JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表候補 ~大阪府J-GREEN堺でのトレーニングキャンプが終了

ニュース

U-16日本代表候補 ~大阪府J-GREEN堺でのトレーニングキャンプが終了

2019年05月17日

U-16日本代表候補 ~大阪府J-GREEN堺でのトレーニングキャンプが終了

トレーニングマッチ U-16日本代表 vs. 興国高校
2019年5月14日(火) キックオフ時間 15:00 試合時間 40分×3本
J-GREEN堺(大阪府堺市)

U-16日本代表 5-0(1本目3-0、2本目2-0、3本目0-0)興国高校

得点
17分 豊田晃大(U-16日本代表)
19分 河野孝汰(U-16日本代表)
39分 河野孝汰(U-16日本代表)
73分 諏訪間幸成(U-16日本代表)
78分 野澤零温(U-16日本代表)

1本目スターティングメンバー
GK:彼島優
DF:波本頼、森田翔、工藤孝太、松木玖生
MF:中村仁郎、遠山悠希、安田虎士朗、豊田晃大
FW:河野孝汰、千葉 寛汰

2本目スターティングメンバー
GK:梶原駿哉
DF:田中隼人、諏訪間幸成、菊地脩太、尾崎優成
MF:青木俊輔、東廉、藤原健介、阿野真拓
FW:野澤零温、勝島新之助

3本目スターティングメンバー
GK:田中春希
DF:松木玖生、菊地脩太、田中隼人、森田翔
MF:三木仁太、熊取谷一星、森田大智、青木俊輔
FW:原直生、勝島新之助

交代
30分 彼島優 → 梶原駿哉
60分 梶原駿哉 → 田中春希
86分 菊地脩太 → 波本頼
90分 田中春希 → 近野勝大
100分 青木俊輔 → 安田虎士朗
100分 森田翔 → 東廉
100分 菊地脩太 → 工藤孝太
100分 松木玖生 → 諏訪間幸成
100分 田中隼人 → 波本頼

マッチレポート

U-16日本代表候補は15日(水)、大阪府J-GREEN堺で実施した4日間のトレーニングキャンプを終えました。

14日(火)の午後は、興國高校とのトレーニングマッチを実施。試合前のミーティングで濱崎監督は「上を目指す中ではたとえトレーニングマッチであっても勝たないといけない。さらに、ただ勝つだけではなく、トレーニングでやってきた、常にゴールを意識してプレーすること」と話しました。

試合は一本目17分、右サイドから攻め上がり中央の豊田晃大選手に繋ぐと、見事なスクリーンで相手を交わし、そのまま左足を振り抜き先制点を奪います。その直後の19分にも、中村次郎選手が右サイドを突破し中央に丁寧なパスを送ると、河野滉太選手が冷静に合わせて追加点を奪います。
39分には千葉寛汰選手が中央でドリブルを仕掛け、放ったシュートはゴールポストに当たりますが、その跳ね返りを再び河野滉太選手が流し込み、1本目を3-0のリードで終えます。
メンバーを入れ替えて臨んだ2本目の73分、左サイドで得たフリーキックを諏訪間幸成選手がヘディングで合わせてゴールを奪います。
また、78分には野澤零温選手が中央を突破し、相手を交わしてゴールを決めて5-0とリードして2本目が終了します。
3本目もメンバーを入れ替えて臨みましたが、互いにチャンスを作るもスコアは動かず、40分×3本で行ったトレーニングマッチは、5-0で終了しました。

最終日の15日(水)は、午前中のトレーニングで実紅白戦を実施し、キャンプの成果を確かめて4日間のキャンプを終えました。

選手コメント

GK 近野勝大 選手(柏レイソルU-18)
今回のトレーニングキャンプでは、自分を含めて初招集のメンバーが多く、4日間という短いキャンプの中でコミュニケーション能力が必要不可欠でした。また、練習に対して受け身になるのではなく、自分の考えも取り入れて実践することの重要性も感じました。練習や興国高校との練習試合で生まれた個人としての課題を、自チームに戻ってから改善したいと思います。現状に満足せず、より高みを目指して練習していきたいと思います。

DF 田中隼人 選手(柏レイソルU-18)
今回、このキャンプでは初めて顔を合わす人が多かったですが、すぐにコミュニケーションを取れたので良かったです。興國高校とのトレーニングマッチでは、ディフェンスとして無失点で終われたことが大きな収穫でした。ただ、その中でもゴール前の守備には課題が残りました。ここで得たことを今後に活かしていきたいと思います。

MF 安田虎士朗 選手(FC東京U-18)
今回のキャンプは、チームの雰囲気も良く、トレーニングでも試合においても、チームメイトとお互い刺激し合えたことは非常に良かったです。個人としては、もっとゴールに向かうプレーを増やさないといけないと感じました。また、単純なパスミスを減らすことも必要です。自チームに帰っても、チームを勝たせられるプレーができるように、努力していきたいと思います。

スケジュール

5月12日(日) PM トレーニング
5月13日(月) AM/PM トレーニング
5月14日(火) AM トレーニング
5-0 トレーニングマッチ vs. 興國高校
5月15日(水) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表 2019年
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー