JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、プノンペンで練習開始 ~FIFAワールドカップ2次予選カンボジア戦へ~

ニュース

SAMURAI BLUE、プノンペンで練習開始 ~FIFAワールドカップ2次予選カンボジア戦へ~

2015年11月15日

SAMURAI BLUE、プノンペンで練習開始 ~FIFAワールドカップ2次予選カンボジア戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月14日、2018 FIFAワールドカップロシア・アジア2次予選第6戦のカンボジア戦へ向けて、プノンペン市内のナショナルオリンピックスタジアムで練習を開始しました。

曇天でスコールが続いたシンガポールから飛行機で約2時間の距離にある当地では、快晴の青空が広がり、日中は強い陽射しが照りつけて真夏を思わせる暑さで、午後5時を過ぎても気温35℃という暑さです。

この日は週末ということもあってか、チームの練習には多くの人々が訪れて、選手たちの動きを見守っていました。その中には、カンボジア日本人学校に通う生徒とそのご家族や友人の姿もあり、その内の約70人の小学生は練習開始前にピッチ上で選手たちと笑顔で記念撮影に臨み、記念に選手のサイン入りペナントを受け取りました。

この日も前日に引き続いて、シンガポール戦に先発したメンバーとそれ以外の選手、GK3選手に分かれての練習で、先発組には前日靴擦れや打撲で別調整だったMF清武弘嗣選手(ハノーファー96)とFW金崎夢生選手(鹿島アントラーズ)も合流して、ランニングやストレッチなどの軽めの調整に終始しました。

控え選手たちは、5対6の編成で攻撃の組み立てをチェックし、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がボールの入れ方、ボールを受けた後の動き方、ボールを持っていない選手の流れ方などを細かく指示。その後のパス交換からのシュート練習でもMF山口蛍選手(セレッソ大阪)やFW宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)らが精力的に取り組んでいました。

17日のカンボジア戦が日本選手には不慣れな人工芝での開催のため、慣れるためにこの日チームは試合会場で練習を行いました。芝に加えて試合球もこれまでと変わって、この試合ではベトナム製のボールが使われる予定です。

練習後、MF遠藤航選手(湘南ベルマーレ)は、「慣れるのに時間はかかるが、今日やってある程度の感触はつかめた。ファーストタッチに気をつけたい」と手応えを口にし、FW本田圭佑選手(ACミラン)は「プロになるまで人工芝でやっていたので違和感はない。それより、ボールの硬さやタッチが違うので、ボールの方が気になる」と話していました。

練習終了時には、子どもたちを中心とした多くの人がスタンドの前方に集まってピッチを引き上げる選手たちに熱い声援を送り、DF長友佑都選手(インテル・ミラン)や本田選手らが手を振って応えていました。

カンボジア戦は17日、19:14(日本時間21:14)キックオフの予定です。

選手コメント

MF 本田圭佑 選手(ACミラン)
シンガポール戦の前半は(6月の)ホームでの戦い方を少し改善できたと思いますし、中と外を使い分けることで先制点が獲れました。個人的には最近点を獲れていなかったので、そういう緊張感の中で結果を残せてよかったです。ただ、コンビネーションを含めて全然整っていなかったことは反省点です。カンボジア戦も当然勝ちに行きます。シンガポール戦よりさらに良い入り方をして、より多くのチャンスを作って点も多く獲れればと思います。あまり遅くならずに先制点が獲れると余裕が出来ると思います。人工芝は跳ね方が全然違うので慣れるまでに時間はかかりますが、僕はプロのなるまでの6年間のほとんどが人工芝だったので、あまり違和感はありません。ただ、ボールが変わって硬さやタッチが違うので、そこは慣れるのが難しいという気がします。

MF 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)
シンガポール戦はメンバーが変わっても勝てたことがチームとして大事だったと思います。自分もまずは試合に出ることを考えて練習に取り組んで、チャンスを貰えたらしっかりと底上げができるように準備をしていきたいです。2列目からの飛び出しや、追加点を獲るにはどうしたらいいかなどを考えながら試合を見ていました。ボランチは層が厚いですし、攻守に活躍できないとポジションを勝ち取るのは難しいと思います。自分は1対1の対応に自信を持って出していきながら、攻撃でもクロスなど、もっと点に絡むプレーをできるようにして成長していきたいと思います。

MF 山口蛍 選手(セレッソ大阪)
人工芝はボールが走らないですし、思ったよりも跳ねます。自分たちがボールを繋いでいる段階で、そういうミスが出てカウンターをくらうのが一番怖いですし、攻撃でもラストパスで精度が落ちることも考えられます。そこは練習からやっていくしかないと思っています。

霜田正浩 日本サッカー協会強化担当技術委員長
監督もコーチングスタッフもパリでのテロ事件の報道に非常に驚いていましたが、すぐに家族と連絡を取り合って無事を確認しました。監督の家族がパリに住んでいることを考えると、心中を察して余りありますが、幸いにも家族には何もなかったということで、我々は試合に集中したいと思います。スタッド・ド・フランス競技場の周辺でも事件があったので今後への影響に懸念もありますが、我々はやるべきことに集中して取り組みたいと考えています。不幸にも今回の事件では多くの方が巻き込まれ、命を落とした方も大勢います。被害に遭われた全ての方々とそのご家族に、心からのお見舞いとお悔やみを申し上げます。

JFA-TV

  • 本田圭佑 選手(ACミラン)インタビュー

  • 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)インタビュー

  • 吉田麻也 選手 (サウサンプトン/イングランド)インタビュー

スケジュール

11月8日(日) AM トレーニング
11月9日(月) PM トレーニング
11月10日(火) PM トレーニング
11月11日(水) PM 公式会見
公式練習(ナショナルスタジアム)
11月12日(木) 3-0 2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs シンガポール代表(ナショナルスタジアム)
大会情報はこちら
11月13日(金) AM トレーニング
11月14日(土) PM トレーニング
11月15日(日) PM トレーニング
11月16日(月) PM 公式会見
公式練習
11月17日(火) 19:14
(現地時間)
2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs カンボジア代表(ナショナルオリンピックスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選

11月17日(火) 日本時間 21:14キックオフ(予定)
カンボジア/ ナショナルオリンピックスタジアム
カンボジア代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー