JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-23女子 2017年 > 最新ニュース一覧 > U-23日本女子代表ラ・マンガ国際大会 3-1でU-23スウェーデン女子代表に勝利

ニュース

U-23日本女子代表ラ・マンガ国際大会 3-1でU-23スウェーデン女子代表に勝利

2017年03月08日

U-23日本女子代表ラ・マンガ国際大会 3-1でU-23スウェーデン女子代表に勝利

U-23ラ・マンガ国際大会 第3戦 vs U-23スウェーデン女子代表
2017年3月6日(月) キックオフ12:00(現地時間)試合時間90分(45分ハーフ)
La Manga Pitch G(スペイン/ラマンガ)

U-23日本女子代表 3-1(前半0-0、後半3-1)U-23スウェーデン女子代表

得点
56分 失点(U-23スウェーデン女子代表)
73分 成宮唯(U-23日本女子代表)
78分 道上彩花(U-23日本女子代表)
84分 大矢歩(U-23日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:林﨑萌維
DF:山守杏奈、羽座妃粋、三橋眞奈、清水梨紗
MF:伊藤美紀、中村みづき、隅田凜、成宮唯
FW:道上彩花、白木星

サブメンバー
GK:石野妃芽佳
DF:葛馬史奈、須永愛海、松原有沙、石井咲希
MF:猶本光、杉田妃和、三浦成美
FW:大矢歩

交代
HT 白木星 → 大矢歩
HT 中村みづき → 猶本光
HT 山守杏奈 → 石井咲希
76分 伊藤美紀 → 杉田妃和

マッチレポート

U-23日本女子代表は3月6日(月)、スペインで行われているラ・マンガ国際大会の第3戦でU-23スウェーデン女子代表と対戦し、3-1で勝利しました。

U-23日本女子代表は、ノルウェー戦から先発を7名変更し試合に臨みました。前半序盤から日本が主導権を握ります。8分、DF山守杏奈選手がFW白木星選手にスルーパスを送るもペナルティエリアの外で相手選手に倒され、FKを得ます。MF隅田凜選手がゴール前にボールを入れ込み、混戦から山守選手がゴールに押し込むもオフサイドに。その後も試合の主導権を握りますが、引いた相手に対してシュートまで持ち込むことが出来ません。

後半に入ると、ようやく日本らしいパスサッカーが見られます。56分、左サイドからシュートを放たれ先制点を許しますが、73分、相手のゴールキックをMF成宮唯選手が拾いGKの位置を確認してループシュート、日本は同点に追いつきます。続く78分、左サイドからFW大矢歩選手がゴール前にマイナスのクロスを入れるとFW道上彩花選手が冷静に流し込みゴール、日本は追加点を挙げます。更に攻撃の手を緩めない日本は84分、MF猶本光選手の浮き球のパスを大矢選手が受け、ゴール左に流し込み3-1とリードを広げます。試合はこのまま終了し、日本は今大会を1勝1分1敗で終えました。

監督・選手コメント

池田太 監督
相手の守備を動かすポジションを考えながらプレーしようとゲームに入りました。少し意識しすぎて動きの連動が少なくなってしまいましたが、しっかりとプレーしていました。準備不足から失点してしまいましたが、その後も落ち着いてプレーし、相手を揺さぶりチャンスを作り逆転することが出来ました。選手たちが自分の役割を責任持ってプレーし勝利を掴んだことを嬉しく思います。

MF #8 猶本光 選手(浦和レッズレディース)
ラ・マンガ国際大会最後の試合を勝利で飾ることが出来てよかったです。前半は、相手の裏を狙うボールが少なく、またシュートの意識があまりなかったと感じたので、それらを改善しようという思いで後半途中出場しました。相手が引いて守っていたので、相手を揺さぶりサイドから崩そうと思いました。昨年初めてラ・マンガ国際大会に出場し、今年で2度目の参加となりましたが、昨年に比べてノルウェーやスウェーデンなど当たりの強い選手への予測ができるようになりました。今後は、もっと球際でボールを奪えたり、チャンスメイクできる選手になりたいと思います。

GK #1 林﨑萌維 選手(長野パルセイロレディース)
前半はパスの出しどころがなく苦戦しましたが、後半に入るとテンポよくパスが回るようになり、日本らしいパスサッカーから得点を挙げることが出来ました。1失点してしまいましたが、DFとの連携を深めれば防ぐことが出来たと思います。この大会では、日本では味わうことのないスピードやパワーを体感することが出来ました。日本に帰ると、なでしこリーグが開幕します。この大会で経験したことを自チームでも活かしていきたいです。

スケジュール

U-23ラ・マンガ国際大会
3月2日(木) 0-2 vs  U-23アメリカ女子代表(La Manga Pitch G)
3月3日(金) AM/PM トレーニング
3月4日(土) 2-2 vs  U-23ノルウェー女子代表(La Manga Pitch A)
3月5日(日) AM/PM トレーニング
3月6日(月) 3-1 vs  U-23スウェーデン女子代表(La Manga Pitch G)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー