JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > 本田選手、岡崎選手らSAMURAI BLUEに合流 ~埼玉合宿2日目~

ニュース

本田選手、岡崎選手らSAMURAI BLUEに合流 ~埼玉合宿2日目~

2016年08月30日

本田選手、岡崎選手らSAMURAI BLUEに合流 ~埼玉合宿2日目~

SAMURAIBLUE(日本代表)は8月29日(月)、2018年のFIFAワールドカップ出場権を争うアジア最終予選(Road To Russia)の初戦であるアラブ首長国代表戦 (UAE、9月1日埼玉スタジアム2002)と第2戦のタイ代表戦(6日、バンコク)へ向けた合宿2日目を迎え、所属クラブの試合の都合で到着が遅れていたFW本田圭佑選手(ACミラン)、FW岡崎慎司選手(レスター・シティ)ら海外組5人が合流し、練習に参加しました。

夕方から始まった練習では、週末の試合に出たタイミングや欧州からの長距離移動など、各選手のコンディションに応じて、いくつかのグループに分かれて練習に取り組みました。

本田選手、岡崎選手と同様に、この日帰国して合流したFW武藤嘉紀選手(1.FSVマインツ)、DF酒井高徳選手(ハンブルガーSV)、DF吉田麻也選手(サウサンプトン)はランニングやストレッチなど軽めの調整に終始。本田選手と岡崎選手は、MF長谷部誠選手、MF香川真司選手と2対2のフットバレーでも汗を流しました。

一方、MF柏木陽介選手(浦和レッズ)やMF大島僚太選手(川崎フロンターレ)ら初日から参加している選手たちは、フィジカルトレーニングをこなした後、ポジションごとに3人一組を編成。素早い切り替えや激しい競り合いを意識しながら、狭いエリアで6対6や3対3などの対人練習を行い、さらに、攻撃の組み立ての動きを繰り返し確認しました。

柏木選手は、「出る選手のプレースタイルを常に考えてプレーしないとならない。僕が起点となっていい攻撃が作れたらいい」と話し、プレーのイメージを膨らませている様子でした。

全体練習後には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がDF酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)に、パス受ける相手やドリブルをする相手への身体の寄せ方などを、自ら手本を示しながら細かい動きに注意をするように促していました。

MF清武弘嗣選手(セビージャ)とFW原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)は、30日(火)に合流の予定です。

選手コメント

FW 岡崎慎司 選手(レスター・シティ)
自分が出たらゴールを取らないと意味がないですし、このチームに一番必要なのは自信だと思います。日本はアジアの戦いで苦い思いをしてきていますが、それを払拭しないと前へ進めないと思っているので、そのためには勝ちが必要ですし、勝つためにはゴールが必要です。予選は1試合1試合が重要です。どこにも勝つ可能性があって、ポイントで僅差の展開になってくると思うので、一瞬の隙も見せたくありません。UAE戦へは2日しかありませんが、意識を統一して、チームの土台の部分は突き詰めて臨まなければなりません。守るところを守って、決めるところを決めることが今の日本には必要だと考えています。点を決めてチームを楽にすることを意識してプレーしたいと思っています。

FW 本田圭佑 選手(ACミラン)
心身共に準備はできているつもりです。UAEはしっかり準備してきているでしょうし、身体能力の高い選手も増えてきて、本当にアジアの舞台で戦える顔ぶれになってきていると思います。勝たないといけない相手という認識の中でどうやって勝つか。いいプレッシャーを感じながら、しっかり「やることをやる」というところを徹底すれば必ずできると思います。僕自身は前で出る以上、結果が求められるので、得点に絡む働きをしたい。予選は勢いが大事なので、いい雰囲気で初戦を乗り切りたいです。前回より厳しい予選になるということは、日本が周りの成長に比べて成長率が落ちているということになるので、そうであってはいけないという認識と、僕はそうじゃないという結果を見せたいと思っています。

MF 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)
過去のワールドカップ最終予選のことはあまり覚えていませんが、僕ができることは全力でやりたいと思っています。攻撃でアクセントをつけたいですし、課題の守備も、特長のある選手がいっぱいいるので、そういう人から盗んでいくことで僕自身の成長につながると思って臨んでいます。一緒にやったことがない人とも、U-23でもオーバーエイジの3人が大会ぎりぎりで入ってきた中でもできていた部分はあると思うので、見ながらやれればと思っています。

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
相手はずっと一緒に活動している中で、日本の試合もたくさん見ていると思います。特に(日本の)攻撃の選手はビッグクラブでプレーしている選手が多いので、映像も取り寄せやすいだろうし、情報量は向こうの方がたくさんあると思います。監督も言っていますが、いつもブラジルとやるような気持ちで戦わなければいけないと思っています。前回の対戦では、その前の日本の3試合が良かったのでちょっとした気の緩みや、大会の中で疲れが出たのかもしれません。自分のポジションとしては、そういうところを締めることができる選手になりたいですし、やっていかなければいけないと思っています。

JFA-TV

  • 岡崎慎司 選手(レスター・シティー/イングランド)インタビュー

  • 本田圭佑 選手(ACミラン/イタリア)インタビュー

  • 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)インタビュー

スケジュール

8月28日(日) 17:30 トレーニング ※一般公開(埼玉スタジアムサブグラウンド)
8月29日(月) 17:00 トレーニング ※一般公開(埼玉スタジアムサブグラウンド)
8月30日(火) PM トレーニング ※一般非公開
8月31日(水) 未定 トレーニング ※一般非公開
9月1日(木) 19:35 アジア最終予選(Road to Russia)
vs UAE代表(埼玉スタジアム2002)
9月2日(金) 10:00 トレーニング ※一般公開(浦和駒場スタジアム)
9月3日(土) PM トレーニング ※一般公開未定
9月4日(日) PM トレーニング ※一般非公開
9月5日(月) PM トレーニング ※一般非公開
9月6日(火) 19:15 アジア最終予選(Road to Russia)
vs タイ代表(Rajamangala Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年9月1日(木) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表)vs アラブ首長国連邦(UAE)代表
大会情報はこちら

2016年9月6日(火) 19:15(日本時間21:15)キックオフ(予定)
ラジャマンガラスタジアム(タイ/バンコク)
タイ代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー