btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-15日本女子選抜、4日間のトレーニングキャンプを打ち上げる

ニュース

U-15日本女子選抜、4日間のトレーニングキャンプを打ち上げる

2015年12月08日

U-15日本女子選抜、4日間のトレーニングキャンプを打ち上げる

12月4日(金)から行われたトレーニングキャンプはあっという間に最終日を迎えました。

これまでと同様にテーマに合った映像を確認し、イメージを描いてからピッチへ向かいました。トレーニングの最後には紅白戦を行い、ハードな4日間の活動をうちあげました。最後は、大部監督、西村コーチ、加藤GKコーチ、そして勝谷ドクターから参加選手へアドバイスとエールが送られ、白井選手の「次はU-17日本代表で再会しましょう!」という力強い言葉で締めくくって、それぞれの帰路につきました。

監督・選手コメント

大部由美 監督(JFAナショナルトレセンコーチ)
10月のトレーニングキャンプから2ヶ月を経て2回目の活動を迎えました。「4日間、常に先のことを考えて、同時に2つ3つのことが視野に入るように」と伝え、オンザピッチとオフザピッチ双方に働きかけるよう取り組みました。初めは一つの事に集中すると周りが見えず、エラーが先行していましたが、徐々にまわりが見え始めると準備が早くなり、周囲と共有することや予測してケアをすることが出来るようになりました。また自己管理に関しても、栄養とセルフケアのレクチャーを受け、自分と向き合うことの大切さを再確認しました。

ドーピングに関するレクチャーではアスリートとしての自覚を促しました。課題は多くあり、選手は自分自身でその課題を自覚しています。そして克服するためには、日常のオフザピッチとオンザピッチでのハードワークが足りていないことも理解しています。限られた日常のトレーニングでいかに強度を上げていくかを課題として持ち帰り、取り組むよう伝えました。彼女たちには、来年ヨルダンで開催されるFIFA U-17女子ワールドカップという近い目標があります。まずはそこを目指しながら、さらに上を目指しレベルアップしてほしいです。

轡田歩 選手(浦和レッドダイヤモンズレディースユース)
キャンプ中の練習試合では開始直後にスピードや相手の裏への長いボールについていけず、失点してしまいました。ボールだけを見るのではなくスペースと相手を見られる位置にポジションを取ることが大切だと思います。攻撃では、もっと顔を出してボールに関わり続けなければいけなかったと思います。明日はたくさんボールに関われるようにどう動くかということを考えながらプレーしたいと思います。私は中学1年生からたくさんのエリートキャンプを経験してOn the pitchだけでなくOff the pitchの大切さを学んできました。食事のバランスや盛り上げるための勇気などもとても大切です。少しずつ声をかけられるようになってきたと思いますが、まだリアクションが薄いので、もっと反応をはっきりしていきたいと思います。

柴山史菜 選手(NGU名古屋FCレディースユース)
食事や怪我、ドーピングについてのレクチャーを受け、5大栄養素の復習やエネルギーの源となるものについて学びました。バランスよく食べることが大切だと思いました。また、怪我をした時の「安静」「冷却」「圧迫」「挙上」が大切で、怪我をしないために適度な柔軟性やバランス能力、食事、睡眠、トレーニングが重要であることも知りました。ドーピングのレクチャーでは、検査を断ってはいけないことや、市販の薬に含まれている可能性があることを知りました。私達は常にその対象であるため、気をつけなければいけないと思いました。

梶井鈴音 選手(ASエルフェン埼玉マリ)
食事についてのレクチャーを受けて、知らなかったこと、今まで曖昧だった知識をしっかりと学ぶことができてよかったです。今まではエネルギー源になるのは糖質とタンパク質だと思っていました。しかし、脂質も入ることも知りました。サッカーの練習後1時間以内におにぎりなどを食べたほうが良いなど、日常でもいかせる知識を学ぶことができました。栄養だけでなく、ドーピングのことも学びました。薬局の薬でもドーピングの検査に引っかかってしまう「うっかりドーピング」があることなど、知らないと困ることも教えてもらったので、これからも忘れないように活かしていきたいです。

植田真以 選手(徳島ラティーシャ)
クロスの攻防での守備では、ボールを視野に入れながらマークを離さない身体の向きや、コンパクトな守備をするための寄せ方、守備の際に気をつけるべきことなどを学びました。また相手との駆け引き、その重要性も学びました。失敗を恐れずにチャレンジすることがとても大切です。レクチャーでは、怪我をした時の初期対応や食事の重要性も教わったので、ご飯もしっかり食べようと思います。練習や試合中の水分摂取もとても重要だと学んだので、特に夏には試合の前にもきちんと水分をとらなければなりません。今回学んだことをこれからの活動でも活かしていきます。

スケジュール

12月4日(金) PM トレーニング
12月5日(土) AM/PM トレーニング
12月6日(日) 9:00
PM
トレーニングマッチ
トレーニング
12月7日(月) AM トレーニング
関連情報
アーカイブ
NEWS メニュー

協賛

  • 株式会社ナイキジャパン

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP