btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > サッカーファミリー > グラスルーツ > NPO法人ゼロスポーツコミュニケーション(東京都文京区)

NPO法人ゼロスポーツコミュニケーション(東京都文京区)

グラスルーツ
誰もが、いつでも、どこでも、安心してサッカーを楽しめるように!
グラスルーツ
誰もが、いつでも、どこでも、安心してサッカーを楽しめるように!

NPO法人ゼロスポーツコミュニケーション(東京都文京区)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy

団体の理念・ビジョン・方針

日本における子ども達を取り巻く状況を見ると、外遊びの機会が減少し、内遊びの機会が増えるなど、自然や仲間との触れ合い方を知らない子ども達が増えています。また、スポーツの専門性が増し本来スポーツのもつ楽しさや仲間とのふれあいの場の偏りも増えています。そこで、当NPO法人では子どもたちにサッカー及びスポーツを柱としたプログラムを提供し、技術の向上や競技結果の追求だけでなく、人や自然と触れ合うことで協調性や忍耐力等を養い子どもたちの人間形成に役立てていきたいと考えています。
生涯スポーツを推進するための、ベースを子どもの時から養いたいと考えます。

主な活動内容

・地域の少年サッカーチームへの指導者派遣
・年1回(不定期開催)千葉県内にてウィンドサーフィン体験
・セミナー開催(不定期)

私達のグラスルーツ宣言

引退のない、生涯スポーツを形成するためには、少年期からスポーツに親しみ、楽しむ環境が必要と考えます。
そこで、スポーツを競技とはまた違った、体を動かすことを楽しむという観点から、アプローチしていきたいと考えます。
また、年齢と共にスポーツから離れることの無いように、年齢に応じたスポーツの機会を持つことが重要と考えます。
その為には、後進の指導や地域のスポーツ振興など、サッカーおよびスポーツに関わり続けることで引退すること無く続けることができると考えます。

上記宣言を具現化するための活動内容

具体的な内容は、現在、アドバイザーと指導者派遣を行っている少年サッカーチーム(小学校を母体としたチーム)では、ジュニア、社会人、シニアのカテゴリのチームはありますがジュニアユースカテゴリがグランドの都合などでチーム結成が困難なため、卒業した選手達が主に進学している中学校の部活動と連携し、ジュニアからジュニアユース年代への継続した指導を図りることで、小学校卒業を機にサッカーを辞めること無く継続できる環境を整えていきます。
また、中学3年生には春期大会後に受験のために引退するということが多く見受けられるため、当該チームと協力をし、中学3年生に最低週に1回のサッカー等をする場所の提供をしたいと考えております。

活動報告

団体ホームページはこちら

サッカーファミリー

JFA.jp SITEMAP