JFA.jp

JFA.jp

EN

選手情報

他の選手をみる

強靭なフィジカルを生かし前線で起点となる、日本屈指のポストワーカー。フィニッシュワークのバリエーションも多彩で、様々な形からゴールを奪い取る。
早くから全国のその名をとどろかせ、鹿児島城西高の3年次には、全国高校選手権で1大会における歴代最多となる10ゴールを記録。圧巻のパフォーマンスを示し、準優勝に大きく貢献した。
2009年に鹿島アントラーズに加入すると、1年目から試合に絡み、2年目からはレギュラーに定着。2013年には19得点を挙げて、翌年の海外移籍へとつなげた。
2014年1月に、ドイツ2部のTSV1860ミュンヘンに移籍。翌シーズンには1部のケルンにステップアップを果たし、4シーズンに渡って活躍。来季からはヴェルダー・ブレーメンでプレーすることが決定している。
2012年のロンドンオリンピック 出場は逃したものの、2013年7月の中国戦でA代表デビューを果たすと、その後もコンスタントに招集され、2014年のブラジルワールドカップメンバーに。ハルルホジッチ体制下では、当初は招集機会が少なかったものの、最終予選の後半から存在感を高め、以降は1トップのレギュラーとしてピッチに立ち続けている。
ブラジル大会では2試合に出場も無得点に終わり、悔しさを味わった。その屈辱を晴らすべく、ロシアへと乗り込む。

  • OFFICIAL PARTNER
  • KIRIN
  • OFFICIAL SUPPLIER
  • adidas
  • SUPPORTING COMPANYSUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞 SAISON CARD 大東建託 Family Mart JAPAN AIRLINES au Mizuho MS&AD

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー