JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2017年 > 第14回デッレナツィオーニトーナメント > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 第14回デッレナツィオーニトーナメント順位決定戦 vs U-15オーストリア代表

ニュース

U-15日本代表 第14回デッレナツィオーニトーナメント順位決定戦 vs U-15オーストリア代表

2017年04月30日

U-15日本代表 第14回デッレナツィオーニトーナメント順位決定戦 vs U-15オーストリア代表

第14回デッレナツィオーニトーナメント
順位決定戦1回戦(5位~8位)vs U-15オーストリア代表
2017年4月29日(土) 14:00キックオフ(現地時間) 試合時間 70分(35分ハーフ)
Arnoldstein(オーストリア/アルノルトシュタイン)

U-15日本代表 4-0(前半3-0、後半1-0)U-15オーストリア代表

得点
9分 吉田有志(U-15日本代表)
13分 成岡輝瑠 (PK)(U-15日本代表)
35分 古薗汰久己(U-15日本代表)
50分 近藤蔵波(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:山田大樹
DF:半田陸、鈴木海音、佐古真礼、下川太陽
MF:前田龍大、成岡輝瑠、中野桂太、近藤蔵波
FW:吉田有志、古薗汰久己

サブメンバー
GK:鈴木彩艶
DF:佐藤優斗、横川旦陽
MF:角昂志郎、西川潤
FW:大澤朋也

交代
HT 前田龍大 → 西川潤
HT 古薗汰久己 → 角昂志郎
HT 成岡輝瑠 → 横川旦陽
53分 中野桂太 → 佐藤優斗

マッチレポート

第14回デッレナツィオーニトーナメント5位~8位決定戦の1回戦。グループAを2位で終えた日本は、グループBで2位となったオーストリアと対戦しました。試合がオーストリア/アルノルトシュタインで行われたため、チームは宿泊地であるイタリアから、約2時間半をかけて試合会場に入りました。

長時間移動を経ての試合となったのものの、日本の選手たちは疲れを見せることなく試合の序盤から主導権を握ります。前半9分、吉田有志選手が相手ペナルティエリアの外でボールをカットすると、そのまま自ら中央にドリブルで入り込みシュート。日本は先制点を奪います。その後も手を緩めない日本は13分、成岡輝瑠選手がペナルティエリア内で倒されて得たPKを、一度は相手ゴールキーパーに阻まれるも、自ら跳ね返りのボールに反応し、追加点を奪います。前半終了間際には、近藤蔵波選手が相手ディフェンス背後に蹴ったボールに走り込んだ吉田選手がペナルティエリアから出てきたゴールキーパーをかわし中央へパス、古薗汰久己選手がボールを受けるとゴールキーパー不在のゴールに確実にシュートを決め、3-0で前半を終えました。

後半、ハーフタイムで3人の選手を交代した日本は、前半同様ボールを上手く回し、終始自分たちのペースで試合を進めていきます。50分、フリーキックからゴール前に上がったボールを角昂志郎選手が頭で落とすと、タイミングよく走り込んでボールを受けた近藤選手が相手ディフェンダーを一人かわし、冷静にシュート。試合を4-0とします。その後、追加点こそ奪えなかった日本ですが、試合を通して安定した守備で相手に得点を与えず、順位決定戦1回戦を勝利で終えました。

5月1日(月)に行われる5・6位決定戦は、グループステージでも顔を合わせたイタリアとの対戦になります。

4月29日 順位決定戦結果

【1~4位】ポルトガル 2-4 アメリカ /メキシコ 3-4 イングランド
【5~6位】日本 4-0 オーストリア/イタリア 2-0 クロアチア
【9~12位】スロベニア 1-3 マレーシア/UAE 1-2 ロシア

5月1日 順位決定戦予定

【決勝戦】アメリカ vs イングランド 
【3・4位決定戦】ポルトガル vs メキシコ
【5・6位決定戦】日本 vs イタリア ※5月1日(月) 11:00キックオフ@Fiumicello
【7・8位決定戦】クロアチア vs オーストリア
【9・10位決定戦】ロシア vs マレーシア 
【11・12位決定戦】UAE vs スロベニア

選手コメント

DF #5 下川太陽 選手(セレッソ大阪U-18)
4-0という良い結果でしたが、個人的には反省点が多い試合でした。1対1の強さなど、まだまだ向上出来る部分を多く感じたので、最後の1試合で改善するとともに、自分の持ち味であるサイドからのオーバーラップを多く仕掛け、チームの勝利に貢献したいです。イタリアは、グループステージで試合終了間際に失点し同点になったチームなので、次は絶対に勝ちきりたいです。

MF #10 成岡輝瑠 選手(清水エスパルスジュニアユース)
今日のオーストリア戦には、これまでの3試合での成果や課題を意識しながら臨みました。考えながら走る、球際で負けないといったことを特に意識しながら、一つ一つのプレーの中でチャレンジしていきました。まだまだ個人的には課題が多いですが、自分が得意とするプレーは出せているので、今大会最後の試合でもチームの勝利に貢献し、勝利で大会を終えたいです。

MF #20 前田龍大 選手(セレッソ大阪U-15)
チーム全員の力で4得点を奪い、無失点で勝利することが出来ました。チーム全体のゴールへの意識が高かったことがとても良かったと思います。次に対戦するイタリアは、前回の試合で最後に追いつかれて悔しい思いをした相手なので、今回はしっかりとチーム全員で意識を共有し、勝利に繋げたいです。

スケジュール

第14回デッレナツィオーニトーナメント 
4月25日(火) 1-1 vs U-15アラブ首長国連邦代表(Lignano)
4月26日(水) 1-1 vs U-15イタリア代表(Gorizia)
4月27日(木) 2-1 vs U-15ポルトガル代表(Cervignano)
4月28日(金) AM/PM トレーニング
4月29日(土) 4-0 5~8決定戦 vs オーストリア代表(Arnoldstein)
4月30日(日) AM/PM トレーニング
5月1日(月) 11:00 5・6決定戦 vs イタリア代表Fiumicello

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー