JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第29回全国レディースサッカー大会 > 最新ニュース一覧 > 順位別トーナメントで熱戦が続く 第29回全国レディースサッカー大会

ニュース

順位別トーナメントで熱戦が続く 第29回全国レディースサッカー大会

2018年03月19日

順位別トーナメントで熱戦が続く 第29回全国レディースサッカー大会

第29回全国レディースサッカー大会は3月18日(日)、静岡県裾野市の時之栖スポーツセンターで大会第2日を迎えました。この日は1次ラウンド最終節と、順位別トーナメント1回戦までが行われました。

今大会では、全16チーム中4チームが無失点で1次ラウンドを終えました。各グループで3試合を全勝し、首位通過した4チームです。グループAのUILANI FC(関東1/埼玉)は、この日の最終節でも3得点を追加し、1次ラウンド通算13得点。グループBの広島FCレディース(中国1/広島)も、3得点してゴール数を2桁に乗せました。Legame(東海/三重)は開始から3分間で2点を奪うなど、3-0で勝ってグループC首位を譲らず。グループDでは、ともに2勝していた、おいでやす京都(関西/京都)と 小平サッカークラブ(関東2/東京)が1位トーナメント進出を懸けて直接対決。13分に先制した京都が、2試合で17得点していた小平のシュートを3本に抑えて勝利しました。

強者ぞろいの1位トーナメント1回戦でも無失点を継続したのが、UILANIでした。広島を相手に、ほぼ相手陣で試合を進めて2-0で勝利しました。3連覇という偉業まで、あと1勝に迫っています。決勝でその前に立ちはだかるのが、Legameです。2本に抑えたシュートのうち1本を決められたものの、前半にシュート10本で奪った2得点が効き、京都を2-1で破りました。

2位トーナメントでは、スポーツの森・大津マリノス(九州2/熊本)に先制されながら2分後に追いつき、突入したPK戦の末に勝利した小平が決勝進出を決めました。もう一つの試合も接戦となりましたが、室蘭アイスバーズ(北海道)が1-0で岩手選抜(東北1/岩手)に競り勝っています。

3位トーナメントでも、沖縄県レディース(九州3/沖縄)と八千代ボニットFC(関東4/千葉)の対戦がPK戦にもつれ込みました。後半アディショナルタイムに追いつかれた沖縄でしたが、シュート9本を放った後半の勢いを失わず、勝利しました。高知ユナイテッドSCレディース(四国/高知)と、決勝を戦います。

4位トーナメントでは、この大会で優勝経験のある東京アルテミスSC(関東3/東京)が1-0と勝利。今大会初得点と初勝利を挙げた鳥取レディース(中国2/鳥取)と、決勝で顔を合わせます。

大会最終日となる3月19日(月)には、各順位別トーナメントの決勝と3位決定戦が行われます。全チームにとって、今大会5試合目となる最終戦。最後まで全力を尽くしての熱い戦いが続きます。

選手コメント

佐々木エリカ 選手(岩手選抜)
岩手県ではこの冬の雪が多くて、年明け以降は一度しか練習できませんでした。それでも去年より順位を上げたいと思っていたので、2勝して目標が達成できてよかったです。ボールを蹴るのも久々だったので、今年は助け合って頑張ろうと話していたとおり、声をかけ合って頑張りました。沿岸地方や県北、県南と、県内各地から選手が集まっているので、今年から選抜チームという名前にしました。一緒にボールを蹴りたくて、皆が用事の合間を縫って練習に集まります。「まだ動こう」という目標になることもあり、この大会はすごく良い大会だなと思っています。

不野真奈美 選手(FC.TON トノールドレディース)
とにかくけがなく楽しんで、上位に行けたらいいなと思っていた大会ですが、すごく強いチームばかりで、今日はとにかく1勝を目標に頑張りました。1次ラウンド最終戦では、終盤に怒とうの反撃も受けましたが、何とか勝つことができました。この大会には、名称が「全国ママさんサッカー大会」だった頃から出ていて、12年ぶり4度目の出場となります。うちのクラブのレディース全体では、中学生から50代の方まで50人くらいの選手が活動しています。サッカーが好きだから頑張れるし、パワーの源になっています。この大会も、大事な目標になっています。

中村めぐみ 選手(鳥取レディース)
トーナメントに入って、ようやく勝てました。1次ラウンドでは、押す展開でシュートまで持ち込めてもなかなか決められず、流れが変わって負けるという試合が続いていました。13人しかいないのに3人が負傷と、満身創痍でした。でも、ここまで来たら、最後は勝って終わりたいです。ベテランになって、こう試合が続くと体力的にはきつくなりますが、どこで休んでどこで頑張るかという流れの読みがうまくなってきています。だから、サッカーをしていて楽しいですね。それに全国大会になると、モチベーションが違います。明日は気持ちで頑張ります。

保手濱理恵 選手(広島FCレディース)
1位トーナメントに進めましたが、UILANI FCは強かったですね。研究したところで、手が出ませんでした。点を奪い返すのは難しいと思っていたので、前半は無失点で切り抜けようと話していたのですが、相手は足元も上手で、本当に強かったです。でもこの大会には、勝ち負けを気にするのではなく楽しもう、というコンセプトで臨みました。それが常にできているので、順位は関係ありません。疲れてはいますが、気持ちが良いのでとても楽です。楽しいから、明日も頑張れます。

大会2日目ハイライト

第29回全国レディースサッカー大会

大会期間:2018年3月17日(土)~3月19日(月)
大会会場:時之栖スポーツセンター裾野グラウンド(静岡県裾野市)
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
  • 独立行政法人日本スポーツ振興センター

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー