JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 第23回全日本フットサル選手権大会 すみだバッファローズが決勝ラウンド進出を決める

ニュース

第23回全日本フットサル選手権大会 すみだバッファローズが決勝ラウンド進出を決める

2018年03月04日

第23回全日本フットサル選手権大会 すみだバッファローズが決勝ラウンド進出を決める

3月3日(土)、第23回全日本フットサル選手権大会の1次ラウンド第2節が各地で行われました。第2節を終えてグループBのフウガドールすみだバッファローズ(関東3/東京)が、決勝ラウンド進出を決めています。

大会初日にバサジィ大分(Fリーグ)を破る波乱を起こしたすみだバッファローズは、第2節でFリーグのアグレミーナ浜松と対戦しました。2分に中村友亮選手の先制点を許したすみだバッファローズでしたが、すぐにオウンゴールで同点に追いつくと、キャプテンの清水誠也選手がハットトリックを達成する活躍もあり、5-2で勝利。今大会は勝点で並んだ場合、当該チームの直接対決の結果で上位が決まるレギュレーションとあり、最終節で対戦するミカロ仙台(東北/宮城)が第2節を終えた時点で勝点0のため、すみだバッファローズが一番乗りで決勝ラウンド進出を確定させました。

グループCの第1試合では、エスポラーダ北海道(Fリーグ)が、メンバーオブザギャング(東海2/三重)と対戦。キャプテンの酒井遼太郎選手がハットトリックを達成するなど得点を重ね、6-1で勝利を収めました。

また第2試合では、湘南ベルマーレ(Fリーグ)がSWHフットサルクラブ(関西2/兵庫)に8-2で勝利。エースのロドリゴ選手が5ゴールに絡む躍動を見せ、チームを引っ張りました。2試合を終えた時点で、得失点差で3上回っている湘南が首位に立ち、エスポラーダとの1次ラウンド最終節を迎えます。

グループDの第1試合では、来季から新設されるFリーグディビジョン2に参戦することが決まっているボアルース長野(北信越/長野)とリガーレ東京(関東1/東京)が対戦し、互いの意地がぶつかり合った好ゲームとなりました。前半に2度の第2PKを得たリガーレは、碓井孝一郎選手がその好機を生かして2ゴールを記録。米谷悟選手も1得点を取り、前半で3点をリードしました。後半に入って守備を修正した長野は、良い形でボールを奪ってカウンターを仕掛け、2点を返します。その後も同点ゴールを目指して最後まで戦いましたが、リガーレが守り切り3-2で大会初勝利を挙げました。

続いて行われたシュライカー大阪(Fリーグ)と広島大学体育会フットサル部(中国/広島)による第2試合では、前回大会王者の大阪が、圧倒的な攻撃力を見せつけます。4分にクレパウジ・ヴィニシウス選手のゴールで先制すると、前半終了間際にも、今季限りで現役を引退する佐藤亮選手、チアゴ選手が得点を重ねます。さらに後半は次々とゴールを陥れ、9得点を加えました。広島大も日下将太選手が1点を返しましたが、今大会2連敗となっています。長野との対戦を残す大阪は、最終節に引き分け以上の結果で決勝ラウンド進出が決まります。

4日(日)に1次ラウンドの最終節が行われ、グループステージを突破する全6チームが出そろいます。日本一を懸けた決勝ラウンドに駒を進めるのは、どのチームになるのでしょうか。ぜひともご注目ください。

監督・選手コメント

酒井遼太郎 選手(エスポラーダ北海道)
昨日、不甲斐ない試合をした後に6-1という大差で勝利できたので、この結果には満足しています。ただ、最後に喫した1失点に関しては、マークがぼやけてしまった部分がありました。そういう隙を見せると、明日対戦する湘南ベルマーレにはやられてしまうので、注意したいです。今日はハットトリックすることができましたが、私はとにかく負けず嫌いなので、明日の試合は自分が点を取れなくてもいいので、とにかく勝ちたいです。

渡辺平太郎 監督(SWHフットサルクラブ)
今大会は相手がFリーグのクラブだからとかは関係なく、僕たちがやりたいこと、僕たちが一年間やってきたことを出すのをコンセプトに掲げて、自分たちの立ち位置を知ることを目的にやってきました。体格差やフィジカルの違いがプレッシャーになり、うまくいかないことがたくさん出たと思います。僕らはこのグループで一番のチャレンジャーです。最後の試合でも一矢報いるという気持ちで臨み、一勝して帰りたいと思います。

竹内謙太 選手(ボアルース長野)
2年前の地域チャンピオンズリーグで0-3で負けた相手との再戦だったので、そのリベンジのつもりで試合に臨んでいました。その気持ちが強く出て前半にファウルを重ねる結果になってしまったと思いますが、自分たちがやろうとしたことをやったので後悔はありません。僕は今大会で現役を引退します。次の試合に勝てば、決勝ラウンドに行ける可能性はありますが、そんな大きなことは言えません。現役最後の試合にシュライカー大阪というディフェンディングチャンピオンと戦えるフットサル人生は想像していませんでした。明日はその相手とどこまで戦えるかを確かめたいと思います。

渡邊晃大 選手(広島大学体育会フットサル部)
「本気で勝負しにいこう」という前向きな気持ちで試合に臨みました。結果として大差がついてしまったので、見ていた方に伝わったかは分かりませんが、全員が完全燃焼で最後まで走り切れました。その意味では結果的に良い経験になったと思います。僕たちの目標は夏のフットサル大学選手権で優勝することです。今回、それよりも大きな舞台に立たせてもらったことは非常に良い経験になりました。明日、もう1試合ありますが、ぜひ勝点3を取り、そこにつなげたいと思います。

佐藤亮 選手(シュライカー大阪)
比嘉リカルド監督になってから守備に関しては、マンツーマンからゾーン気味になり、こちらから罠を仕掛けるようなディフェンスになっています。オフェンスは、木暮賢一郎前監督のときにやってきたことも生かせていると思います。僕たちは決勝ラウンドに行かないといけない立ち位置にいると思いますし、勝ち上がればFリーグのプレーオフで勝てなかったペスカドーラ町田と戦えるというモチベーションもあるので、その借りを返せるようにしたいと思います。

第23回 全日本フットサル選手権大会

1次ラウンド
大会期間:2018年3月2日(金)~4日(日)
会場:静岡県/エコパアリーナ、大阪府/岸和田市総合体育館、兵庫県/グリーンアリーナ神戸
※1次ラウンド観戦無料!

決勝ラウンド
大会期間:2018年3月9日(金)~11日(日)
会場:東京都/駒沢オリンピック 公園総合運動場体育館

大会情報はこちら
決勝ラウンドチケット情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー