btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介vol.2 第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

ニュース

出場チーム紹介vol.2 第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

2014年11月13日

出場チーム紹介vol.2 第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

2014年11月29日(土)~2015年1月1日(木・祝)に第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会を開催します。日本国内における女子のサッカー技術の向上と健全な心身の育成を図り、広く女子サッカーの普及振興に寄与することを目的とし、中学1年生以上の登録選手を対象とした国内で最も権威のある単独チームの大会として実施します。日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)所属 10チームと地域予選を勝ち抜いた26チームがノックアウト方式で対戦します。

今回は下記4チームをご紹介します。

岡山湯郷Belle(なでしこリーグ/岡山県)

美人の湯として知られる湯郷温泉のある美作市(岡山県北部)を本拠地とし、「スポーツといで湯の町」をキャッチフレーズに2001年5月に誕生。皇后杯では、一戦一戦ベストを尽くし、最後までチーム全員で「優勝」を目指して戦いたいです。

種田佳織 監督
皇后杯での「優勝」を目指して、どの試合でも、全てのプレーを全力で挑み、選手、スタッフが「ひとつ」になって一戦一戦チャレンジしていきたいです。ご声援よろしくお願いします。

福元美穂 キャプテン
今シーズン最後の大会でチームとして納得のいく戦いができるよう、最後まで足を止めずに悔いの残らない試合をしたいです。私達を支えてくださる沢山の方々への感謝の気持ちを持って、選手および関係スタッフ含めチーム全員で優勝目指して頑張ります! ご声援よろしくお願いします。

聖和学園高校(東北3/宮城)

「変化ある攻撃、確実な守備」をテーマとし、インテリジェンス溢れる、エレガントで、ファンタジーな攻撃サッカーを展開し1戦1戦大切に戦い全力を尽します。創部1985年。

国井精一 監督
皇后杯という国内最高の権威ある大会に東北代表として出場できることを誇りに思います。
高校生のチームらしく全員で力を合わせ溌溂と一瞬一瞬全力でプレーしたいと思います。2年振り11回目の出場です。

安部由希子 キャプテン
私たちはこの大会に出場できることを非常に光栄に嬉しく思います。チャレンジ精神を忘れずにこの大会で最高のプレーができる様に準備をして臨みたいと思います。同時に多くのものを学んで帰りたいと思います。

ノジマステラ神奈川相模原(関東1/神奈川)

2012年2月、㈱ノジマの女子サッカー部として創部致しました。
神奈川県初の「なでしこ」リーグ入りを目指すとともに、神奈川県内の女子サッカーの普及、発展にも寄与すべく活動しております。
チーム名のステラはイタリア語で星を意味し、チームは女子サッカーでの一番星を目指しています。

菅野将晃 監督
女子サッカー日本一を決める伝統と名誉ある本大会に3年連続3回目の出場出来る事を光栄に思います。栄えある元旦決勝を目指し、一戦一戦全力で戦いたいと思います。

尾山沙希 キャプテン
最後まで全力で戦い抜きます。ステラに関わる全ての仲間と自分を信じ、勝利を目指します。
応援宜しくお願い致します。

日本体育大学(関東2/神奈川)

日本体育大学女子サッカ―部は「クリエイティブでアグレッシブに攻守にわたり攻撃的なサッカー」を披露し一戦一戦全力で勝利を目指して戦います。宜しくお願いします。

矢野晴之介 監督
ただ勝つことだけを目指すのではなくサッカーを通して人間性を磨き日々成長出来るよう、どのようなことにも自ら主体的に取り組み活動しています。いつも笑顔を忘れず、常に全力で一戦一戦を戦います。宜しくお願いします。

伊藤侑菜 キャプテン
昨年は二回戦敗退という悔しい思いをしたので、今年は三回戦以上を目標に、チーム一丸となって一戦一戦全力で臨んでいきます。宜しくお願い致します。

第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

2014年11月29日(土)~2015年1月1日(木・祝)
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー
[an error occurred while processing this directive]

JFA.jp SITEMAP