JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ハリルホジッチ監督、「最も大事なのは勝つこと」 ~FIFAワールドカップ2次予選、シンガポール戦へ~

ニュース

ハリルホジッチ監督、「最も大事なのは勝つこと」 ~FIFAワールドカップ2次予選、シンガポール戦へ~

2015年11月12日

ハリルホジッチ監督、「最も大事なのは勝つこと」 ~FIFAワールドカップ2次予選、シンガポール戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は11月11日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選第5戦のシンガポール戦を翌日に控えてシンガポール市内のホテルで公式会見に臨み、「最も大事なのは勝つこと。だが、出来るだけ多く得点することも期待している」と抱負を述べました。

予選グループEで日本とシンガポールは勝ち点10で並んでいますが、日本は他4チームよりも1試合少なく消化。勝ち点2差で首位のシリアを追っています。シンガポール戦に勝てば、日本はこの日試合のないシリアを抜いて再び首位に立ちます。

日本とシンガポールとの通算対戦成績は、ホームでの6月の予選初戦のスコアレスドローを含めて日本の20勝2分け3敗です。

ハリルホジッチ監督は、「ワールドカップ予選に簡単な試合はない。相手のホームでもあり、前回より難しい試合になるだろう」と警戒をしながらも、できるだけ多くのゴールを奪おうとする姿勢はチームの原動力になり、最終予選への準備になると指摘。「選手たちには固い決意とやる気を見せて、前回のリベンジをして欲しい。この試合をしっかりと突破してくれると思っている」と期待を寄せました。

FW岡崎慎司選手(レスター・シティ)は試合のキーポイントを訊かれて、「早い時間帯、大事な時間帯でのゴール。前回はなかった部分。そこをチームとして求めたい」と力強く話しました。

シンガポールはベテランFW Khairul Amri選手が負傷欠場の見込みですが、前回の対戦でも活躍したGK Izwan Manbud選手やDF Baihakki Khaizan選手らが健在です。

シンガポール代表のBernd Stange監督は、「ここまで勝ち点10を得ていることに胸を張っていい。前回の対戦が単なるアクシデントだったのか、もう一度サプライズを起こせるのか。我々の選手たちに何が出来るのか、明日の試合で目にするのを楽しみにしている」と話しています。

日本の選手たちは、夕方から試合会場のナショナルスタジアムで約1時間の練習で芝の感触を確かめ、冒頭15分以外を非公開にして、戦術の最終確認を行いました。

この会場ではSAMURAIBLUEは昨年10月に完成記念の国際親善試合でブラジルと対戦していますが、最近再び芝を張り替えたばかり。また、雨季に入ったこの時期は特に、開閉式の屋根を閉じると湿気が屋内にこもりがちです。

開閉式屋根のドーム型スタジアムで古巣の大分を思い出して「懐かしい」と言うGK西川周作選手(浦和レッズ)は、「芝は思っていたよりも良いが、湿っていて滑りやすい。グラウンダーのシュートなど伸びるボールに気をつけたい」と気を引き締めています。

日本はここまでの予選4試合で無失点。9月から国際親善試合を含めて4試合にフル出場している西川選手は、「2次予選は無失点で終えると監督も強く言っている。まずは明日の試合を無失点で抑えて次に進みたい。暑さで集中が切れやすい後半は気を引き締めるように、声をかけていきたい」と意気込みを口にしました。

シンガポール戦は12日19:15(日本時間20:15)キックオフの予定です。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
明日の試合で最も大事なのは勝つことですが、できるだけ多くの得点を挙げることも期待しています。そのためには選手たちは固い決意とやる気を見せなくてはなりません。もっともっと向上したいという意欲を持って、得点のチャンスがある限り獲るべきで、それが次の最終予選への準備になります。できるだけ多く攻撃を仕掛けてより多くの点を獲ることは私の哲学でもあります。昨日の戦術練習で2つの解決方法を選手たちに伝え、固い決意とやる気を持って、前回対戦のリベンジをしようと話しました。これまでのところブロックを引いて来る相手との対戦でやりにくくなっていますが、そのような試合では出来るだけ早く得点することが大事ですし、そうできなくても、自信を失わずにやり続けることが大事です。我々の目的は次のカンボジア戦を含め、この2試合に勝つことです。成功裡に終わりたいと思っています。

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラン)
ピッチコンディションは前回(ブラジル戦の時)よりもかなり良くなっていると思います。タイミング良く攻め上がる場面を増やしていけば、中の選手が活きるので、サイドの動きは重要になります。逆サイドとも上手くバランスを見ながら、相手のカウンター狙いへの対策も立ててやっていきたいと思います。相手が引いて来るとスペースがないので、高い位置を取るのか、低い位置で受けてスペースを突いて行くのか、駆け引きが大事になると考えています。

MF 山口蛍 選手(セレッソ大阪)
明日の試合はリベンジというより、勝たなくてはいけないですし、前回は点を獲れていないので、しっかりと点を獲れるようにしたいです。相手は引いて来ることが想定されるので、裏のスペースだけでなく、幅のある攻撃も必要なので、そういうボールの動かし方ができればと思っています。試合に出る選手は試されている面が強いですし、その中で結果を残し続けていかなくてはいけないのは間違いありません。スタートからでも後からでも、試合に出れば自分の仕事をしっかりやることが大切だと思っています。

GK 西川周作 選手(浦和レッズ)
今日まで良い準備ができたので試合を楽しみたいですし、無失点でチームが勝てるようにやりたいと思います。自分たちがボールを持っている時は自分もリベロという意識で積極的にボール回しに参加したいですし、後ろからしっかりとつなぐことができれば良い攻撃ができるので、ミスを恐れずにトライして、ゴールにつながるようなパスを出していければと思っています。

Bernd Stange シンガポール代表監督
東京でのことがアクシデントだったのか、もう1回サプライズを起こせるのか、皆が大変興味深くこの試合を見ています。我々の選手にとっては、素晴らしいチャレンジの機会です。予選のここ2試合に比べて、明日に向けてより良い準備が出来ています。チームは、勝ち点を積み上げて2019年AFCアジアカップ出場を手にしたいと意気込んでいます。

JFA-TV

 

  • 長友佑都 選手(インテル・ミラノ/イタリア) インタビュー

  • 山口蛍 選手(セレッソ大阪) インタビュー

  • 岡崎慎司 選手(レスター・シティー/イングランド) インタビュー

スケジュール

11月8日(日) AM トレーニング
11月9日(月) PM トレーニング
11月10日(火) PM トレーニング
11月11日(水) PM 公式会見
公式練習(ナショナルスタジアム)
11月12日(木) 19:15
(現地時間)
2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs シンガポール代表(ナショナルスタジアム)
大会情報はこちら
11月13日(金) AM トレーニング
11月14日(土) PM トレーニング
11月15日(日) PM トレーニング
11月16日(月) PM 公式会見
公式練習
11月17日(火) 19:14
(現地時間)
2018FIFAワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼AFCアジアカップUAE2019予選
vs カンボジア代表(ナショナルオリンピックスタジアム)
大会情報はこちら

2018FIFA ワールドカップロシア™ アジア2次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選

11月12日(木) 日本時間 20:15キックオフ(予定)
シンガポール/ナショナルスタジアム
シンガポール代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域を除く)
大会情報はこちら
スタジアムでのグッズ販売のお知らせ

11月17日(火) 日本時間 21:14キックオフ(予定)
カンボジア/ ナショナルオリンピックスタジアム
カンボジア代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
日本テレビ系にて全国生中継
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー