JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-15 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 第13回デッレナツィオーニトーナメント 準決勝 vs U-15ロシア代表

ニュース

U-15日本代表 第13回デッレナツィオーニトーナメント 準決勝 vs U-15ロシア代表

2016年04月30日

U-15日本代表 第13回デッレナツィオーニトーナメント 準決勝 vs U-15ロシア代表

準決勝 vs U-15ロシア代表
2016年4月29日(金) キックオフ時間 17:00 試合時間 70分(35分✕2本)
Tolmin(スロベニア)

U-15日本代表 2-2(前半0-2、後半2-0、PK5-4)U-15ロシア代表

得点
26分 失点(U-15ロシア代表)
34分 失点(U-15ロシア代表)
45分 食野壮磨(U-15日本代表)
52分 西尾隆矢(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:高山汐生
DF:岩井龍翔司、西尾隆矢、熊田柊人、山崎大地
MF:瀬畠義成、食野壮磨、松本凪生、山本理仁
FW:山崎稜介、栗原イブラヒムジュニア

サブメンバー
GK:鈴木彩艶
DF:狩野奏人、井上樹、石田凌太郎、遠藤海斗
MF:山田楓喜、小田裕太郎
FW:西川潤、ブラウンノア賢信

交代
HT 山崎稜介 → 西川潤
66分 山本理仁 → 小田裕太郎

マッチレポート

U-15日本代表は29日(金)、第13回デッレナツィオーニトーナメントの決勝トーナメント準決勝でU-15ロシア代表戦に臨みました。試合は、2-2(PK5-4)で勝利し、決勝戦に進出しました。
 
前日の晩に滞在先を変更するためオーストリアからイタリアに長距離移動した日本は、連戦や移動の疲れもある中でも、試合序盤から積極的に攻めていきます。5分、MF瀬畠義成選手が左サイドを突破してクロスボールを上げると、FW山崎稜介選手が飛び込みますが、シュートは惜しくもポストに。さらに6分にはDF熊田柊人選手の絶妙なクロスを山崎選手がヘッドで合わせますが、相手GKに防がれます。相手の引いた戦術になかなか決めきれない状況が続くと、相手のカウンター攻撃に少しずつ日本は押し込まれていきます。そして、26分にスルーパスを通されると、GKとの1対1を冷静に決められ先制点を奪われます。さらに34分、ゴール前で一度はシュートブロックしたボールを左サイドに繋がれ2失点目を許します。そのまま0-2で前半を折り返します。

ハーフタイムに森山佳郎監督から「臆せず攻撃的に35分間走り切ること」と指示を受けた日本は、後半、引いた相手に対し攻守の切り替えで流れを掴み、相手に全くチャンスを与えず攻撃的な姿勢を貫きます。44分にはFW栗原イブラヒムジュニア選手が右サイドでボールを受けシュートを放ちますが、惜しくも相手DFにクリアされます。そして45分、見事なパス交換からFW西川潤選手が抜けだしてシュート。ゴールバーに跳ね返えされたボールをMF食野壮磨選手が押し込み1点を返します。なおも攻め続け相手に疲れが見え出した52分、熊田選手のCKをDF西尾隆矢選手が高い打点のヘッドで合わせてついに同点に追いつきます。その後も攻め続け、アディショナルタイム1分には再び熊田選手のCKを西尾選手が合わせますが惜しくもゴールバーを超えて勝ち越し点は奪えず。試合は2-2でPK戦に突入します。

PK戦では日本は5人全員が冷静に決め、GK高山汐生選手が相手5人目のキックを素晴らしい横飛びで防ぎ、劇的な勝利を収めました。

この結果、日本は4連勝で決勝進出を果たしました。決勝は、5月1日(日)、U-15スロベニア代表と優勝を懸けて対戦します。

選手コメント

高山汐生 選手(湘南ベルマーレU-15平塚)
非常に厳しい一戦でしたが、誰もが諦めず同点に追いつき、PK戦で勝利できて本当に良かったです。前半2失点して迷惑かけていたので、PK戦ではチームメートを信じて1本必ず止めたいと思っていたので、勝利に貢献できて嬉しかったです。全員の勝利だと思います。個人的には前半にDFラインを的確に指示できておらず失点してしまいましたが、後半はDFラインをうまくコントロールできました。いよいよ決勝戦なので、この雰囲気の良さのまま全員で戦い、自分たちの力を見せたいと思います。このチームは元気や闘争心がありとても良い雰囲気です。無失点にこだわり最高の決勝にしたいと思います。

岩井龍翔司 選手(横浜F・マリノスジュニアユース)
前半攻め込みながらも決定機を決めきれない状況が続き、相手のペースに合わせてしまいました。後半皆で攻守に連動して相手よりも走り、何度もチャンスを作りました。後半できたことを常にできるようにチーム力を高めたいです。決勝戦は1人1人が良いプレーをすることにこだわり、戦う姿勢を皆で見せたいです。

山本理仁 選手(東京ヴェルディジュニアユース)
前半全員が集中力を欠き、2点を先に取られる難しい試合でした。ベンチを含め最後はチームが1つになって、PK戦で勝てて良かったです。課題である、チャンスを感じてスプリントすることは何度もできましたが、ゴールへの意識が少なくシュート数が少なかったことは課題です。また、体を張った守備はまだ物足りないです。決勝戦はこのチームで戦う最後の試合なので、絶対勝って優勝したいです。

スケジュール

第13回デッレナツィオーニトーナメント
4月24日(日) 4-3 vs  ノルウェー代表(Klagenfurt/オーストリア)
4月25日(月) AM トレーニング
4月26日(火) 2-1 vs  メキシコ代表(Hermagor/オーストリア)
4月27日(水) TBC トレーニング
4月28日(木) 6-2 vs  オーストリア代表(Kotschach/オーストリア)
4月29日(金) 2-2
(PK5-4)
準決勝 vs  ロシア代表(Tolmin/スロベニア)
4月30日(土) TBC トレーニング
5月1日(日) 18:00 決勝 vs  スロベニア代表(Gradisca d'Isonzo/イタリア)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー