宮アルディージャU18 vs 青森山田高校(NACK5スタジアム大宮)
2019年4月21日(日)
11:00 市立船橋高校 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
11:00 尚志高校 vs 清水エスパルスユース(郡山市熱海フットボールセンター)
13:00 ジュビロ磐田U-18 vs 流通経済大学付属柏高校(竜洋スポーツ公園サッカー場)
15:00 柏レイソルU-18 vs 鹿島アントラーズユース(三協フロンテア柏スタジアム)

WEST 第3節
2019年4月20日(土)
14:00 京都サンガF.C. U-18 vs セレッソ大阪U-18(京都サンガF.C. 東城陽グラウンド)
2019年4月21日(日)
11:00 名古屋グランパスU-18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(トヨタスポーツセンター(天然芝))
11:00 東福岡高校 vs 愛媛FC U-18(東福岡高校グラウンド)
11:00 大津高校 vs ヴィッセル神戸U-18(大津町運動公園球技場)
14:00 ガンバ大阪ユース vs アビスパ福岡U-18(OFA万博フットボールセンターグラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー