JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、韓国女子代表戦へ最終調整

ニュース

なでしこジャパン、韓国女子代表戦へ最終調整

2022年07月19日

なでしこジャパン、韓国女子代表戦へ最終調整

なでしこジャパン(日本女子代表)は7月18日(月)、翌日に開幕を控えたEAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会の初戦、韓国戦を前に練習を千葉市内で行いました。

この日のトレーニングから追加招集となった北川ひかる選手がチームに合流。池田太監督体制では2回トレーニングキャンプに招集されている北川選手ですが、公式戦を伴う活動への参加はこれが初めてとなります。練習前にチームメイトと顔を合わせると、多くの選手から歓迎され、早速チームの練習に加わりました。


冒頭15分のみの公開となったトレーニングは主にフルコートによる実戦形式のゲームや、セットプレーの確認などを行いました。これまでの雨とは打って変わって快晴となった天候に、かなりの暑さを感じる中でのトレーニングとなりましたが、短い時間で選手は集中して取り組みました。この数日でミーティングや練習を通して確認したプレー原則やチームとしての約束事を高いプレー強度で実践し、19日(火)に迎える韓国女子代表との試合に向け最後の準備を終えました。また練習が終わった後の円陣では清水梨紗選手がキャプテンに指名され、清水選手の掛け声でトレーニングをまとめました。

練習後、池田太監督は大会の公式会見に臨みました。当初予定とは異なる開催地となった大会に「開催にあたり様々な関係者に感謝申し上げます」と謝辞を述べた後、「この大会のタイトルを目指しながらも、チームの成長、選手の成長に期待し、来年のFIFA女子ワールドカップに向けチーム力を上げていきたい」と意気込みを力強く語りました。また初戦の韓国女子代表との戦いについては「ゲームの入りで韓国の戦い方を見ると同時に、決して受け身にならずに我々のアグレッシブな戦い方を見せていきたい」と、今年1月にAFC女子アジアカップで引き分けた相手に対し、自分たちのスタイルをもって勝利を目指すことを示しました。

いよいよ開幕するEAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会の女子は、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ、そして日本の4チームで東アジアの王座を争います。なでしこジャパンとしては2019年大会からの連覇の懸かる戦いとなりますが、同時にチームのさらなる成長を期して3連戦に臨みます。

監督コメント

池田太 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
EAFF E-1サッカー選手権に参加できることを嬉しく思います。この大会の開催にあたり、様々な関係者に感謝申し上げます。この大会を通じて、もちろんタイトルを目指しますが、選手の成長にも期待し、来年のFIFA女子ワールドカップに向けてチーム力を上げていきたいと思います。
まず明日の試合、韓国女子代表戦に向けては、大会の初戦ということでゲームの入りに注意しながら韓国の戦い方を見ながらも、我々のアグレッシブな戦い方を出し、決して受け身にならずに我々から仕掛けて様々なゴールに向かう姿勢を見せていきたいです。
まだまだ国際試合経験の数が少ない選手もいるので、若い選手も含めてこういった国際試合、大会に向かっての準備の仕方から求めて行きたいです。様々な選手同士でのポジションの組み合わせなどをテストしながらも、WEリーグのシーズンが終了してからこの大会に向かってきているので選手それぞれにコンディションも異なります。そういった部分を見ながらチーム編成も考えていますし、各チームを相手にする戦いに向けての対策、そのための準備のトレーニングなど、異なる対戦国に対する対応力というものもチームで共有しながら、この大会を通して成長させていきたいと思います。

EAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会

大会期間:2022年7月19日(火)~26日(火)
会場:茨城/茨城県立カシマサッカースタジアム
女子出場国:日本、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー