btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 > 最新ニュース一覧 > 皇后杯決勝、I神戸が新潟LとのPK戦の激闘を制して連覇

ニュース

皇后杯決勝、I神戸が新潟LとのPK戦の激闘を制して連覇

2016年12月26日

皇后杯決勝、I神戸が新潟LとのPK戦の激闘を制して連覇

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会は12月25日(日)に千葉・フクダ電子アリーナにて決勝戦が行われ、INAC神戸レオネッサが延長0-0の末にPK戦を5-4で制してアルビレックス新潟レディースに勝利を収め、2年連続6度目の優勝を飾りました。

I神戸GK武仲麗依選手が7人まで続いたPK戦で2本を止める活躍を見せて、2年連続4度目の決勝進出で、悲願の初優勝を狙った新潟Lを阻止しました。

昨年と同じ顔合わせになった決勝でしたが、新潟Lが試合開始から積極的にプレッシャーをかけて優位に攻撃を展開。18分にはMF八坂芽依選手のパスを受けたMF上尾野辺めぐみ選手、36分にはMF佐伯彩選手のシュートが相手ゴールを脅かしますが、、準決勝で負傷したGK福元美穂選手に代わって3試合ぶりに先発したGK武仲選手にいずれも阻止されます。

I神戸は、24分にカウンターからMF中島依美選手がミドルシュートでクロスバーを叩く場面を作ったものの、前半は相手に押される苦しい展開でしたが、後半開始からMF伊藤美紀選手に代えてMF杉田妃和選手が入ると形勢が逆転。中盤でボールを奪うと中島選手を中心に攻撃を仕掛け、シュート10本を放って相手を圧倒します。

58分にはFW大野忍選手のシュートがクロスバーを掠め、62分にはFW髙瀬愛実選手が大野選手の折り返しにヘディングで合わせて左ポストを直撃します。神戸はその3分後に大野選手に代えてFW増矢理花選手を送り出し、攻撃に拍車を掛けます。

しかし、新潟Lも体を張った守備を繰り返してゴールを死守。両チームともに得点を奪えずに延長戦に入ります。

延長前半の96分、新潟Lがショートカウンターから八坂選手がゴールを狙いますが、相手DFに止められます。I神戸は延長後半の115分に中島選手のミドルシュートがクロスバーを叩き、その直後には増矢選手がCKの流れから、さらにアディショナルタイムにはゴール前に切り込んでシュートを打ちましたがいずれも相手GKに止められ、両チーム無得点で120分を終えます。

PK戦では、「今日、いけるんじゃないか」と感じていたというGK武仲選手が、先攻した新潟Lの1番手のDF中村楓選手を止めると、続くキッカー1人ずつが外すスタートに。その後は両者3人ずつが決めますが、後攻のI神戸5番手のDF田中明日菜選手がクロスバーを叩いてサドンデスに突入します。両チームともに6番手キッカーが決めた後、新潟LのDF渡辺彩香選手のキックを武仲選手が再びブロック。最後に増矢選手が冷静に決めて5-4とし、激闘を制しました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

松田岳夫 監督(INAC神戸レオネッサ)
前半は入りが凄く難しく、選手の逸る気持ちと相手のプレッシャーへの対応でギクシャクして、後手後手に回っていました。後半は全体がもう少し高い位置でプレーできるように修正して、ゴールが多少近づいたのですが、最後のところで決めきるべきところでは、まだまだ課題を残したゲームだったと思います。ただ、準々決勝から3戦続けて延長戦で、今日はPK戦にまでなりましたが、そこで勝ちきった結果、タイトルを獲れました。選手の頑張りに拍手を送りたいと思います。この優勝は全員で勝ち取った証だと思っています。

髙瀬愛実 選手(INAC神戸レオネッサ)
3試合連続の延長戦で、簡単には終わらないと感じていましたが、「絶対に勝つ」というみんなの気迫がピッチに出ていました。PK戦に入る時は雰囲気が大事なので「暗い顔はしないで」とみんなに声を掛けました。昨シーズンからハードワークを意識してやって、最後までチームはしっかり動いていたと思いますし、リーグ戦最後の6試合から今日まで負けなしでこられたのも、今まで積み上げてきたものを出せたことが結果に繋がったのだと思います。

中島依美 選手(INAC神戸レオネッサ)
優勝は嬉しいです。去年と同じ対戦カードでしたし、中1日という日程もなかなか厳しかったのですが、チーム全員で戦って、PKでもしっかり勝てたというのは良かったです。自分たちがこの1年やってきたトレーニングと仲間を信じ続けたことで出た結果だと思います。

武仲麗依 選手(INAC神戸レオネッサ)
PKは入って当たり前で、それを1本でも止めればヒーローになれるという思いがあったので、緊張せず楽しくにやれました。相手の顔を見ながら「自分は今日行けるんじゃないか」と感じていました。福元さんの分も含めて、試合に出られないみんなの分も頑張ろうと思っていました。

辛島啓珠 監督(アルビレックス新潟レディース)
4度目の決勝で、全てINACとの対戦で、勝てばクラブとしても初タイトルだったので勝ちたかったですし、残念です。前半は良い形でチャンスを作れましたが、後半、相手に杉田選手が入ると主導権を握られて、我々は守備に回る時間が長くて体力を消耗してしまいました。それでも選手たちが体を張って防いで120分間失点しなかったことは評価したいですが、今後は自分たちが主導権を獲れるようにして、決定機に決めきることが必要です。タイトルを獲るにはまだまだやるべき課題が多いと感じました。さらに上積みしてやっていきたいと思います。

中村楓 選手(アルビレックス新潟レディース)
PKの練習もしていましたが、本番の雰囲気にのまれた感じで、考え過ぎずに蹴ろうと思っていたのですが、蹴る直前に迷ってしまいました。今季の初めは苦しい時期が続いたので、ここまで来られたのは大きいですし、今大会でも無失点で勝ち上がって来られたことは自分たちの成長した部分でもあると思います。来年も自分たちらしさを出していきたいです。

上尾野辺めぐみ 選手(アルビレックス新潟レディース)
前半は自分たちの流れで点を獲っていれば結果が変わっていたと思うので悔いが残ります。後半、相手が選手を代えてくることは想定内でしたが、セカンドボールを獲れなくなって押されっぱなしになってしまいました。そこで我慢強く戦えたのは良かったですが、その後に繋がる攻撃がまだうまく行かなかった。少しずつ自分たちの可能性を感じていて、今年は行けるんじゃないかと全員が感じて臨んでいたので、PKで負けて本当に悔しいです。

JFA-TV

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP