btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 第23回全日本ユース(U-15)フットサル大会 決勝ラウンド進出チームが出そろう

ニュース

第23回全日本ユース(U-15)フットサル大会 決勝ラウンド進出チームが出そろう

2018年01月08日

第23回全日本ユース(U-15)フットサル大会 決勝ラウンド進出チームが出そろう

愛知県のスカイホール豊田で行われている第23回全日本ユース(U-15)フットサル大会は1月7日(日)に大会2日目を迎え、1次ラウンドの最終節8試合を実施。今大会の決勝ラウンドに進出する4チームが決定しました。

グループAで首位に立っていたブリンカールFC(開催地/愛知)は、サンクFCくりやまU-15(北海道2)と対戦しました。前半を1-1で折り返したものの、後半の立ち上がりに2点を奪取。これで硬さが取れると、その後も得点を重ねて5-1で勝利し、1次ラウンドを3連勝しました。

グループBではユニアオU-15(東海/愛知)が京都Jマルカフットボールクラブ(関西2/京都)と対戦しました。開始早々に京都Jマルカフットボールクラブは1点を先制しましたが、組織的な攻撃を見せてくるユニアオを止めきれません。6分に同点ゴールを決められて1-1で後半を迎えると、13分、14分、15分と立て続けに失点します。1点を返したものの反撃もそこまで。ユニアオが3連勝で準決勝進出を決めました。

波乱が起きたのは、グループCです。初日を終えて2連勝のFCクラッキス松戸(関東/千葉)と1勝1分けで第3節を迎えたFCステラ(北信越2/新潟)の準決勝進出を懸けた一戦の序盤は拮抗した展開となります。その中で熊倉弘貴選手が先制点を挙げると、その直後には熊倉弘達選手が追加点。引き分けでも決勝ラウンドに進出できるFCクラッキス松戸は、よもやの展開に動揺が隠しきれません。前半で4失点、後半も5失点を喫してしまい1-9で敗戦。FCステラが逆転でグループCの首位に立ち、決勝ラウンドに進みました。

各グループ1位のチームが苦しむ中、グループDの長岡JYFC(北信越1/新潟)は安定した強さを見せます。クロスカラーズ(東北/岩手)戦では開始1分に先制点を挙げると、その後も得点を重ねていき、前半だけで8ゴールを挙げて勝負を決めます。後半にも1ゴールを加えた長岡JYFCは、今予選最多の27得点を挙げて、4連覇にまた一歩近づきました。

大会最終日となる1月8日(月・祝)には、決勝ラウンドが行われます。愛知県対決となったブリンカールFC対ユニアオU-15、北信越対決となったFCステラ対長岡JYFCでは、監督の采配も含め、見どころの多い対決になるでしょう。決勝を制し、今年の日本一に輝くのはどのチームか目が離せません。

監督・選手コメント

福田将宗 監督(エフスリーU-15)
初出場で2勝できましたが、決勝ラウンドに行くことを狙っていたので悔しいですね。昨日のユニアオとの試合で、点を取るチャンスを生かせずに、最後に崩れて2失点してしまいました。あそこが今大会の勝負の分かれ目になったと思います。それでも各地域を勝ち上がった強豪の皆さんと対戦できた経験は大きいです。特にうちは最高学年が2年生です。1週間後に来年の大会に向けた新潟予選があるので、そこを勝ち上がって、このメンバーでここに返って来たいと思います。

瀬長盛光 監督(豊見城市立豊見城中学校)
沖縄から来て、初戦で前年度のチャンピオンを相手にどれくらいできるか挑戦しました。やっぱり良いチームで、なかなか自分たちのチームカラーは出せませんでした。沖縄大会で優勝して、ちょっと有頂天になっていた部分もあったと思いますが、全国レベルを経験できて現実が分かったと思います。今日は、ここまでやってきたことを、とことん出し切ろうということで勝ちに行きました。引き分けに終わりましたが、北海道の第1代表を相手に、良い試合ができたなと思っています。

山田裕翔 選手(ブリンカールFC)
去年は一度も勝つことができずに敗退してしまったので、今年は3勝できて、その悔しさを晴らせた感じでうれしいです。この1年、個人技を中心とした攻撃で相手を崩すことに、最も力を入れてきました。その成果が出ていると思います。また、去年の大会に出た経験があるので、そのときほど緊張していないのも大きいです。僕は高校ではサッカーをやるので、この大会でフットサルは最後になります。最後だからこそ、準決勝も勝ち上がって優勝したいです。

荒木基 選手(FCクラッキス松戸)
最後に自分たちの出してきた練習の成果を出せなかったので、未熟でした。引き分けでもいいんだという雰囲気もあったと思いますし、立ち上がりから僕がしっかりとチームに声を掛けられなかったのが原因だと思います。相手は僕たちよりボール回しもうまかったのですが、気持ちの差も出てしまったのかもしれません。こういう結果になってしまいましたが、最後まで諦めずにゴールを目指して戦うことができたので悔いはありません。関東で1チームしか出られない全国大会を経験できたので、誇りに思って高校生活につなげていきたいと思います。

第23回 全日本ユース(U-15)フットサル大会

大会期間:2018年1月6日(土)~2018年1月8日(月・祝)
会場:愛知県/スカイホール豊田

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP