JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー女子 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】なでしこジャパン、接戦の日韓戦を制し連覇へ好スタート EAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会

ニュース

【Match Report】なでしこジャパン、接戦の日韓戦を制し連覇へ好スタート EAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会

2022年07月20日

【Match Report】なでしこジャパン、接戦の日韓戦を制し連覇へ好スタート EAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会

なでしこジャパン(日本女子代表)は19日(火)、茨城県立カシマサッカースタジアムでEAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会 第1節の韓国女子代表戦に臨みました。

大会連覇を狙う日本は、右サイドバックの清水梨紗選手がキャプテンマークを巻き、乗松瑠華選手と高橋はな選手がセンターバック、猶本光選手が攻撃的MFに入り、代表5戦連続得点中の植木理子選手がFWで先発しました。
なでしこジャパン初の茨城県内での公式戦、そして池田太監督体制となってから初の国内試合は、雨が降るコンディションですが声出し応援エリアからの久しぶりの声援を背にキックオフしました。

AFC女子アジアカップインド2022で1-1と引き分けて以来の日韓戦は、ボール際で両者の意地がぶつかり互いに大きなチャンスを与えません。その中で先制したのは日本でした。33分、猶本選手からのパスを韓国DFがクリアできずこぼれると、それを見逃さなかった成宮唯選手がクロス。ゴール前に走り込んだ宮澤ひなた選手が、これを右足で決めて先制しました。

後半からは杉田亜未選手がピッチに送り出され、約5年ぶりの代表戦出場。後半開始すぐに杉田選手から植木選手へ決定的なパスが通りましたが、これは韓国DFに阻まれました。
韓国はロングボールを主体に好機を作り、59分にチ・ソヨン選手が一瞬の隙を突くシュートを決めて1-1の同点にします。しかし日本は失点の6分後に植木選手がドリブル突破して右サイドからクロス。攻め上がった長野風花選手が狙いすまして右足でシュートを決め、長野選手の代表初得点で日本が2-1としました。

日本は好調な千葉玲海菜選手などを送り出し、韓国も180cmのパク・ウンスン選手を前線へ。しかし日本は集中を切らさず守って2-1で勝利。日韓戦を制して連覇へ好発進するとともに、その後のSAMURAI BLUE(日本代表)の初戦にも弾みをつける勝利となりました。

なでしこジャパンは中3日で行われる、23日(土)の第2節チャイニーズ・タイペイ女子代表戦(茨城県立カシマサッカースタジアム)で2連勝を目指します。

監督・選手コメント

池田太 監督(なでしこジャパン)
湿度が高い中でしたが大会の初戦ということでゲームへの入りに注意し、また韓国の長いボールに対して準備して臨みました。動きが重い部分があり、ミスは多かったですが、得点して前半を折り返して、そこから修正して後半に入れたのはよかったです。さらに1点取って勝ち切れたのも評価したいと思います。自陣でのプレーが多かったが、ロングボールへの対応はひとつの成果だったと思いますし、奪ったボールをつないで相手陣内に押し込めなかった課題も見つけられたので、次につなげたいです。

DF #2 清水梨紗 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
決して満足いく試合ではなく、課題がたくさん残る試合でしたが、女子アジアカップで引き分けた韓国に勝てたことはプラスに捉えます。韓国はボールを蹴り込んでくるので、後ろに走りながらの対応でクリアが難しいシチュエーションが多く、(相手ボールを)断ち切るのが遅くて、マイボールの時間が短かったと思います。池田監督から「キャプテンをやってほしい」と言われ、代表ではみんながキャプテンシーを持っていますが、代表してキャプテンをするつもりで「よろしくお願いします」と伝えました。

DF #4 高橋はな 選手(三菱重工浦和レッズレディース)
ロングボールは警戒していたので、そこから失点しなかったのは成果だと思います。(韓国)FWに起点を作らせないために(乗松選手と)どちらが行くのかはハッキリさせていましたし、ロングボールの時のラインコントロールも気をつけました。DFが下がりすぎると間延びしてボランチの選手もきつくなるので、そこも90分意識していました。シュートシーンでもうひとつ寄せたいと思うので、そこは私ももっと球際にいけるようにすることが必要だと思います。

MF #10 長野風花 選手(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ)
素直に代表初ゴールは嬉しいです。韓国は前への推進力やパワーやスピードがあるので、そこで負けないように対応する気持ちで入りました。(得点は)前の試合でも決められる場面がありましたし、自分としてもゴールが欲しいと思っていたので決められてよかったです。(背番号の)10番は代表にとって特別な番号だと分かっていますし、自分がプレーで何かを残さないといけないと思いますが、そこは冷静さを保ちつつ、サッカーを楽しむ基本的なことを忘れないでプレーしました。

EAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会

大会期間:2022年7月19日(火)~26日(火)
会場:茨城/茨城県立カシマサッカースタジアム
女子出場国:日本、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー