JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

オリンピック日本代表、入念に戦術練習

2016年08月03日

オリンピック日本代表、入念に戦術練習

リオデジャネイロオリンピック初戦のナイジェリア戦を2日後に控えて、オリンピック日本代表チームは8月2日(火)、ブラジル北部マナウスでバックアップ選手も合流して練習を行い、戦術の確認に時間を割きました。

湿度が下がって前日よりも幾分涼しく感じられる中、ランニングやボールを使ったフィジカルトレーニングの後、9対9でパススピードと切り替えの素早さを意識したパス回しを行ない、フォーメーションを組んで細かいパスをつなぐ攻撃の組み立てに時間を割きました。

さらに、コートサイズを三分の二ほどに狭めたエリアで行った9対9の実戦形式では、パスの出し手と受け手のタイミングに注意しながら攻守の連係を確認。その後、CKの守備の動きでは、手倉森誠監督から、体の寄せ方やタイミングなどに細かい指示が出ていました。最後はFW浅野拓磨選手(アーセナル)やFW興梠慎三選手(浦和レッズ)ら攻撃陣を中心にシュート練習に励んでいました。

前日には日本からの長旅の直後で別調整だったバックアップ選手たちも全体練習に加わり、約1時間半汗を流しました。

また、合流が遅れていたFW久保裕也選手(ヤングボーイズ)は所属クラブの都合により大会参加が見送られることが発表になり、バックアップメンバーのFW鈴木武蔵選手(アルビレックス新潟)を大会メンバーとして登録し、新たにバックアップメンバーとしてFWオナイウ阿道選手(ジェフユナイテッド千葉)を招集することが決まりました。

霜田正浩ナショナルチームダイレクターは「8月3日のUEFAチャンピオンズリーグ予選が終わるまで、チーム合流は確約できないという話だった。非常に残念な結果になったが、17人で戦うリスクは避けなければならない」と説明しました。

手倉森誠監督は、「(久保)裕也が一番無念だろう。だが残念がってばかりもいられない。出られない人の無念も汲んで戦わないといけない」と話しています。また、鈴木選手は「久保が一番悔しいと思う。複雑な気持ちだが、チームのためにできることをしたい」と話していました。

日本は4日(木)のグループB初戦でナイジェリアと対戦し、第2戦は7日(日)にコロンビアと、いずれもマナウスで対戦します。その後、サルバドールへ移動して10日(水)にスウェーデンと対戦します。

監督・選手コメント

手倉森誠 オリンピック日本代表監督
よくアクシデントが起きるチームだなと思います。でもその分、ドラマチックにきているので、今回もきちんと乗り越えてドラマチックな大会に出来ればと思っています。選手たちには「何かやろうと思った時にアクシデントがあるのは、ピッチの中でも人生でも同じだ。でもリスクマネジメントができている人がそれを乗り越えて成功する。我々はバックアップというマネジメントをしていた。チームとしては残念がってもいられない。いよいよ戦う22人が決まったのだから、すっきりしてやっていこう」と話しました。出られない人の無念も汲んで戦わないといけないし、一層思いが高まったと思います。鈴木選手には、「2トップの一画ばかりではない。この大会では柔軟性を求められる」という話をしまして、今日も早速サイドでプレーさせました。彼の戦術理解力を高めて欲しいと伝えました。

FW #16 浅野拓磨 選手(アーセナル)
どういう状況でピッチに立つのかわからないですが、途中出場であれば相手が疲れている中で何が武器なのかをしっかり考えて、スピードやスペースを素早く見つけるという自分の特長をどんどん出せればと思います。今まで通り、自分が持っているものを出し切れれば、ゴールまで結びつけることができるかと思います。与えられている役割でしっかり結果を残すことが一番大事だと思うので、それができるように、途中交代で出て攻撃にアクセントをつけるのか、チームが勝っている状況ならしっかり締めくくるのか、状況によって自分もしっかり考えてピッチに入れればいいと思います。

MF #8 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)
コンディションは100%ではないですが、戻ってきているなという感じです。暑さは、やりにくくもないですが、試合が遅いので練習が遅くて、その生活リズムの方に慣れていないところはあります。普段の練習が午前なので変な感じはしますが、試合になればすっきりしていると思います。ナイジェリアは身体能力の強さや高さというイメージがあります。どういう守備をしてくるのかわかりませんが、良い距離と幅を意識しながら戦いたいと思います。

FW #11 鈴木武蔵 選手(アルビレックス新潟)
2トップでも3トップでも準備しています。3トップは新潟の吉田監督の下でやっていて、やったことあるので大丈夫です。興梠選手とはまだ戦術的な話はしていませんが、オーバーエイジは経験のある選手ばかりですし、溶け込むのも早いので問題ないと思います。こういう形でメンバー入りして複雑な気持ちですが、せっかくなのでモノにしたいですし、チームのためできることをするという意味ではバックアップも今も変わりません。メダルを獲って帰りたいです。

スケジュール

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) サッカー競技(男子)
7月31日(日) 未定 トレーニング
8月1日(月) 未定 トレーニング
8月2日(火) 未定 トレーニング
8月3日(水) 未定 公式練習
8月4日(木) 21:00 グループB 第一戦 vs ナイジェリア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月5日(金) 10:00]
8月5日(金) 未定 トレーニング
8月6日(土) 未定 トレーニング
8月7日(日) 21:00 グループB 第二戦 vs コロンビア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月8日(月) 10:00]
8月9日(火) PM 公式練習
8月10日(水) 19:00 グループB 第三戦 vs スウェーデン(@Fonte Nova Arena)
[日本時間:8月11日(木) 7:00]
※以降のスケジュールは、勝ち上がりにより決定
8月13日(土) 16:00
22:00
準々決勝(グループ1位の場合)vs グループA 2位(@Fonte Nova Arena)
準々決勝(グループ2位の場合)vs グループA 1位(@Corinthians Arena)
8月14日(日) 未定 トレーニング
8月15日(月) 未定 トレーニング
8月16日(火) 未定 トレーニング
8月17日(水) 13:00
16:00
準決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)
準決勝(@Corinthians Arena/サンパウロ)
8月18日(木) 未定 トレーニング
8月19日(金) 未定 トレーニング
8月20日(土) 13:00
17:30
3/4位決定戦(@Mineirao/ベロオリゾンテ)
決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「‪#‎若きサムライ応援‬」を付けてオリンピック日本代表への応援メッセージをツイートしよう!

日本サッカー協会では、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)に出場するサッカー日本代表への応援メッセージをTwitter上で募集しています。応援投稿用ハッシュタグ「#若きサムライ応援」を付けて、応援メッセージをツイートしてください。

「#若きサムライ応援」タイムライン:#若きサムライ応援

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー