JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 欧州遠征(第14回デッレナツィオーニトーナメント)に向け始動

ニュース

U-15日本代表 欧州遠征(第14回デッレナツィオーニトーナメント)に向け始動

2017年04月24日

U-15日本代表 欧州遠征(第14回デッレナツィオーニトーナメント)に向け始動

U-15日本代表は、イタリア・オーストリア・スロベニアの3カ国にまたがり開催される「第14回デッレナツィオー二トーナメント」に出場するため、日本を出発し約18時間の移動後、現地4月22日(土)夕方、イタリアの合宿地であるホテルに到着しました。この日はピッチへ移動してのトレーニングは行わず、ホテル周辺を散歩し、軽めのジョギングの後、ストレッチで適度な汗を流して調整を行いました。

遠征3日目の4月23日(日)は、午前のみトレーニングを実施。20分間の有酸素運動を行った後、パス&コントロール等のメニューをこなしました。イタリアでの最初のトレーニングは、約1時間20分という短い時間でしたが、チーム全体で集中して取り組みました。午後は、大会から招待されて、イタリアセリエA ウディネーゼのホームスタジアムを訪問。同会場で行われた、イタリアセリエA ウディネーゼ 対 カリアリの試合をチーム全員で観戦しました。

日本は今大会、グループステージでイタリア、ポルトガル、アラブ首長国連邦(UAE)と同組となり、4月25日(火)に初戦UAE戦を迎えます。

選手コメント

DF #12 古薗汰久己 選手(JFAアカデミー福島U15)
チームが集合してから、イタリアに到着するまで長時間の移動となりましたが、チーム内の雰囲気が良い状態でトレーニング等を行えていると思います。到着後のミーティングでは、自分たちが何をやるべきかの確認を行い、翌日のトレーニングでは早速そのことを意識しながら、みんなプレーが出来ていたと思います。まずは大会初戦に向け良い準備を行っていきたいです。

DF #16 横川旦陽 選手(湘南ベルマーレU-15平塚)
今回初めて日本代表に選ばれ、遠征前は少し不安でしたが、最初のトレーニングの中で徐々にみんなとプレーを共有することが出来たので良かったです。今大会の目標は優勝することなので、チーム全体で力を合わせ、勝利を目指すことが必要だと思います。そのためにも自分はチームのためになるようなプレーや行動を心掛けていきたいと思います。

MF #7 西川潤 選手(桐光学園高校)
自分はこの大会に昨年も出場したので、今年で2回目となります。昨年は全ての試合が厳しい試合となり、決勝までいきましたが、準優勝という悔しい結果で大会を終えました。今年こそは優勝出来るよう頑張りたいと思います。その中で今大会が去年の自分と比べどのくらい成長したかを計り知る良い機会になればと思っています。また、自分だけでなくチームとしても大会を経験することで成長したいと思います。

FW #17 大澤朋也 選手(大宮アルディージャジュニアユース)
今回が自分にとって初めての代表となり、長時間の移動では時差もあり少し疲労も感じました。最初のトレーニングは短い時間の中で、一つ一つのプレーにこだわりとても内容の濃いものとなりました。セリエAの試合観戦では、球際の競り合いがとても強く、学ぶことがありました。これから大会が始まっていく中で、自分が世界を相手にどこまで通用するのかわかる良いチャンスなので、どんどんチャレンジし、結果を残していきたいです。

スケジュール

4月23日(日) AM/PM トレーニング 
4月24日(月) AM/PM トレーニング
第14回デッレナツィオーニトーナメント 
4月25日(火) 17:30 vs U-15アラブ首長国連邦代表(Lignano)
4月26日(水) 18:00 vs U-15イタリア代表(Gorizia)
4月27日(木) 11:00 vs U-15ポルトガル代表(Cervignano)
4月28日(金) AM/PM トレーニング
4月29日(土) TBC 準決勝/順位決定戦(イタリア、オーストリア、スロベニアで開催)
4月30日(日) AM/PM トレーニング
5月1日(月) TBC 決勝/順位決定戦(イタリア、オーストリア、スロベニアで開催)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー