JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-19 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表候補 AFC U-19選手権に向けて、大阪トレーニングキャンプを開始!

ニュース

U-19日本代表候補 AFC U-19選手権に向けて、大阪トレーニングキャンプを開始!

2018年05月30日

U-19日本代表候補 AFC U-19選手権に向けて、大阪トレーニングキャンプを開始!

今年10月に開催されるAFC U-19選手権インドネシア2018を突破し、来年ポーランドで行われるFIFA U-20ワールドカップで活躍することを目標としたU-19日本代表候補の活動が再び開始しました。

3月にインドネシアでシミュレーション遠征を行い、開催地のイメージを持ったU-19日本代表候補は、AFC U-19選手権での対戦相手も決定。予選グループでイラク、タイ、朝鮮民主主義人民共和国と対戦します。アジアの強豪チームが揃った組み合わせの中で予選突破する為にも、今回は31名の候補選手を招集、5日間の強化トレーニング遠征を実施します。

今回招集されたメンバーは、AFC U-19選手権の予選を経験している選手が9名、FIFA U-17ワールドカップインド2017を経験している選手が7名と、1999年及び2000年生まれの選手の融合を活性化し、有意義な競争を煽り、チームとしての連携やコンビネーションを確認しながら相互理解を深め、攻守の熟成を図っていきます。

チームは28日(月)昼に大阪府堺市・J-GREEN堺に集まりました。オープニングミーティングでは、U-19日本代表候補に初めて招集された選手も多いので、影山雅永監督から改めてU-19日本代表のコンセプトを共有しました。「チームのコンセプトを理解し、トライ・表現することは当たり前。その中で個性を存分に発揮し、皆で競争して欲しい」と伝え、ピッチに送り出しました。選手のコンディションにバラツキがある為、初日のトレーニングは軽めに終始し、アイスブレイク、ランニング、柔軟なムーブメントプレパレーション、11人組でのパス練習で終了しました。久々に同年代とプレーできる環境で、選手は非常にリラックスしてトレーニングに臨みました。

遠征2日目の29日(火)には2部トレーニングを実施しました。初日とは異なりハードなトレーニングを積み重ねていきます。午前中、3分走で自らのコンディションを確認すると、4人組パス&コントロール、6対6のパスゲームとシュートトレーニングをピッチを分け実践トレーニングを行いました。午後は相手から抜け出す動き、背後への飛び出しを意識して練習に取り組みました。最後には、3分の2程のピッチでGKを含め5対5を実施。一番後ろのDFが最終ラインに設定されたため、選手は常に背後を飛び出す意識が求められました。選手を替えながら何度も何度も行い、疲れが見える中でも、選手たちは最後まで走り抜きました。

30日(水)は大学選抜とトレーニングマッチを2試合実施予定です。

選手コメント

GK 茂木秀 選手(セレッソ大阪)
初めてU-19日本代表候補に招集されて、正直驚きましたが、獲得したチャンスを活かしたい気持ちが強いです。今回は5人のGKが招集されていますが、2日間のトレーニングだけでもとても学ぶことが多く、ポジショニングやタイミングの取り方など非常に上手いなと感じました。この環境の中で、プレースピードに慣れて、影山雅永監督が求めるものをフィールドに伝えながら良い連携を築ければいいと思います。明日の試合では、自分の持ち味を出しながら積極的にプレーして、守備と連携してゴールを守りたいと思います。明日のトレーニングマッチは一番のアピールの場なので、良いプレーをして、次の日本代表も呼ばれるよう頑張りたいと思います。

DF 生駒仁 選手(横浜F・マリノス)
今回、久々にU-19日本代表候補トレーニングキャンプに選んで頂き素直に嬉しく思います。久々に同世代のライバル達とプレーできるのが楽しみでした。トレーニングでは、午前・午後と少しずつ負荷が上がっていきましたが、皆で良い雰囲気の中、良い緊張感の中トレーニングができたと思います。個人的には、簡単なミスが目立ってしまったので、質を上げる意識を高めたいです。このトレーニングキャンプでは、各選手のレベルが高く、様々なタイプの選手がいて、その中でやることで、少しでもチームメートから吸収し、自分の成長に繋げたいと思います。明日の試合はチームのコンセプトをしっかり頭に入れつつ、自分のストロングポイントを出して積極的なプレーでアピール出来るように頑張りたいと思います。

MF 品田愛斗 選手(FC東京)
今回U-19日本代表候補大阪トレーニングキャンプに呼んで頂き、大変嬉しく思います。昨年U-18日本代表として遠征に参加し、9月のカタール遠征にも参加しながら、最終的にAFC U-19選手権2018予選には招集されず、非常に悔しい思いをしたので、見返したい気持ちは強いです。本日から午前、午後と負荷の高いトレーニングをし、その中でチームとして目指すべきことを選手一人一人がトライしていて、充実したトレーニングを積めたと思います。明日、大学選抜と試合をしますが、試合の中でチームコンセプトを意識したプレーを多く出すことと、さらにそのプレーのクオリティーを出すことに集中したいと思います。チームとして思い切りできたらいいと思います。遠征期間も残り短いですが、普段と異なる環境で良い経験をして成長したいです。

FW 福元友哉 選手(ファジアーノ岡山)
初めてU-19日本代表候補に招集されて、素直に嬉しかったです。2日間トレーニングを積み重ねましたが、皆と連携面も高まり、ボールを引き出す時に単独の動きにならないよう、出し手と受け手、周囲の味方とのコミュニケーションをとりながら意識してできたので良かったと思います。ディフェンス背後への抜け出すタイミングや回数、守備面など課題も多いですが、少しずつ改善していきたいです。明日の試合では、何よりもゴールへ向かう姿勢を強め、自分の良さを出し結果にこだわっていきたいです。

スケジュール

5月28日(月) PM トレーニング
5月29日(火) AM/PM トレーニング
5月30日(水) AM トレーニング
15:00 練習試合 vs 大学選抜 (J-GREEN堺)
17:00 練習試合 vs 大学選抜 (J-GREEN堺)
5月31日(木) AM/PM トレーニング
6月1日(金) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※Jリーグ公式戦出場のため一部選手の参加スケジュールが変更となる可能性があります。

関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー