JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-23フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-23フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2017年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、いよいよノックアウトステージ初戦 ~FIFA U-17ワールドカップインド2017~

ニュース

U-17日本代表、いよいよノックアウトステージ初戦 ~FIFA U-17ワールドカップインド2017~

2017年10月17日

U-17日本代表、いよいよノックアウトステージ初戦 ~FIFA U-17ワールドカップインド2017~

グループステージが終了し、ノックアウトステージに入ったFIFA U-17ワールドカップインド2017。U-17日本代表は、グループEを2位で通過し、グループステージ第3戦を戦ったコルカタで、17日(火)にラウンド16を迎えます。

中2日での調整にあたり、完全オフを挟んで、16日(月)は冒頭15分以外をメディア非公開にしてフォーメーションやセットプレーなどを入念に確認しました。ノックアウトステージから、90分で勝敗がつかない場合は延長戦なしの即PK戦となるため、PKの練習も最後に行いました。

対戦相手のイングランドは、チリに4-0、メキシコに3-2、イラクに4-0と3勝し、首位でグループFを通過してきました。プレミアリーグやブンデスリーガのトップチームで試合出場あるいは練習参加している選手を数多く抱え、強力な個の能力が強みの一つです。

対する日本は、キャプテンの福岡慎平選手が「チャレンジャー精神を持って、自信を持って積極的に戦いたい」と言えば、「こういう相手とやるためにやってきたつもり。今まで積み上げてきたものを出したい」と久保建英選手がコメント。チームの歩みをすべて出す気概で、この一戦に挑みます。

今大会のメンバー約半数が参加した2014年のJFAエリートU-14韓国遠征から始まり、森山佳郎監督が就任してチームが正式に立ち上がった2015年の海外遠征。戦う姿勢や自己主張、状況に応じた判断などを磨きながら、活動を重ねてきました。チームの経験には、大観衆のなかで互いの声がほとんど聞こえないなかで戦った14日(土)のニューカレドニア戦も刻まれています。

“00ジャパン”の戦いはここから。まずはラウンド16、試合は17日(火)20:00キックオフ(日本時間23:30)です。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
サッカーは、いい選手が揃ったチームが勝つ、あるいは選手の足し算が利くわけではないのが面白いところです。日本人が得意とする組織的な面を出して、イングランドに対抗していきたいと考えています。様々な状況のなかで、話し合いながら連携を図り、的確な判断ができる選手たちが増えてきました。自分たちの持っているものをすべてぶつけて、出し切ります。

GK #1 谷晃生 選手(ガンバ大阪ユース)
また新しい戦いがここから始まります。イングランドは、個の能力が大会に出ているチームのなかでも1位、2位を争うくらい強いものがあります。こういう相手とノックアウトステージ1回戦で当たれるのは個人的には嬉しいですし、連動してどう対応できるかを詰めたいです。自分がゼロで抑えれば負けることはありません。ここまでみんなでやってきたことをしっかり示せれば、その先が見えてくると思っています。

MF #4 平川怜 選手(FC東京U-18)
ノックアウトステージ進出がまずは一つの目標だったので、通過できたことはよかったです。ここから一番大事な勝負。自分たちの試合もしっかり分析しているので、明日は今までで一番いいプレーができればと思います。自分たちは失うものはないので、気持ちをしっかりと持ってやりたいです。

MF #10 福岡慎平 選手(京都サンガF.C.U-18)
イングランドを相手に、チャレンジャー精神を持って、自信を持って積極的に戦っていきたいです。難しい時間帯が長く続くと思いますが、こうしたときに、ピッチにいる選手たちが会話をしながら修正できるチームが本当に強いチームだと思います。厳しいときにどれだけ選手間でコミュニケーションを取って打開していくかが大事になるので、意識しながら臨みます。

スケジュール

FIFA U-17ワールドカップ インド2017
10月6日(金) PM トレーニング
10月7日(土) PM 公式トレーニング
10月8日(日) 6-1 vs ホンジュラス
(Indira Gandhi Athletic Stadium)
10月9日(月) PM トレーニング
10月10日(火) PM トレーニング
10月11日(水) 1-2 vs フランス
(Indira Gandhi Athletic Stadium)
10月13日(金) PM トレーニング
10月14日(土) 1-1 vs ニューカレドニア
(Vivekananda Yuba Bharati Krirangan Stadium)
10月15日(日) TBC  移動またはトレーニング
10月16日(月) TBC トレーニング
10月17日(火) 20:00 ラウンド16 vs イングランド
(Vivekananda Yuba Bharati Krirangan Stadium)
10月18日(水) TBC 未定
10月19日(木) TBC トレーニング
10月20日(金) TBC トレーニング
10月21日(土) 17:00/20:00 準々決勝
10月22日(日) TBC 未定
10月23日(月) TBC トレーニング
10月24日(火) TBC トレーニング
10月25日(水) 17:00 準決勝
10月26日(木) TBC トレーニング
10月27日(金) TBC トレーニング
10月28日(土) 17:00/20:00 3位決定戦/決勝戦

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-17 ワールドカップインド2017

大会期間:2017年10月6日(金)~10月28日(土)

ラウンド16:
10月17日(火) 23:30(日本時間) vs. イングランド代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー