JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > ACL2018 川崎フロンターレがホームでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦

ニュース

ACL2018 川崎フロンターレがホームでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦

2018年03月07日

ACL2018 川崎フロンターレがホームでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 グループFを戦う川崎フロンターレ、は3月7日(水)にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーをホームに迎えます。試合に先立ち、6日(火)に等々力競技場で開かれた公式会見では、両チームの監督と選手が試合に向けて意気込みを語りました。

監督・選手コメント

鬼木達 監督(川崎フロンターレ)
グループステージを突破するという意味では必ず勝点3をとることが必要なので、そこに向けて全力で頑張りたいと思います。選手自身のコンディションがどんどん上がってきているところがありますし、勝負勘も徐々に出てきていると思っています。そして技術的なところで言うと、攻撃の部分で徐々にいろいろなバリエーションも出てきています。最後のフィニッシュのところ、縦に仕掛けるところもそうですし、そういうところが徐々に出てきているので、そこの部分の積み上げを明日の試合で見せていきたいと思います。守備の部分も球際をしっかりと、特にACLはそこの部分は厳しくなってくるので、そこで負けずに結果を求めていきたいと思います。

大島僚太 選手(川崎フロンターレ)
ここで勝てないとグループステージ突破が見えてこないので、全力で勝たなければ思っています。試合をこなしていくことで試合勘もそうですし、課題の部分も選手同士で話し合いながら改善できてきているのではないかなと思っています。そういう部分を明日の試合で出せればと思います。メルボルン・ビクトリーは攻撃陣のどの選手も技術が高く、ミドルシュートなどもあり、とてもレベルが高い印象があります。我々としてはボールに寄せるところなど、普段Jリーグでやっている感覚よりも一歩二歩相手に寄せることをしっかりやらなければと感じています。

ケヴィン・マスカット 監督(メルボルン・ビクトリー)
我々は数日前に日本に到着しました。明日がようやく本番になるということで、選手が気を引き締めながら明日に臨んでいます。ピッチのコンディションもとても良く、明日はとてもクオリティの高いチームを相手にしていくので、我々がそこに対して良いパフォーマンスと良いクオリティを出せるように精一杯頑張っていきたいと思います。

リー・ブロクサム 選手(メルボルン・ビクトリー)
チーム状況はとてもいい状態です。環境に上手く馴染むこともできましたし、選手のコンディション自体もすごく良くなっているので明日の試合を楽しみに頑張っていきたいと思います。

大会期間:2018年1月30日(火)~2018年11月10日(土)

今節の試合情報
3/7(水) 19:00キックオフ
グループF 川崎フロンターレ (日本) vs メルボルン・ビクトリー (オーストラリア)
TV放送:日テレジータス(18:45-21:00)

3/7(水) 19:30キックオフ
グループH シドニーFC (オーストラリア) vs 鹿島アントラーズ (日本)
TV放送:日テレNEWS24(17:15-19:30)

日程・結果など大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー