JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、アジア最終予選へ始動 ~9月1日にUAE戦~

ニュース

SAMURAI BLUE、アジア最終予選へ始動 ~9月1日にUAE戦~

2016年08月29日

SAMURAI BLUE、アジア最終予選へ始動 ~9月1日にUAE戦~

SAMURAI BLUE(日本代表)は8月28日(日)、2018 FIFAワールドカップロシアへの出場権をかけて行われるアジア最終予選(Road to Russia)の開幕を4日後に控え、埼玉県内で練習を開始しました。日本は9月1日(木)に初戦となるアラブ首長国連邦代表(UAE)戦を埼玉スタジアム2002で、6日(火)には第2戦のタイ代表戦をバンコクで戦います。

合宿初日となったこの日、所属クラブの試合の都合で遅れて合流するFW岡崎慎司選手(レスター・シティ)やFW本田圭佑選手(ACミラン)ら海外組7人を除いた17人が集まりました。

ほとんどの選手はホテルで集合して練習場入りしましたが、MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)とFW宇佐美貴史選手(FCアウクスブルク)は、帰国便の都合で空港からの直行での合流です。

練習開始前にピッチ上で行われたミーティングで、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は厳しい戦いが始まることを改めて指摘。コンディション調整を図って万全の態勢で試合に臨めるよう、選手たちに注意を促しました。

その後、見学に訪れていた多くの子どもたちから「がんばれー!」と元気の良い声援がかかる中、チームはランニング。その中には、負傷のために参加が見送りになったDF長友佑都選手(インテル・ミラン)とDF槙野智章選手(浦和レッズ)に代わって、この日急遽招集されたDF丸山祐市選手(FC東京)とDF遠藤航選手(浦和レッズ)の姿もありました。

ランニング後、GK 3選手とMF山口蛍選手(セレッソ大阪)はフィールドに残り、それ以外の選手たちは前日の試合や長旅を考慮して室内で疲労回復のためのフィットネストレーニングを行いました。

フィールドでは時折雨が降る中、GK の3選手が今合宿から新しく加わったエンヴェル・ルグシッチGKコーチの下、リカバリー中心の内容ながらも、近距離でのキャッチングやペナルティエリア端からのシュートのセービングなどを実施。試合のなかった山口選手は、監督とコーチの直接指導の下、ボールを使ったフィジカルトレーニングや、パスワークからシュートまでの動きの確認などに時間を割いていました。

土曜日の試合終了直後にスタジアムを出て帰国便に飛び乗ったという香川選手は、「なるべく早く帰った方がいいかなと。明日の昼や夜に着くのとはずいぶん違う。時間は十分ある」と意気込みも十分です。

また、今月26日(金)にアーセナルからの期限付き移籍で所属先が決まったFW浅野拓磨選手(VfBシュツットガルト)は「代表にも常に呼ばれてピッチに立てるように。その結果、アーセナルに戻れれば自分の成長につながる」と話しています。

アジア最終予選は来年9月までの間に12チームが6チームずつ2グループに分かれて、ホーム&アウェイの2回戦総当たりで対戦し、各組上位2位までが出場権を獲得します。一方、3位同士はプレーオフで対戦して、勝者が北中米カリブ海地域連盟(CONCACAF)との大陸間プレーオフで残り1枠を競います。グループBの日本はFIFAワールドカップ6大会連続出場を目指して、今回のUAE、タイとの対戦後、年内は10月にイラクとオーストラリア、11月にサウジアラビアと対戦します。

選手コメント

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
最終予選の初戦と2試合目は必ず勝たなくてはいけないと思っています。そんなに甘くないと思っていますが、戦いは1年間続くので、まず勝つことを目標にやっていきます。コンディションは問題ありません。欧州でやっているので湿度が一番厄介ですが、初めてではないので、練習の中で環境に慣れていきたいと思います。UAEに前回AFCアジアカップで負けた悔しさは思い浮かびますが、あの時とは監督も選手も違っていますし、最終予選は別物です。今回、彼らに勝てるようにしっかり準備して、良いスタートを切りたいと思っています。

DF 太田宏介 選手(SBVフィテッセ)
今回選出されて、素直に嬉しかったです。勝利がマストだと思うので、しっかり2勝して帰れるように、個人的に準備してきました。今、このチームにどれだけ貢献できるか、しっかり明日から練習をがんばりたいと思います。試合に出たら積極的にやりたいですし、セットプレーで点を取れるのは特に予選では重要になってくると思うので、そこで自分の特長を出せればいいと思っています。オランダでも練習してきたので、チャンスがあれば蹴りたいです。

MF 山口蛍 選手(セレッソ大阪)
代表に呼ばれることは全然予想していなかったので、驚きはありました。でも呼ばれたからには、自分の特長を活かしてチームに貢献したいと思っています。相手からボールを奪うところは一番評価されているところだと思うので、まずはその部分を出したいですし、どんどん見せていければと考えています。代表に来たらいろいろな刺激があるので、それを自分のプラスに変えていきたいです。

GK 西川周作 選手(浦和レッズ)
新しいGKコーチから、また新しいことを学べるチャンスだと思っています。GKが一番大事なのは基礎だと思うので、確実なものを確実にやりながら、その幅を広げていければと思います。守備の選手が入れ替わっても組織で守りたいですし、練習でコミュニケーションをとっていければ、試合で声が通らない状況でも分かり合えると思います。出る選手が責任を持って、「ワールドカップに絶対に出るんだ」という強い気持ちを持ちながら、まずは初戦をしっかり戦いたい。最終予選、なんとしてもチームに勝利をもたらして、無失点で勝っていきたいです。

スケジュール

8月28日(日) 17:30 トレーニング ※一般公開(埼玉スタジアムサブグラウンド)
8月29日(月) 17:00 トレーニング ※一般公開(埼玉スタジアムサブグラウンド)
8月30日(火) PM トレーニング ※一般非公開
8月31日(水) 未定 トレーニング ※一般非公開
9月1日(木) 19:35 アジア最終予選(Road to Russia)
vs UAE代表(埼玉スタジアム2002)
9月2日(金) 10:00 トレーニング ※一般公開(浦和駒場スタジアム)
9月3日(土) PM トレーニング ※一般公開未定
9月4日(日) PM トレーニング ※一般非公開
9月5日(月) PM トレーニング ※一般非公開
9月6日(火) 19:15 アジア最終予選(Road to Russia)
vs タイ代表(Rajamangala Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年9月1日(木) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表)vs アラブ首長国連邦(UAE)代表
大会情報はこちら

2016年9月6日(火) 19:15(日本時間21:15)キックオフ(予定)
ラジャマンガラスタジアム(タイ/バンコク)
タイ代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー