JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > アジア最終予選(Road to Russia) [6/13] TOP > 最新ニュース一覧 > ハリルホジッチ監督「全てを出して勝つ努力を」 ~FIFAワールドカップ最終予選イラク戦へ~

ニュース

ハリルホジッチ監督「全てを出して勝つ努力を」 ~FIFAワールドカップ最終予選イラク戦へ~

2017年06月13日

ハリルホジッチ監督「全てを出して勝つ努力を」 ~FIFAワールドカップ最終予選イラク戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)は6月12日(月)、2018年FIFAワールドカップアジア最終予選第8戦のイラク戦を翌日に控えて、試合会場であるテヘランのPASスタジアムでの公式トレーニングで最終調整を実施。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は公式会見で「我々にとって最も大事な試合。全てを出して勝つ努力をしなければならない」と話しました。

最終予選も残り3試合となり、日本はグループBで7試合を終えて5勝1分1敗で首位に立っています。日本が予選のなかった6月8日に2位のサウジアラビアに3位のオーストラリアが3-2で勝って、日本とサウジアラビアと勝点16で並びました。

日本は現地の厳しい暑さと高地での環境を考慮して、9日から現地で練習を重ねてきました。この日の練習で前日まで別調整だったMF山口蛍選手(C大阪)も全体練習に加わりましたが、中盤の選手に怪我人が相次ぎ、ハリルホジッチ監督も「我々が難しいのは中盤」と述べていました。しかし、公式会見では「この2日ほど素晴らしい戦術練習ができた」と話し、手応えを感じている様子でした。

イラクは最終予選7試合を終えて勝点4でグループ5位に位置し、今予選突破の可能性はありません。昨年10月の前回の対戦では、日本がホームで2-1で勝ちましたが、今回は次の大会へ目標を切り替え、5月下旬に新たに元イラク代表DFのバシム・カシム監督を招聘。リオデジャネイロ五輪のメンバー主体でチームの再構築を始めています。日本戦へ向けて、親善試合2試合を実施して調整。今月1日に国内でヨルダンに1-0で勝利し、同7日にはUAEで韓国と0-0で引き分けました。

FIFAランクでは日本の45位に対してイラクは120位ですが、ハリルホジッチ監督は「イラクはメンタルもフィジカルも強いチームで、クオリティの高い選手が揃っている。監督が代わったことで、選手のモチベーションがさらに高くなっている」と指摘。「日本代表が成功するために大勝負をしなければならない相手だ」と話しています。

チームはこの日、キックオフに合わせて試合会場で約1時間の調整で戦術の確認を行いました。

DF吉田麻也選手(サウサンプトン)はピッチ状態について「所どころでバウンドが変わるので、イレギュラーを想定しながらプレーしなければいけない」と話し、「自分たちのミスでピンチを招くと、フィジカル的にも精神的にもきつくなる。明日は本当に賢くプレーしなければいけない」と話していました。

ハリルホジッチ監督は、「我々には強い覚悟を持った勇敢な選手が必要で、勇気を持ってアグレッシブに戦い、自分たちの能力を全て出せれば、我々は大きな仕事ができると思う」と、選手たちに期待を寄せています。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
イラクは素晴らしいチームで、選手の90%がリオデジャネイロ五輪を経験しており、メンタルもフィジカルも強く、非常にクオリティの高い選手が揃っています。監督が代わったことで、選手のモチベーションもさらに高くなっているでしょう。日本代表が成功するために大勝負をしなければならない相手ですここ数日は素晴らしい戦術練習ができました。強い覚悟を持った勇敢な選手が必要で、勇気を持ってアグレッシブに戦い、自分たちの能力を全て出せれば、我々は大きな仕事ができると思います。

この暑さでは健康上のリスクが懸念されるので、水分補給が大事です。高地でもあり、心理的にも簡単ではありませんが、全ての面で準備に努めてきたので、あとは選手が責任を持ってプレーするだけです。イランとイラクの皆さんには、大変なことが起きているにも関わらず我々を迎えてくれた、素晴らしいホスピタリティに感謝しています。練習会場、試合会場もきれいなところを用意していただき、チームを代表して感謝申し上げます。

DF 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
今までにないくらい若いメンバーが今回招集されていて、ケガ人が多くて、今まで経験のある選手が試合に出ていない状況もあります。そこをうまく僕自身もリードしていければと思いますし、審判やこの環境を踏まえてしっかりプレーしなければいけません。前回のイラク戦では不必要なファウルが多かったので、そこはしっかり注意して、集中力を欠かさずに一人一人がしっかり自分の責任を全うできるかどうかが大事になってくると思います。

FW 大迫勇也 選手(1.FCケルン)
今までで一番暑いかもしれませんが、相手も一緒です。気持ちの部分で切らさないようにしたいです。勝つことだけです。90分が終わった時に僕らが勝っていることが大事なので、先制点も重要ですけど、最初だけでも後半だけでもなく、90分通してしっかりとした戦い方ができればいいと思っています。

DF 遠藤航 選手(浦和レッズ)
暑さはずっとやってきて少しずつ慣れてきました。ピッチはボールの動きが少し止まるところがあったので、そこは注意しなくてはならないと思います。選ばれたからには常に試合に出る準備はしていますし、出る機会があれば、そのチャンスを掴む気持ちを持って試合に出たいです。ここまでいい準備が出来ているので、ピッチに立てたらしっかり自分の仕事をしたいです。

バシム・カシム(イラク代表)監督
我々の準備状況はとてもいいと思います。国内でヨルダンと、UAEで韓国と対戦して、いい試合ができました。日本戦への準備はピークを迎えていると思います。前回は最後にセットプレーで失点してしまいましたが、イラクはいいプレーを見せたと思いますし、あの試合だけでなく、日本戦では常に良い試合をしています。我々は明日も良い試合をして、イラクがワールドカップで戦える力量を示す証明ができればと思っています。

スケジュール

5月28日(日) 17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月29日(月) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月30日(火) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月31日(水) 10:30/17:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月1日(木) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
6月2日(金) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
6月3日(土) 10:30/17:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月4日(日) 10:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月5日(月) PM トレーニング *
6月6日(火) 17:00
17:30
公式会見(東京スタジアム)
公式練習(東京スタジアム)*
6月7日(水) 1-1 キリンチャレンジカップ2017
vs シリア代表(東京スタジアム)
6月8日(木) AM トレーニング
6月9日(金) PM トレーニング
6月10日(土) PM トレーニング *
6月11日(日) PM トレーニング *
6月12日(月) 未定 公式会見
公式練習(PAS Stadium)*
6月13日(火) 17:00 アジア最終予選
vs イラク代表(PAS Stadium)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※「*」は冒頭15分のみメディア公開となります。

アジア最終予選(Road to Russia)

2017年6月13日(火) 16:55 キックオフ(予定)
[ 日本時間:6月13日(火) 21:25 キックオフ(予定) ]
イラク代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
イラン/PAS Stadium

大会情報はこちら

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー