JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19 2016年 > 2016SBSカップ国際ユースサッカー > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 2016SBSカップ国際ユースサッカー第2戦 静岡ユース戦

ニュース

U-19日本代表 2016SBSカップ国際ユースサッカー第2戦 静岡ユース戦

2016年08月13日

U-19日本代表 2016SBSカップ国際ユースサッカー第2戦 静岡ユース戦

2016 SBSカップ国際ユースサッカー 第2戦 vs 静岡ユース
2016年8月12日(金) キックオフ時間 16:00 試合時間 80分(40分×2)
愛鷹広域公園多目的競技場(静岡/沼津市)

静岡ユース 1-1(前半1-0、後半0-1、PK4-2)U-19日本代表

得点
34分 失点(静岡ユース)
79分 吉平翼(U-19日本代表)

スターティングメンバー
GK:廣末陸
DF:古賀太陽、濱大耀、杉岡大暉、西本卓申
MF:梶山幹太、野田樹、高橋壱晟、針谷岳晃
FW:中村駿太、田川亨介

サブメンバー
GK:小島亨介
DF:長谷川巧
MF:菅大輝、原輝綺、安井拓也
FW:岩崎悠人、吉平翼

交代
HT 田川亨介 → 岩崎悠人
53分 高橋壱晟 → 原輝綺
59分 梶山幹太 → 菅大輝
59分 野田樹 → 安井拓也
77分 中村駿太 → 吉平翼

マッチレポート

SBSカップ第2戦の相手は静岡ユース、第1戦のコスタリカ戦を試合の主導権を握りながらも0-1で敗戦した日本は、前半から第1戦同様に前線から守備を仕掛けてボールを奪って得点を取りにいきます。しかし、ボールを奪ってもパス、サポート、判断のスピードが上がらず、なかなか得点のチャンスを作ることできません。そして、34分には相手陣内でボールを奪われると、日本の左サイドのスペースにボールが入り、そのままドリブル突破からゴール前にクロスボールを入れられシュートを打たれます。一度はゴールキーパーの廣末選手が弾くも、こぼれ球をつめられてしまい静岡ユースに先制を許し、前半を終えます。

後半に入ると、日本は動きの量が増え、攻撃のスピードも速くなり、徐々にシュートで終わる回数が増えてきます。そして同点ゴールが試合終盤にようやく決まります。79分、日本は相手の右サイドを突破し、ゴール前にクロスボールを入れると途中出場の菅選手がヘディングシュートを放ちます。一度は相手に防がれますが、このこぼれ球を同じく途中出場の吉平選手が反応し、ゴールを決めて日本が土壇場で追いついて試合終了となり、PK戦で勝敗を決することになりました。

しかし日本は2人が決めることができず、相手は4人全員が決めて2-4。静岡ユースがPK戦で勝利し、日本は第2戦も勝利することができませんでした。

第3戦は8月14日(日)にU-19スロバキア代表とエコパスタジアムで対戦します。

選手コメント

野田樹 選手(ヴィッセル神戸U-18)
今回U-19日本代表に初選出されたこと、日の丸を背負って試合に出場できたことに嬉しく思います。今日の試合の相手は同年代の日本の選手で、絶対に負けてはいけないという特別な思いで試合に臨みました。しかし前半は特に自分たちの目指すサッカーが全く出来ず、結果も伴わない試合となってしまいました。あと残り1試合あるし1日空くので、リフレッシュして次の試合へ向けての万全の準備をしたいです。

高橋壱晟 選手(青森山田高校)
今回、代表活動に参加させてもらい、嬉しく思います。高いレベルのトレーニングや試合をすることができて、とても良い経験になっています。これまでの2試合で出た課題を修正して、最後のスロバキア戦を勝利で終われるように良い準備をしたいと思います。

廣末陸 選手(青森山田高校)
今日の試合では、前半ディフェンスラインを上げられず間延びしてしまい、セカンドボールを相手に拾われ主導権を握られて失点してしまいました。また攻撃では高い位置で起点が作れず、止まっている選手にパスを出してしまうことが多々あったので最終的に孤立してしまいました。個人的にもパスの精度などでボールロスとしてしまう場面があったのでもっと精度を上げていきたいです。試合を通してゲームに入り込みすぎて周りが見えていない時がかなりあったので修正していきたいです。

中村駿太 選手(柏レイソルU-18)
今日の試合は初戦を落としていたので絶対に負けられない試合でした。前半はアグレッシブに自分たちのプレーが出来ずに良い形でチャンスを作り出すことができませんでしたが、後半は少しずつアグレッシブさが出てきてチャンスが増えてきました。しかし結果的にPK戦で負けてしまい、個人としても点が取れなかったので悔しい結果となりました。良かった部分、良くなかった部分をもう一度整理して最終戦を勝って終わりたいです。

スケジュール

2016SBSカップ国際ユースサッカー
8月11日(木) 0-1 vs  U-19コスタリカ代表(藤枝総合運動公園サッカー場)
8月12日(金) 1-1
PK(2-4)
vs  静岡ユース(愛鷹広域公園多目的競技場)
8月13日(土) AM トレーニング
8月14日(日) 16:00 vs  U-19スロバキア代表(エコパスタジアム)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー